おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

2016年03月

人生折り返し地点からの野望。




起業します。

フリーランスになります。

「ババアが何寝ぼけてんのか」って言われるでしょうが、やります。

 

人生折り返し地点ではなく、終いどきといった方がいいかな。

 

契約ですが、4月から勤め人になります。

契約延長できるかどうかは業績次第なんですが、
この間にフリーになる準備をゆるーく始めます。

副業的に始めて、徐々にフリーになっていこうと考えています。

時期はそうだなあ、5年後くらいかなあ。

がっつり儲けようと考えてません。

多ければ20万円、少なければ5万円くらいの収入があればと。

 

上野千鶴子さんが、「おひとりさまの老後」でシニアの起業をすすめておられます。

スキルがあるなら、月5万円から10万円くらい稼げるビジネスを始めるのはどうかと。

ちょっと今、現実的に考え始めています。

 

理由は簡単、自分のペースで生きていきたいから。

今まで自分のためにしか生きてこなかったから、これからもそうしたいんです。

穏やかな老後を送りたいからね。

あと、定年までがっちりと働きたくないんです。

ソフトランディングをしたいんですよ。

このまま仕事すると、潰れるのは確実なので。

あと、まともに勤め人してないから、財政が厳しいんです。

だから、雨露しのげてお腹のすかない寒くない生活が送れる収入があればいいなと。

フリーは定年ないですしね。

 

そのために、アレクサンダー・テクニークの資格とって講座ができるようにして、
ネットのサロンやブログやnoteで稼げるようになる。

幸いアレクサンダー・テクニークは、私に向いているかもしれません。

以前やってたことはいいことだったけど、
人間関係や組織がちょっと残念なところがありましたからね。
だから、緊張していなければならなかった。
脅かされる組織にいてはいけません。

 

だけど、中途半端に大企業に勤めているとタチ悪いですね。

個人企業のメリットって柔軟性だけど、
中途半端に大企業に勤めているとそこの悪習慣だけ持ってくるんですよ。
報連相が大事とか経費削減とか。

それぞれが、時間がある時に進捗状況を話せばいいだけだし、
赤字だから経費削減って大企業の考え方ですねえ…。
個人だから、仕事入れて収入増やせばいいだけでしょうにね。

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。



本文とは関係ありませんが、パンチが効いているので。
 

 

友達考。




20
代の頃は、男女問わず誰かと一緒にいる時間が多かったです。

お泊まり会をしたり、飲み会をしたり、大勢で長く誰かと過ごすのが楽しかった。

ですが、だんだん人付き合いは変わってきました。

縁の切れた人もいれば、縁の続いている人もいるし、新しくできた縁もあります。

 

付き合い方も変わってきました。

メール世代ではないので、返信は遅い。

LINEは、やりとりの遅いこと遅いこと。

だけど、それで怒らない。

電話もほとんどしません。

過ごす時間は、食事やお茶など時間が短くなりました。

しょっちゅう会うことはなく、年に1度会うか会わないかです。

 

お互いに生活があります。

仕事や家庭がありますし、一人で過ごす大切さも必要です。

だから必要以上に会わないのです。

 

この本に収録してある『「女遊び」のたのしみ』、友達について書いてあります。


 

 

私は、友情が一生ものだとは思っていません。

「一生の友だちは?」という質問に「学生時代の友だち」と答えているようなインタヴューを読むと、アホちゃうって。

 


確かに、私は学生時代の同級生の顔も見たくないです。

思い出話に、何の得るものがあるんでしょうか。

同窓会の意味すらわかりません。

だから、誘われないのでしょう。
 

 

私は友達なんてそのときに必要があればできると思っているの。

(略)

友達ができないと悩んでいる人がいるけど、
それはなくてすむ人なんでしょう。

 

 

ずっと続く友情なんて、幻想ですよ。

長く付き合いがあっても、話していてきついなと感じるとだんだん疎遠になります。

疎遠になれば寂しいけれど、また仲良くしようとは思いません。

きつい思いまでして、人付き合いはするものではありませんから。

友だちがいなくても、それ以外にお付き合いのある人がいればいいんじゃないですか?

 

 

最近、私は気持ち悪い人と義理で愛想笑いしながら
ご飯を食べることがなくなりました。


嫌な人と一緒にご飯食べるなら、一人で食べたほうがいいですよ。身体にも心にも悪い。

第一、もう嫌な人とは付き合いたくないんですよ。

安心して、楽しく過ごせる人がいい。

だから、マシンガントークの人は必ず避けますね。

会話が成り立たないんですもの。

そりゃ話の内容は、しょうもないですよ。ゴシップ、体調、仕事の愚痴など。

だけど、噂話、悪口、昔話しかしない人とは自分から疎遠にします。

だって、つまんないんだもん。

懐かしむ話はするけど、同じくらい今やこれからの話もしますよ。

 

心配しなくても、人との縁はありますよ。

ただし、自慢話・説教話・過去の詮索をする人とは付き合いません。

 

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。




なんて名前をつけたらいいかわからない人間関係。
でもお互い気分いいならいいね。

自分も相手も大切にすることについて考えてみる.




人間関係で悩むことは、ギスギスするとか仲良くなれないとかではない。

他人との距離がわからない人、
支配・被支配でしか人間関係を作れない人との関係に悩むのではなく困るのである。

 

男女の間だけじゃないですよ、DVの関係は。

同性同士でもあります。

 

いわゆる「友達」の関係が作れないのですよ。

他愛のない会話して、笑って、お互いの嫌がることはしないとか。

社会的地位のある人にちぎれんばかりにしっぽふって、
格下の相手には奴隷のような扱いをする。

あるいは、仕えるように、使われるようにしか人と接することができない。

人をぞんざいに扱っていざその人が怒ると、今度は顔色見て必死で機嫌をとる。

で、ご機嫌が治ったら、またぞんざいに扱って怒らせて…の繰り返し。

依存する対象は薬物だけでなく、人もなんですよ。

だから、ぞんざいに扱っても絶対その人と離れようとしない。

 

他人との距離感がわからない人もいます。

初対面でいきなり、成育歴や自分の深刻な悩みを話す人いますよ。

聞かされた方は驚くし、どう反応していいのかわからない。

それでも話し続ける。

仲良くなったと勝手に思って、その相手のプライベートなことを他人に話す。

健康状態とか、過去にかかった病気とか、職歴とか。

自分ではなんでも話すオープンな人間って思ってるんだけど、
第三者はこの人には何も話せないし近寄るまいと思う。

 

人間関係が支配・被支配や他人と距離がわからない人は、自分を大切にできないんですよ。

いつも人の顔色見て、怯えて、落ち着かない。
あるいは、いつもイライラ怒ってばかりいる。 

こういう人って、落ち着きないですよ。

いつも喋ってるか、人の世話をしようとうろうろしてるか、粗探ししてますから。

それで日々すり減ってるから、身も心も常に疲れている。

 

コミュ障と言われる人は、そうでもないんです。

ただ、人と接するのが苦手なだけ、話すのが苦手なだけですから。

饒舌だから、コミュニケーション能力が高いのではありません。

 

だけど、そういう人には近寄ってはいけません。

自分が何とができるとか、理解者は自分しかいないとか、絶対考えてはいけません。

自分が大怪我しますよ。

相手は簡単に、あなたのプライベートに入り込んできますよ。

しかも土足で。

怪我を負わせあう人間関係はまともじゃないんですよ。

だから、全力で逃げましょう。

 

ワタクシ、どうも支配・被支配の人から好かれるらしい。
だから、ちょっとでも片鱗があると逃げます。
逃げ足速いです。時々逃げ遅れますが。
そういう人は、支配できるような人を嗅ぎ分ける嗅覚があるらしいです。

 

おそろしや。

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。

ちょっと気になったツイートです。 

 




ワタクシが掃除に愛用している9つの道具。



掃除・片付け大嫌いだったんですよ。

30代まで、汚い部屋に住んでいました。

しかし、何がきっかけかわかりませんが、掃除片付け好きになりました。

潔癖ではないですよ。

本当の掃除片付け好きから見れば、まだまだ汚いです。

が、かなり変わりましたよ、部屋や持ち物の様子が。

 

片付けですが、まず余計なモノは捨てます。

モノを増やさないことを心がけています。

知人の夫からの金言で、

「1年に一回見るか見ないかのモノを取っておいてどうするの?」

をいただいたことがあります。

他、「このスペースにモノを置いておく価値があるのかどうか。」を考えます。

家賃払ってるんなら、いらないモノを置いておくのにお金払うのどうよ?と考えるのです。

何せ収納が下手なので、モノが溢れるんですよ。

こういう人は持ち物は少なくする、これ重要。

引越しは良い機会ですよ。

荷造りしてる時に、なんでこんなモノがあるんだといらないモノが発見できます。

 

モノが少ないと、すぐ掃除ができます。

溢れている物をどけてどけて掃除する、そりゃ億劫になりますよ。

だからすぐ掃除機かけて拭き掃除できるように、できるだけモノを少なくしておきます。

 

以下がワタクシが掃除に愛用している品々。

  

名称未設定6・重曹
アルミは変色するけど、シンクや食器磨きに使います。
手荒れしないからいいですよ。

 


 








・アクリルたわし2名称未設定
アクリル毛糸で編んだたわしです。
自分で作ってもいいし、
100円ショップにも売ってるかな?
きつい洗剤使わなくても、
これと重曹かクリームクレンザーで
だいたい汚れが落ちます。

 




・メラミンズポンジ名称未設定1
定番ですね。
洗剤が使えないところの汚れ落としに使います。

 






名称未設定4・ペットボトルに付けるブラシ
窓枠を掃除するのに便利ですよ。
水を出しながら使えるので便利です。

 







CIMG0890・新聞紙
これで鏡やガラスを磨くと、汚れ落ちがいいです。
他に新聞紙を濡らして絞って玄関に巻いてをはくと、
砂やら埃やらキレイにとれます。

 




名称未設定・ハンドモップ
景品でもらいました。
気になるところのホコリ取りをします。

 


 











名称未設定5・歯ブラシ
狭いところのや細かいところの
ヨゴレ取りや磨きに使います。


・クリームクレンザー 
 これも磨きに使います。
・パンスト 
 ホコリ取りの定番です。電線したのをもちろん洗って使いますよ。
 

 

日々の掃除には時間はかけません。

嫌なことがあった・気分転換したい時には熱心に磨き上げますが、
それ以外は埃払って掃除機かけるくらいです。

そう、毎日掃除・片付けをすればひどいことにはならないんです。

それを今までやってなかったから掃除・片付けに消耗していました。

 

自分で掃除できるところは自分でやって、あとは業者さんにお願いもありですよね。

業者さんを利用したことがないんですけど、これからはお願いしようと考えています。

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。



 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう