オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

2016年12月

話聞くだけなら、ツイッターでつぶやくよ。



ハラスメント被害者だったころ、何よりもありがたかったのがカウンセラーの具体的な提案でした。
「会議では、加害者の背中側に座る」
「声を聞いてつらいなら、会議中でも何でも中座しろ」
「もし、自分の席によって着たら逃げろ」
「携帯電話は着信拒否に設定すること」
などなど、頭がおかしかったワタクシはこんなことしていいのかと思いましたが、
「避難する」
(逃げるのではなく、この言い方のほうがいいです。
加害者はよく「逃げてるだけ」といって追い詰めていきますから。)
事が大事だったので、冷静に考えるとおかしくない行動でした。
だって、「ちょっときて」と絶対に2人きりになろうとするんですもの。
おかしいですよね。

今回も、怪しい人たちのハラスメントにさらされたので相談に行きました。

はい、話を聞いただけです。

キレて、あんたたちに話すことは何もない、話聞くだけしか能がないのか、と去りました。
あとは、ハートが強くなっているのでリベンジ裏工作などちまちまして身を守っております。

助けを求めてる時点で、かなり追い詰められてるんですよ。
行動に移さない人は支援ポルノがお好きな人です。

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。


WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中






30すぎて身につけました。




ワタクシ、掃除ができないオンナでした。
はい、片付け方を知らなかったんです。
ちょっとモラトリアムな時期を過ごしてから、自分がものを持ちすぎていること、
考えていると掃除ができないことに気がつき、鬼のように掃除を始めました。
昔のワタクシを知ってる人が今を見たら、きっと何かあったと思うでしょう。
何もなかったんですよ、そんな人生観が変わることは。
ただ、片付ければ身軽になれる、それだけしか気づいてません。
確かに洗い物、水回りは考え込むとできません。
かつて「洗濯してたら、なんでもついでにほりこむ。足拭きマットとか、タオルとか。」と
同僚が言っていたことを思い出しました。
考えなしに掃除はできないけど、とりあえず掃除して見て効率を考える方がいいですよ。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。








 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう