おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

岩井志麻子さんに学ぶ、アラフォーからの身だしなみ。

                                                        special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

アラフォーになったら、女性誌ではなく
岩井志麻子さんのエッセイを
読みましょう。

岩井志麻子さんの分析に
いつも首が折れるほどうなづき、
抜けるほど膝をうつ
@やすじろうです。

岩井志麻子さん、メディアに出てますが
ほとんどしゃべりません。
無口なのではなく、
カットしてあるんです。

放送向けの話をしない方なので。
エロ話しかしない印象がですが、
女に対しての洞察力は鋭いです。

特に妙齢の女性・事件を
起こした
女性
木嶋佳苗上田美由紀)の

リポートものは、 胸が悪くなるくらい
丁寧に取材してらっしゃいます。

岩井志麻子さん、
めっちゃ奇抜なおばさんですが、
エッセイを読むとどんな熟女がモテるか、
女の老いを際立たせることなど、
中庸な熟女についても
よくご存知です。

ワタクシが岩井志麻子さんから学んだ、
イタいおばさんにならない
身だしなみを書きますね。

1.若作りは老いを際立たせる

これは岩井志麻子さんの金言です。
取材でシニア層の合コンに
参加した時、 コギャル(死語)の
格好をした熟女がいらしたんですって。

年若娘さんの履くヒールの高い
ブーツ履いてオシャレしてる熟女さん。
でもね、動作がどうしようもなく
年寄りくさいって。

熟女、膝がやられてるから
高いブーツ履くとよろめいて、
格好が決められない。

洋服もそうです。
熟女は体型が崩れてくるから、
年若娘の洋服を着ると、
肉が服の上に乗る、
服から肉がはみ出すなど、
老いを際立たせるのです。

2.つむじ・おしり・背中で老いは際立つ

後ろ姿は、自分で気づきません。
この3つをおろそかにしていると、
えらい事老けます。

1)つむじ

年若で言えばプリン状態。
白髪染めを忘れていることが、
一発でわかります。

そして、つむじはどうしても
薄くなります。
女性特有の髪の毛の
変化でしょうね。

年若がカラーリングを
おろそかにしても
なんとも思いませんが、

熟女がカラーリングをおろそかにすると、
つむじまで透けて見えて、
一気に年齢を感じさせます。

どんなに洋服・メイク・持ち物が
決まっていても、 後ろ姿のつむじで、
老いを際立たせます。

2)背中

背中が丸くなっているに加えて、
首が短く見えるんです。
これが熟女の後ろ姿。

それに自覚がなく、
サイズの合わないブラ、
この上から洋服を着ると、
肉のミルフィーユができます。

この肉のミルフィーユが
さらに老いを際立たせます。
姿勢も悪くなっているんですよ。
背筋丸みと肉のミルフィーユで、
見た目年齢倍増です。

3)おしり

垂れます、お尻。
ピーマンのように垂れます。

だから選ばずにパンツを履くと、
ショーツのしわ・
はみ出したおしりの肉で、
洋服に無様なしわができます。

よく「ミセスになれば、
ヒップラインがはっきり
見えないように」と
ワイドパンツを
すすめられる理由がこれ。
年若娘の上がったヒップは、
熟女は持っていないのです。

3.美容形成はバランスよく

岩井志麻子さんの、
美容形成のエッセイからです。

四十路の女の初恋相手が
30歳くらい年下の男の子。
その男の子と食事に出かけるけど、
一線は超えない。

四十路の女は年齢の割には
キレイな顔をしていても。

年下男が冷めた理由が
手のシワなんだそうです。

手を見たらそんな気持ちは
なくなりました。
だって、皺くちゃで筋張っていて、
おばあちゃんの手みたい
だったんです。
それで一気に冷めました。

ワタクシが美容整形に手を出さない理由は
これなんです。

顔だけ美しく
若返らせることはできても、
細部に気がつくかどうか。

確かに手で老いはわかります。
他には背中、つむじ、デコルテ、
姿勢など。

顔だけいじくっても、
老いが際立つだけなんです。
見てないようで
見てるんですよね。

いくらババアが若作りしても、
ばれるんです。
っていうか、細かいところも
老けるんですよ。

化粧や服装で取り繕っても、
一発でばれます。

イタくないアラフォーからの身だしなみのために

何をどうしようが、何を着ようが
他人の目を気にしない。
そういう方はそれで
全然構わないのです。

ただ、それが無理した若作りだと、
ものすごくメンタルを
やられます。

安心できないんですよ、
周りが自分を年寄り扱い
してるんじゃないか、
だから若くいなきゃって、
相当な焦りです。

無理しなくて自分の年齢を
受け入れるのも、 自分のメンタルを
平穏に保つために 必要なことです。

だらしなく、
老けていくのではありません。
シニア向けの洋服や化粧品は
随分と垢抜けました。

年若たちの小物も、
違和感ないものがあります。
自分の心の平安のためにも、
他人の目を気にせず、
アラフォーなりの身だしなみをしましょう。


2018.9 記事挿入用イラスト

          やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。
 






 

オンナおひとりさまをねらうトンデモ宗教ー自然治癒教・冷えとり教・ 骨盤教・子宮教。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     



男性よりも女性の方に、 トンデモ医療が
入り込みやすいと思います。 

月に一度の生理というイベント、
妊娠出産、更年期障害など目白押し。 

ワタクシが自然治癒教を棄教したのは、
 三十路半ばでしょうか。 
理由は効果がないし、 
手間ひまかかるだけだから。 

必要であれば必要な薬を飲む。 
それで身体が楽になればいい。 
ショウガ湯など民間療法もいいけど、 
必ず治療薬を飲むべきだ。
そう考え方を変えました。 

医療系タイムラインで
流れてくる情報が、 
あんまりトンデモないので、 
怪しいトップ4をあげてみます。
(ワタクシが決めました)

1.自然治癒教

自然治癒教の人々は 
「薬はあまり飲まないほうがいい」と
 市販薬や処方薬を飲んでいる人を 批判します。
「身体に悪いから飲まないほうがいい」と。

西洋医学は全て悪、薬は毒物、
自分の免疫力と治る力を信じろ。
この考えを強く推し進めるのです。

症状が辛ければ、
「それは身体が病気と闘っている証拠」と
言います。
自然治癒力真理教の人たちは
病気の人に何をしたか。
何もしていないのです。

西洋医学が悪であることを
こんこんと話すだけです。

もともとワタクシ丈夫なので、
季節に風邪をひく程度、
寝込むことはほとんどありません。

ある程度は自然治癒力を
信じていましたが、 世の中で
自然治癒力真理教の人に
出会うたびに覚えた違和感は、
強くなっていきました。

自然治癒力真理教は無責任です。
ただ話すだけで、 当人の病気が
治らなければ放置します。
そのおかげで感染症が大流行し、
薬剤耐性菌が増えます。

そして何より治るべき病気が
治らないのです。

2.骨盤ケア教

骨盤教の信者でした。
急激に10キロ太りまして、
どうしたら体重が落ちるのか必死でした。
その頃流行ったキーワードが「骨盤」。
SHINOの腰回しダイエット
インスパイリング・エクササイズ
骨盤体操を 必死でやっておりました。

リラクゼーション関係も
「骨盤矯正」が並んでいました。
「骨盤がずれてるから太る」など
本気で信じていました。

5年くらい前に骨盤教を棄教しました。
理由は効果がないから。

骨盤系をして減量できた人は、
みっちりトレーニング受けて
食事管理もしてるんですよ。
だから痩せられる。

減量するには食べる量と適度な運動、
これしかないんです。
姿勢が歪んでるのは骨盤のズレなどと、
全て不調を骨盤に持ってくる強引さ。

効果がないくせに
スピリチチュアル系になり、
生き方になり・・・胡散臭さ倍増です。
だからやめたました。
横着して痩せるはあり得ません。
「骨盤のズレ・ゆがみ」を
本気で信じていましたが、
そんなんあったら怪我ですよ。

ズレだのゆがみだの
基準が曖昧ですし、これはただのマッサージです。

3.冷えとり教

冷えを取っても、健康にはなりません。
ワタクシが冷えとり教を棄教しても、
半身浴や靴下を履くなどしてるのは、
冷えた感じが嫌だから。
それだけです。

冬でも氷をガジガジかじり、
冷たいものを飲みます。

情報番組の街頭インタヴューで、
「冷え」のアメリカ人夫と日本人妻の
意見の違いを見ました。
日本人妻
「お腹が冷えるから、腹巻しなきゃ」
アメリカ人夫「
冷たいものを食べたり、寒くなると冷えるだけ」。
「冷え」って日本・韓国・中国あたりの
考え方なんですね。

日本に生まれると、
「冷やしてはダメ」ととにかく言われます。
暑い夏で熱くても、
靴下履いて長袖きてると、
熱中症になりますよ。

4.子宮教

そろそろ潮時?
「子宮系女子」を卒業する人が続出中

子宮系女子の魔女的文化祭!?
おまたフェスティバルに見る
女性性崇拝のひどさ
 

「子宮・おまた・女子」でググると、
「今は平成最後で、子宮は生殖器で、
お宮って…」と、
自分の時空がゆがみます。

 これは、記事を読んだ瞬間に
「信じてはいけない」と、
頭のどこかが拒否しました。

子宮を冷やさないための布ナプキン。
ジェムリンガという石を
膣の中に入れておく。
子宮の声を聞こうって・・・
イマドキの女性って、そんなに
追い詰められてるんでしょうか?

膣に異物入れたら、
膣に傷がつきますよ。
紙は熱をとる効果はありませんよ。
冷静な判断力がなくなって、
マインドコントロール
されてんでしょうか。

みなさん気を付けましょう

ワタクシ医療従事者ですが、
西洋医学が万能でないのを
目の当たりにすると、
「自然治癒力が」「代替医療が」と
考え方が変わっていた
時期がありました。

グッズを買うのに大金をはたく、
マルチに入ってしまうなど、
社会的信用を失わなかったのは、
本当に良かったです。

医療系、特に看護系の人々は、
西洋医学否定派が息を潜めて
生息しています。

ビタミン系のサプリを飲み、
化粧品でアンチエイジングをし、
市販のリラクセーショングッズを使う。
合言葉は「身体にいい」。

おひとりさまで働いてて、
一所懸命な自分てかわいそう!
いたわってあげなきゃ、
このかわいそうなカラダ! って、
今考えたらすごいこと愚かです。

自分のカラダを労わるんなら、
よく寝て、食事に気をつけて、
(過剰じゃなくね)
無理な仕事や予定を入れない。
これでいいんですよ。

女性誌健康教の複雑なケアより
効果ありますもん。
女性誌の健康法より、このサイト
一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会
チェックしといた方がいいですよ。
怪しい情報でカラダを痛めてはなりません。



2018.9 記事挿入用イラスト

       やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。
 








 

おひとりさまが老親と同居するたった一つのメリット。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

実家に身を寄せて3年過ぎました。
老親は周りから
「娘さんが帰ってきたんですってー?  
よかったわねー!」と
お約束の反応をもらっています。

身体壊してやむない実家暮らしですが、
家電のちょっとしたメンテや設定、
買い物(洗剤とか日用品です)など、
娘は実家でいい仕事を
しているらしいです。

収入が不安定になった今、
実家を出ることは考えてません。
他に老親と暮らすメリットがあるのです。

ご飯作ってもらえるとか、
宅急便受け取ってもらえるとかじゃ
ないですよ。
ワタクシにとってたったひとつだけの
老親と暮らすメリット。

人が老いて、衰えていくところを
目の当たりにできる。


これだけです。
気が滅入るとか、辛気臭いという人は
まだまだ若い証拠。
そろそろ老いに加速がつく
お年頃なワタクシ。

サンプルが目の前にあると、
これからの暮らしの準備が
できるんですよ。
老親を見て、何が老いて衰えるかが
わかります。
それがわかると、自分の老いと衰えの
準備ができるのです。

老いと衰えその1.目が悪くなり、耳が遠くなる

当たり前とお考えでしょうが、
急に目が悪くなり・
耳が遠くなるのではありません。
 

見ていると、日々少しずつ
視界が悪くなり、
聞こえにくくなるようです。
 

よく「テレビのボリュームが大きい」と
言いますが、
それより生活音が
聞こえにくくなるようです。
 

インターホン・電話・
レンジの「チン」など。

ワタクシが話しかけて、
すぐそばに来るのは、

聞こえにくいからです。
 

視界が悪くなっているな、と
感じるのは、
汚れに気づかない、
日用品の表示が見えにくいなど。

だからシャンプーとコンディショナーを
買う時は、
慎重ですよ。


老いと衰えその2.判断力がなくなる

ワタクシが「悪魔の表」と呼んでいる、
自治体のゴミ分別の表。

ウチの地域は10種類の
分別です。
 

その区別がつかないから、何を捨てていいか判断できなくなるのです。

7月の水害の時も、避難するか判断できなかったのを覚えています。

(避難所に行く方が被災するので、ウチにいようとワタクシが判断をいたしました)

特に父親は「わからない」と何かと判断を委ねることが多いです。

老いと衰えその3.物覚えが悪くなる

メモするのが大嫌いだった母親、
今はカレンダーに予定を書き、

足りないものはリストアップするなど、
必ずメモをしています。
 

もう、記憶力が落ちているので、

覚えられないのです。

おまけに携帯電話など
機械類が使えないので、

記憶する方法が紙に書くことしか
ないのです。

 

ウチの中のどこに何があるか、

ストックなども覚えられません。

これに戦中育ちの
「捨てられない性格」が加われば、

もうゴミ屋敷まであと一歩、
の状態になります。

老いと衰えその4.力がなくなり、動作が鈍くなる

気持ちだけ前に行っても、
身体がついていかないのが、

見ていてよくわかります。
 

より前のめりに歩いてますから。

自分では機敏に動いているつもりでも、
足がもつれそうになったり、

つまづいたりしてます。

 

力がなくなるので重いものが
持てなくなると、

買い物だけでなく、
片付けができません。
 

持ち上げられる物が
減っていきます。

世の中の商品が

「軽量化」「コンパクト」って
改良してあるのは、

実は高齢者のためじゃないかと
思っています。

 

まとめ

仕事柄、年齢を重ねていく人より、

すでに高齢の方と出会うことが
多かったのです。
 

だから、老いて衰えた
自分の姿を想像できても、

そこまでの過程が
全くわからなかったのです。

 

老いていくことが怖いとか嫌という、

ネガティヴな感情はありません。


それより、いらないものは
早めに処分しよう・

重いものが持てなくなるから、

ネットショッピングと
宅配業者にお願いしよう、

介護保険や地域の社会福祉協議会の
サイトを見ておこうなど、

老いて行く準備ができます。


他にも転ぶから、
高いところに物を収納するのは
やめようとか。

目はもともと悪いから、
困ることはないでしょう。

 

老親の衰え方をそばで見ていることで、

おひとりさまのワタクシは、

老いる準備ができるのです。

2018.9 記事挿入用イラスト

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。







 


家事代行の利用なども、
考えております。 



 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう