確かに美人・かわいいがモテるわけではないですよ。
顔だって体型だって「それはどうよ?」って人が、
ずっと彼氏がいることは多いです。 
その代わりすごい美人でスタイルいいのに、出来る彼氏が妻子持ちだったり、
ヤカラだったり。

 

岩井志麻子先生の描く男女の本ですから、当然殺しは出てくるし、
虚言に塗り固められたオンナは出てくるし、
読後不快感はいつも通りあるので安心なんです。

そしてやはりオンナの老いには容赦ない。
四十路の女の初恋相手が30歳くらい年下の男の子。
その男の子と食事に出かけたりするけど、一線は超えない。
四十路の女は年齢の割にはキレイな顔をしていても。 
年下男が冷めた理由が手のシワなんだそうです。  

手を見たらそんな気持ちはなくなりました。
だって、皺くちゃで筋張っていて、おばあちゃんの手みたいだったんです。
それで一気に冷めました。

ワタクシが美容整形に手を出さない理由はこれなんです。
顔だけ美しく若返らせることはできても、細部に気がつくかどうか。
確かに手で老いはわかります。 
他には背中、つむじ、デコルテ、姿勢など。
顔だけいじくっても、老いが際立つだけなんです。
見てないようで見てるんですよね。




この本は結婚についても書かれていますが、岩井志麻子さんは
結婚することをすすめてらっしゃいます。
家族の繋がり・幸せ云々ではなく、濃い人間関係が築けるからだそうです 。
それは幸せであっても、そうでなくても人間というものがわかるんだそうです。
確かに結婚しないと、わからないところはありますよね。
恋愛は甘い部分だけをすくい取っているだけですもん。

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。