special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。

 
 看護師・保健師というお堅い資格で食べてきた@やすじろうです。 「資格があれば食べるに困らない」と苦労と精進を重ねてきましたが、この資格以外で食べていけなくなると気がつくとどん詰まり感がハンパないです。

 「もうがまんできない」と、いきなり退職できたのはこの資格のおかげ。なんとでも仕事にはありつけるのです。ですが、三十路あたりから「他に稼げる何かを持っていなきゃ」といつも思っていました。当時はクラウドソーシングはマイナーだったので、情弱のワタクシは気づけなかった。副業といえば、他の病院でアルバイトするくらいしかなかったのです。

  フリーランスになったはいいけど、全然食べていけないのは事実。後悔しまくりなのが、契約社員の時からクラウドソーシングで仕事をしておけばよかったこと。「たられば」ですが、そうしたらもっと余裕で在宅ワークにシフトできていたはずです。
  ワタクシのフリーランスの失敗談ではなく、副業があれば「この仕事がダメでも他で食べていける」と余裕ができること。これ、めっちゃ大事です。いくら堅い仕事でも、その仕事がダメになった時、ダメにならなくても収入が激減することだってあるのです。

 たった一つの収入源がなくなったとき、お金がなくなるだけでなくもれなくメンタルもやられます。 お金以外の副業のメリットをまとめてみました。

1.収入源が複数あるとリスクマネジメントになる
 散々SNSで流れてきますが、一本の収入源はリスキーなんです。唯一の収入源がなくなった時、しかもまだ年金などサービスが受けられない年齢だと、途方にくれてメンタルやられます。 特に今の時代、副業するには困りません。副業だけじゃなく、maneo、ウェルスナビなどゆるいおまかせ投資で資産を増やせます。

 ポイントサイトでポイントを貯めて日用品などと交換することができます。  副業で現金を稼ぐのが一番ですが、ハードルが高いと感じたらポイントゲットで現金支出を減らす方法もありです。現代社会、ポイントだってバカにできません。ポイントで商品やサービスが交換できますから。

2.自分の気力体力に合わせた働き方ができる
 特に副業が本業になれば、自分のペースで働けます。場所も時間も方法も、全部自分で決められます。会社勤めは固定収入の確保が最大のメリットですが、その代わり拘束時間・通勤・他人と共同作業など、しんどい思いをしなければなりません。  

 ワタクシのような最低自分が食べていけるだけの収入があればいいのなら、拘束時間と人間関係に追い詰められる勤め人よりもゆるい働き方で収入を得る方が長続きします。自分にあった長続きするための働き方を、副業で探すことができます。

3.しがみつくストレスから解放される
 一本しかない収入源にしがみつく人たち、見ていてものすごいストレスフル。目が釣り上がって、きっつい顔つきか生気を抜かれた顔つきになっています。 「看護師は堅い」と疑わない結果、スキルアップもブラッシュアップもせず取り残された「資格だけ持ったただの人」をたくさん見てきました。

 その方々は他にできることがないので、しがみつくのに必死です。権力のある人にしっぽを振り、できないことは他人に押し付け、いつも周りの様子をうかがっています。 その人たちは全く楽しそうには見えません。嘘をついて、その嘘がバレないように立ち振る舞う。だから顔つきが変わるくらい、追い詰められています。

 しがみつくしかできない働き方をする人は、見るだけで心が荒みます。 「アタクシはここしか働くところがない」と自分に言い聞かせ、他人に当たり散らし、責任逃れはうまい。 自分の将来がこれだと思うと、背筋が凍ります
 

まとめー心穏やかに過ごすための副業をしましょう

今からでも遅くありません。なんでもいいから副業を持ちましょう。今はクラウドソーシングが充実しています。仕事の内容も様々。注文されたものや風景の写真を撮る・モニターなどなど、文章を書くのが苦手な人向けの仕事もあります。最初の稼ぎは少しでも副業は持ちましょう。自分の安定した精神と経済のために。



やすじろうって何してきた人?       IMG_0978     

高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。

やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
やすじろうがオンフィフで
フリーランスになるまでのこと。
をご覧ください。


    


副業始めるのにいろいろサイトがありますよ。 
 
ポイント稼ぐならこちら
モッピー!お金がたまるポイントサイト