special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



情弱養分だった@やすじろうです。
この歳になって情報商材屋の養分になるとは、思ってもいませんでした。

ワタクシの場合はイケハヤ大先生の養分になり、収めた会費15万9360円は情弱御殿の床板にでもなっているのでしょう。
ではイケハヤ先生を知り、「こいつやべえヤツ認定」をした経過を白状します。
(VALUで30万円溶かした方が悔しいのですが)

1.イケハヤ先生との出会いとブログサロンへの入会

2015年、ワタクシは心身クラッシュして療養生活をしておりました。
ネットは仕事や趣味で利用する程度でしたが、有り余る時間を持て余しSNSなど漁るようになりました。 その時見つけたアカウントがイケハヤ先生でした。
「まだ東京で消耗してるの?」とサラリーマンを煽り、地方で心豊かに暮らすツイートは年若が新しい生き方を提示していると魅力的でした。

既存の高度成長期バブルゾンビを蹴散らしながら、ビッグイシューフローレンスに寄付をして社会に出ていくことをためらう大学生を塾生として面倒を見る。
「失敗してもやり直せる場所を作りたい」と、メンタルやられた会社員が療養できる場所づくり・農園経営・温泉を掘るなど、ただお金儲けだけじゃなく社会貢献も考えているキレ者とイメージしておりました。

働くことに疲れてもう人と関わる仕事はしたくない、そんなことを考えていたワタクシは、「ネットで稼げる方法がある」と知ってイケハヤ先生のサロンに入会したのでした。

2.イケダハヤトのブログ塾(後イケハヤメディアラボに改名)の活動内容

会費は1ヶ月4980円、懐が痛む金額ではないのがミソです。
サロンはFacebookで運営していました。
まず自己紹介スレッドで、なぜブログで稼ぎたいかなど書きました。
その後「ブログ記事を書くステップ」のスレッドが数種類あり、その書き方でブログ記事書いて更新していました。

SEOやアナリスティクスなど全くわからないワタクシですので、ただだらだらと記事を更新するのみでした。 もちろん稼ぎにはなりません。
でも「ブログで稼ぐには3年はかかる」イケハヤ先生の御教えを信じてブログを書き続けていました。

ではイケハヤ先生のご指導が賜われたか、いいえ全くありません。
それでもnoteがサービスを開始した時は、「サロン生のnote買います」コーナーがあり、今週の予定記入欄ありでイケハヤ先生がサロン内に降臨することもありました。
でも基本はサロン生が黙々と自分の書いたブログ記事を貼り付けるだけで、サロン生同士の交流はほとんどなかったです。

3.サロン閉鎖は突然に

2017年7月だったと思います。
突然サロン内で「サロンを閉鎖する」と解散宣言がありました。
解散宣言する数ヶ月前から全くサロンに書き込むことがなくなり、ツイートの埋め込みだけでブログ記事を更新していたイケハヤ先生です。
「サロン生には十分説明をして納得してもらった」とブログに書いてありましたが、そんなものは全くありません。(サロン解散の記事は削除してありました)
IMG_5601


仮想通貨バブルが始まり、サロン生はおそらく200人くらいで新規会員は望めないので損切りをしたわけです。
ブログのアフィリエイト以外にサロンの会費という収入もあったので、新規会員が増えなくても懐は潤っていたはずです。

今考えると、労力の割には稼げないからサロンを閉鎖したのでしょう。
有料noteを始めていたのでサロンを解散しても、サロン生を有料noteへ誘導していたのでうまみはあったと思います。

4.イケハヤ先生をウォッチング

失業保険で暮らしていましたが、仕事を紹介してもらい安定した収入を得る日々を送っていたので、サロン解散はワタクシにとって痛くも痒くもなかったです。
ブログとnoteを続けていたのは、定年になっても社会保障に依存せずに月20万〜30万のゆるい収入が続くビジネスをしたいからです。

サロン解散した後は、Twitterでイケハヤ先生をチェックしていました。
サラリーマンdisは相変わらずですが、様子が変わったのがお金のツイートしかしなくなったことです。 売り上げがいくらだ・月収数百万円・仮想通貨の利益など。
人間って人気があっても一気につまらなくなるのだなあ、と悪食が趣味のワタクシはウォッチを続けておりました。

そして子どもの学資保険を解約したなど物騒なツイートもあり、この人保険と投資の区別もついてないのかと驚きました。保険も否定しておられますが、掛け捨てで少額の都道府県民共済かんぽ生命を知らないのも驚きでした。
(物騒なこともありましたが、かんぽ生命は貯金と生命保険が一緒になったかなりお得な商品です)

この頃からイケハヤ先生のツイートから、お金に困り始めた匂いがしていました。
そしてCAMPFIREがコミュニティサービスを始めて、イケハヤ大先生・ミューズはあちゅう・怪しい輩の正田様で脱社畜サロンを始めました。
絶対会費をかすめ取られるだけのサロンの匂いがしたのでただ眺めているだけでしたが、入会員が殺到していたのは覚えています。

イケハヤ先生詰めの甘さがここで露呈、主催者のプロフィール詐称がわかったのに謝罪もせず力になる人をブロックして自分の落ち度を認めません。
あっという間にサロンは「スキルシェアサロン」と名を変えて、寂れていきました。

その後農園経営を始めるわけでなく・家を建てるわけでなく、「限定人数で稼げる講座を開きます」と情報商材を売るだけの人になりました。
メルマガに登録しましたが、ほとんど配信はありません。
ワタクシは「リスト入り」したのか、メルマガ登録しても配信がありません。

よほど疲れているのかあれだけdisっていた企業に、「広報として働けないかな」などサラリーマンになりたいオーラを出しまくりの時もありました。


ワタクシの現在は有志で集まって、ゆるく在宅ビジネスの勉強会をしています。


イケハヤ先生のサロン生で、稼げるレベルになった人はみたことも聞いた事もありません。 
イケハヤ先生と関わってたくさん稼げるようになった人は、自分で努力した人です。
イケハヤ先生はただ情報商材を売っていただけなのです。
イケハヤ先生は詐欺をやらかしたとワタクシは考えています。

ワタクシのように全く稼げず数千円を使い続けた人は多いのではないでしょうか。
少額であるがゆえ、失敗した・勉強代だと泣き寝入りしている人も多いでしょう。
少なくとも「イケハヤメディアラボ」のサロン生は少額詐欺に引っかかったのです。

最後にー人生に行き詰まっているあなたを狙っている

ネットネイティヴの世代が、簡単に騙される世界がインターネットに広がっています。
アラフォー以上のネットノンネイティヴなら、簡単に騙せます。
先日もNHKの情報番組あさイチで、アラフォー以上を対象にしたネットビジネスの講座を特集していました。 (Twitterで #あさイチ #
自営型テレワーク で検索してみてください)

あなたの財産を狙っているのは、マルチだけではありません。
ネットの情報商材商法は金額が1000円〜2万円と少額なので、引っかかっても「まあいいや」で済ませられるのが悪どいところです。
ひとりから巻き上げる金額は少なくても、人数を増やせば10万円くらいは稼げます。

副業したいなら、正規のプログラミング教室やリモートワークの会社を探してください。
詐欺はあなたのすぐそばに忍び寄っています。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。ご覧ください。

 
情報商材でなく本を読んで勉強しましょう。



地味に稼ぐ方法を見つけましょう。