おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

2017年12月

「クズ扱い」という社会的制裁ー依存症。


依存する先がなんでだって、「依存症」は人間として問題ありと
世間様は判断します。
それが違法薬物だったら、情け容赦ありません。

田中紀子さん、ご自身と配偶者がギャンブル依存症からのサバイバーで、
依存症とその治療と回復のために活動されています。
依存症の報道があるたびに、当事者を擁護した発言をなさいます。
今回の清水良太郎被告の「クズ扱い」にもご立腹です。

ワタクシはクズ扱いする世間も必要だと思ってるんですよ。
依存症で刑罰受けるより、辛いのは周りから人がいなくなること。
そして今まで付き合っていた人たちの態度が、激変して冷たくなること。
依存症から回復するにあたっては、
このプロセスは必要じゃないかな。

そして「クズ発言」する人は、
「知識がない、教養のない人」と世間様は思えばいいのです。
依存症は人間的な問題ではなくて、
自分の意思でコントロールできなくなること。
治療すれば回復すること。
それを知らない愚かさをさらけ出していると考えましょう。
依存症のことが理解できない人は、
一生理解できないでしょうから。
賢いあなたであれば、
依存症が病気で、治療方法があることをご存知ですよね。




性的嫌がらせをする男女は、人間界で生活するのが初めてである説。



特に性的嫌がらせをする人は、
やっていいことと悪いことの区別がついていません。
そして疑問なのが、
「相手が嫌な顔をする、嫌がることが面白い」という感覚です。
これは特に性的嫌がらせの場合。

まだ「セクシャルハラスメント」という概念がなかった頃、
「看護師と合コンする」と浮かれたおじさんたちは、
何があったのか、渾身の下ネタを披露してました。
こちらは最初は
「えー、やめてくださいよー。」などと愛想笑いしてましたが、
それでもやめないおじさんには
全く相手をせずに、ほかの普通の会話ができる男の人と話ししてました。
まだ携帯電話がなかった頃です。
もし携帯電話があったら、
「ごめんなさい、仕事の呼び出しが急に・・・」と
バックれましたよ。

「セクシャルハラスメントの受け手が苦痛なのが楽しい」人たちに、
やはり問いただしたいですね。
もちろん椅子に座らせてです。
場所は居酒屋でもどこでもいいですが、
飲み物は水。
「何が楽しいのか」
「相手が嫌がることをすることはいけないことがわからないのか」
「ストレス発散の方法は他には持っていないのか」など。
こういう場合は相手は謝ります。
いえいえ、「ごめんなさい」が聞きたいんじゃないんです。
「なぜあなたがセクシャルハラスメントをするのか」
理由を聞きたいんです。

でもこの手の輩はケダモノですからね。
叩くなりしないとわかんないんでしょう。
これ書いたワタクシは、「人権侵害」といわれるんですよ。
いいですね、加害者有利な日本という国は。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

セクハラ・パワハラは犯罪だが処罰なし。



はあちゅうさんがセクハラ・パワハラを告発するのは、
今のタイミングしかなかった。
はあちゅうさんが今の状況でこそ、効果がある告発なのです。 
知名度の高さ、インフルエンサー、今の地位がなければ、
ただもみ消されていただけ、泣き寝入りするだけだったのです。

しかしはあちゅうさん、さすが賢いですね。
岸氏のメールを保存してるなんて、素晴らしい。
しかしセクハラ・パワハラする人は、頭悪いです。
だって、メールって証拠として残るでしょ。
おまけに電話すれば着信履歴残るでしょ。
証拠をどうぞと差し出してるのに気づかないのが、
賢いのかバカなのか。
ワタクシは辛くなるので、メール・着信の類は削除したので、
証拠にはならなくなったのです。
辛くても、証拠は残しておきましょう。

岸勇希氏、「謝るから」などと言ってますが、
「ごめん」で済んだら警察も裁判所もいりません。
「ごめん」で済ませたいなら、ホール貸借料岸氏負担で、
公開問答をしてください。
1.呑み会になぜ可愛い女の子を呼ばなくてはならないのですか。
  コンパニオンではダメなのですか。
2.なぜ深夜に自宅に呼び出して、正座をさせて話を聞かせたのですか。
  その目的はなんですか。
3.「体を使う」「深夜に二人で俺といるとどう思われるか」、
  日本語がわかりません。説明してください。
4.なぜ一人で仕事ができないのですが。
  相手が嫌がることをやらなければ仕事ができない理由を説明してください。

岸勇希氏、日本に生まれて、日本で仕事できてよかったですね。
なんとでももみ消すのができますから。
あなたこれが欧米諸国だったら、
どうなってるか想像つきますよね?

岸勇希氏、しかし加害者は有利ですね。
自主退職の方が懲戒免職よりも、これからのこと考えるといいですからね。
それ許しちゃう電通って・・・



 

#MeTooー拒否することができた男の人。



なんども登場している残念なオンナは、セクハラオンナです。
ボディワークの講師という立場をいいことに、
やたら年下の男の子の身体を触ります。
プライベートゾーンは触らないのですが、
必ず身体を寄せて自分の身体と触れ合うように接していました。

残念なオンナのオフィスには、総務の男性がいました。
その男性は年下、物腰柔らか。
残念なオンナは
「身体の具合見てあげる」と
やたら身体に触りたがり、
「あたし、貧乳でー」と自分の体型を強調するなどしておりました。
自分から身体をその男性に寄せるのはいつものこと。
常に「あたし、・・くんのこと好き!」と所構わず告白してました。

さてその男性は断ることができた人です。
だから最初は言われるがままに身体を触らせてましたが、
ある日を境に「もうやめてほしい。触られるのが怖い」と拒否。
告白されれば「僕、若い女の子が好きなんで」と返す。
残念なオンナは「あたりがキツくなった」と言いますが、
キツくなったのではなく、拒否をしていたのです。

男のセクハラも見てきましたが、
女もセクハラをします。
どちらも見ていて決して気持ちいいものではありません。
その残念なオンナ、
「他の人から、いつも取り巻きが男の人で、
女王様みたいに振る舞ってって言われる」
「ベッドを共にして取り巻きにしてる」と繰り返して言ってました。
鬱陶しいんで「あんた溜まってんの?」とブチ切れたことがあります。
これもセクハラかしら。

本文とは関係ありません。
心温まる画像をどうぞ。

中学校の部活の教員の話ー#MeToo。



ワタクシが義務教育を受けている時代、
かなりの無法地帯でした。
中学校の時の女子バレーボール部の担当教員が、
今考えると性的虐待をしていました。
社会の先生だったのですが、
授業で「あゝ野麦峠」の映画を見終わった時、
「お前ら口ばっかりで、セックスのところじゃうつむいてたよな」
とニヤニヤして生徒の前で言いました。
確かに性的表現のある映画ですが、
労働条件の改善がわかりやすい映画です。
その解説は、なかったのですよ。

そして問題の部活ですが、
気に入ったキャプテンやレギュラーの女子部員を
必ず横に侍らせて、胸や股間を触るのです。
練習をしていたら、そのお気に入りが呼ばれて
「指導」という名の性的虐待を受けていました。
その教員、
「俺が触るのは有能な選手だけ」と言っていましたので、
情弱で子どもの中学生は鵜呑みにしていました。
ワタクシは全く触られなかったのですが、
もうおかしい状況にいて判断ができなかったので
「先生に触られない自分は、能力のない部員」と思っていました。

そのまま退部せず、中学卒業まで部活は続けました。
中学卒業間近に
「あの先生はおかしいんじゃないか」と思い始めたのです。
きっかけがあったわけではありません。
なぜかそう思うようになったのです。
部活の保護者や他の教員の前では礼儀正しいのに、
部員の前で急に横暴になり、女子を触りまくる。
自分より弱い者にしか暴力をふるわない。
どうして生徒しかいないところで、
あれだけ横暴になるのかわからなかったのです。
今考えると、自分より弱いものにしか関われない、
人間関係に難がある人だったんですね。

はい、同情はしておりません。
高校生になってから、くたびれたジャージ姿で
部活の買い物をしているところを見かけました。
横には同じように生徒にしか横暴な部分を見せない、
教員が一緒でした。
もちろん声はかけていません。

当時の野放しになっていた教員たちは、
なんの処罰も受けずに定年となり、
老後を過ごしていると思うと、
「家族から聞こえるように
『鬱陶しいねえ、いつもうちにいて』と言われてますように」
「入れ歯になって、合わなくて、いつも口内炎ができてますように」
「介護ヘルパーさんから嫌われて、リストに上がってますように」
「血糖値が落ち着きませんように」
「騙されて高額の布団を買わされてますように」
などと些細な呪いをかけずにはいられません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう