おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

2017年11月

ワタクシの周囲のオンナは、ひとりでできない理由が違う。


ワタクシの周囲のオンナ、ほとんどがひとりで行動できる人です。
他人の目云々ではなく、ひとりでもなんとも思わない人。
家族持ちは、
「ひとりになりたい、一人ランチがいい」
と言います。
家族に揉まれてる時期なんですね。

「ひとりでできない」オンナはですね、
「どうしていいかわからない」と言います。
「ひとりでどうやってご飯食べるの?」と
真顔で聞いてきます。
寂しくはないんですね。

あと子育て終了組のオンナは、
「ひとりで行く習慣がなくなった」と言います。
映画も、旅行も、家族と行ってたから、
ひとりで行動する理由がわからないんだそうだ。
だけど出張とかガンガンひとりで行かれてますが。

おひとりさまを楽しむのは、
他人の目を気にして寂しくないアピールするんじゃなくて、
ひとりでしか味わえない楽しみに浸ることなんだけどな。
まあ、ワタクシも
「おひとりさまが寂しいと思う人がいる」
「おひとりさまでも他人の目は気にならない」と言われたら、
「へえ、そうなんだ」で終わるんですけどね。



 

周りからチヤホヤされるから、社会貢献やっちゃうんでしょ?



ワタクシの黒歴史でボランティア活動をしていたことがあります。
今思えば、支援ポルノですね。
自分のやっていることに酔いしれて、勝手に支援が必要な人像を作り上げる。
恥ずかしい限りです。

ボランティアや社会貢献をするのは大いに結構ですよ、特に学生のうちは。
だけどね、
「人助けしてるから、これくらいでいいだろう」
「学生のうちから社会貢献に関わってるから評価されるに違いない」
「お金よりも気持ちが大事」って、
思っちゃうところあるんだよね。
だから甘いところがあれば、
ずるい大人に絡め取られていくんだよ。

役に立ちたいとか、社会を変えていくんだって、
意識高いふりしてる系の人たちって企画が甘くなるから、
「困ってる状況を助けたい人が多い」って思っちゃうから、
だから中途半端に終わるんだよ。

対談の中での、このフレーズが刺さります。
僕はどちらかというと
社会貢献をしている人が就職有利になるんじゃなくて、
就職に強いやつが勝手に社会貢献の方に
流れてくると思っています。
その結果、業界が動いていくんじゃないかな。
動かす力がない奴が社会貢献しても、世の中ちっともよくならないよ。
ちやほやされるのも一時期だから、よくよく考えて社会貢献してね、年若たち。





男性看護師像が偏りすぎてそれはどうよ?と情けなくなった件。



男性看護師についてなんか書けという仕事の依頼を受け、

ググって調べてました。

確かに男性で看護師を目指して、実際働いている方が多くなっています。

男性看護師だけでなく男性介護職員も同じ、

「力仕事ができる」

「看護・介護は女社会だから男は馴染めない」

「女ばかりの職場だからモテる」

・・・・こんな結果ばっかり出てくる。

 

男性看護師と働いてて、

女ってずいぶん厚かましいなあと思ってました。

人を抱える・重い荷物を持つ時は、

「男の人じゃないとダメね!」と

おばちゃんたちは力仕事は全て男性に頼る。

事あるごとに

「男の人は、気が利かない。家庭のことを知らないから。」と

自分がどれだけ鈍いかを棚に上げて悪口を言う。

アレなおばちゃんと女子は、

何かと差し入れをするなど、落としにかかる。

 

・・・男性看護師・男性介護職員、尊敬しますよ、
こんなケダモノ女に囲まれて働いてるんだもの。

 

重い物持ちすぎると、腰を痛めるから、

力仕事を男性がするって言うのはただの偏見。

力があるから、抱える仕事を全て任せると、

男性の身体が傷みますよ。

気が利かないのは、

育った環境もあるから一概に言えない。

お茶がひっくり返っても、ほっとく女子だっているんだから。

女子が気が利いて、身の回りの世話ができるのは、

そう言う風に育てられたから。

でもそれは一部ね。

 

偏った看護の世界にようこそいらっしゃいました。

でも、ケダモノ女には食われないようにしてね。

 

 こんな広告で紋切り方の男性看護師像を見ることができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


お前の善意が人を苦しめていることに気づけ。



ビハーラ僧は、来ないで!

Facebookの某コミュニティの投稿です。
このブログ主、お寺に嫁いだ方でブログでお寺の生活を中心に綴っておられます。
「ビハーラ」というカテゴリーで色々書いていらっしゃいます。
ブログ記事読んで、かなり引きました。
幸いにもワタクシが働いている頃は、
こんな強引な僧侶の訪問はなかったです。

「ビハーラ活動」というものがあるとのこと、ググってみました。
浄土真宗本願寺派社会部ビハーラ活動の理念を公開してらっしゃいます。
ビハーラ活動理念の一部を抜粋しますね。
病の苦しみや死の不安を抱えた患者とその家族は、
心の救いを求めて思い悩みます。
臨終もまた一つの平生であり、
無常に向きあって真実を求める時期であるといえます。
そんな時、私たち仏教徒が、その方々のそばにいて、
その苦悩に耳を傾け、「願われたいのち」の尊さについて、
深く気づきあうことができたなら、
きっとその方々の心の安らぎになることでしょう。
その通りだと思います。
ただし、死にゆく人との信頼関係があれば、です。
死にゆく人のほとんどは、大変疲れていらっしゃいます。
だから少しでも横になっていたい、
人と関わりたくない。
それを「心安らかに」と僧侶がやってきてごらんなさいよ。
姿勢改めて、お話聞きますよ。
どんなに辛くても姿勢正して。

宗教は否定しませんし、ワタクシは神道も仏教も好きです。
ですが、当事者が望まない活動はどうか控えてください。
自分のしていることが、
相手を苦しめていることに気づいてくださいね。

仏像は、みていて落ち着くから好きです。

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


馬喰町、その他を散歩する。


東京に行く時は、住んでいた頃に
行ってないところを散歩しています。
今回は馬喰町と東大の周りをフラフラしました。



都会にいると、ポケモンGOのレベルアップが早いです。
やっぱり東京で働くだけで消耗するのはね、
勿体無いですよ。
雑誌の特集に追い立てられるのもね、
消耗することです。

江戸は歴史がある街、
「観光しない東京」っていうのもいいですよね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう