おひとりさまで、やってやる!

ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

2016年04月

人生の大先輩に見習うべき2つのこと。




 

人並みに勤め人を始めております。

おばさんが就職して楽なのは、厚かましさを知っているので、全部無理矢理

 

すみませーーーーーん!

 

ですませられることです。

何を言われても、

 

すみませーーーーーん!

 

鉄板の一言です。

 

で、人生の大先輩ともお仕事しています。

かつて尻の青い頃は、反発していました。

古いことしか言わないし、頭ごなしだし、心の底から大嫌いでした。

ですが、最近見習うべきところがあることに気がつきました。

さすが亀の甲より年の功。

学ぶことがあるんですよ。

 

1、人の話を全く聞かない。

 説明しても、会議で決まったことでも、なんでもとにかく人の話を聞きません。
聞いたとしても、自分なりの解釈をして全く違うことを連絡して回ります。
そうすると、
「あの人は話聞かないから。」
と周りが「話聞かないキャラ」として扱います。


2、「あの人は、ああいう人だから」で通るほど自分を持っていること。

掟破りをしても、服装なりメイクなり派手派手でも、
「機械は使えない」とパソコンも何も触らなくても、
それを貫き通したら、「あの人は、・・しないキャラ」として周りが扱います。

 すると
「あの人は、人の話を聞かない、ああいう人だから」
とほっといてもらえます。

尻の青い頃は、「そんな働かない人、困る!」と鼻息荒くしてました。

いえいえ、仕事されては困るんですよ。

邪魔になるから。

 

周りがなんと言おうと、自分のキャラを作っていくと楽ですよ。

ちなみに、私は人の話を聞かない、話をぶった切る、付き合い悪いキャラです。

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。




「席次」を覚えて座った後に、地獄が待っているのだよ。
自慢話・昔話・説教のバリューセット。



 

自分の好きな人だけとつきあうために。



電話も出たくない、メールもしたくない、LINEもしたくない。
今時の若者でなくてよかったと思うことは、いくら亀レスでも既読スルーでも
私の周りの友人は何も言わない。
私も気にしない。
固定電話を持っていますが、いつもおやすみモードでコールがならないよう設定して、
メッセージをまとめて聞く。
最近は、固定電話には詐欺の電話しかかかってこない。
「プロバイダを今のより安く契約できるから、
今からプロバイダにこう言って解約してください。」ってやつ。
携帯電話も出ません。
マナーモードにして、なってもほっときます。
メッセージを確認して、必要であれば連絡する。
最近は、採用不採用はメール連絡だと思っていたけど、今の仕事場はわざわざ電話で内定の連絡がありました。
うーん、伝統的。

仕事していく上で、どうしてもメールと電話は欠かせない。
できれば、メールがいいんだけどね。
やたら会いたがる人は、要注意です。
ハラスメント加害者ですからね。
やたら二人きりになりたがって、人格攻撃を仕掛けてきます。
だから私は対面で話すことはかなり避けてますし、仕方ない時は集団でしか話しません。

名刺はいらないなあ。
だって、facebookしてればその場で友達申請できるから、それで終わり。
だから名刺交換が好きな人のために、お付き合いで差し上げます。

何様と思われていいんですが、必要最低限のコミュニケーションができる人としか
付き合いたくないんです。
だから、私が対応している電話、メール、LINE、対面、形だけですよ。
ちょっとでもめんどくさいと、ほっときますし、それで縁が切れてもいいんです。
結局、ツールにしかこだわってない人だから。

一人だけ、誠意を持って電話で連絡する方がいます。
この方、徹底して携帯電話を使いこなしています。講義中でも会議中でも電話に出ます。
USAで長くお仕事されていたので、パソコンは使わない代わりに、必ず秘書を雇っていました。
周りは彼のことを、無作法な時代遅れな人間だとしか見ていません。
ですが、困った時には必ず力になってくれる方なのです。
だから、彼だけはツールが電話でしかなくても全然構わないのです。

突き抜けた方しか、電話・メールは使えない時代かもしれませんよ。

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。

*本文とは関係ありません。 

CIMG0317



WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中


 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう