おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

2018年05月

NTTドコモがポイントで資産運用サービスを始めた件。



 
携帯端末は大手通信会社を利用している情弱、
やすじろうです。 
NTTドコモが ポイントで
資産運用するサービスを始めました。
現金コースとポイントコースがありまして、
ワタクシはもちろんポイントコース。
ポイントが増えれば、小さい額でもコンビニなどで使えますしね。
ポイントだと投資のシミュレーションになるので、
現金が怖い人は向いているのではないかと。
コースは2つありまして、
株式中心の年間変動±16%のアクティブコース
株式と債券を調整する年間変動±12%のバランスコース
もちろんチキンのワタクシは、バランスコースを選びました。
現金運用も対応しているので、
NTTドコモユーザーは是非お試しくださいませ。
特に投資をしたことがない方は、
ポイントで真似事するだけでも面白いですよ。




 

ワタクシがトンデモ医療を判断する6つの宣伝文句。

トンデモ医療反対派の発言をまとめて、
以下の6つのフレーズの一つでもうたってあれば、
「トンデモ医療だから近づかない」と決めております。

1.免疫を高める
2.ガンが消えた・治った
3.論文によると
4.・・の権威である医師
5.西洋医学では直せなかった〜
6.特定の食品をすすめる
 ー例えば・・を食べるだけで血糖値が下がる
この6つのフレーズ、騙されそうなのが
「論文によると」「権威である医師」のこと二つ。
論文って言ってもジャンクジャーナル掲載のもあるし、
医師だって内海聡・近藤誠など、
正統派治療をせずにこじらせる医師だっているんですよ。
この人たちに治療を受けて、
悪くなって命を落とした話しか聞きません。

ワタクシ、トンデモ医療をなぜヘイトするかって、
人の弱みに付け込んでくるからなんですよ。
病気になってどうしようって、
不安で弱ってるところを狙って
「その治療は命を落とすから」と
怪しい治療法を紹介する。
その結果って、病気悪くして、
手のつけられない状態になって、
病院に運ばれてくる。

トンデモ医療って高額だから、
病を持った人は全部実費なのです。
はい、保険診療ではありません。
大金叩いて、疲れ果てて、
結局治らなくて命を落とす。
訴訟しようにも、気力も財力もない。
トンデモ医療提供者は、なんのお咎めもないんですよ。
厚生労働省もどこも見て見ぬ振り。
本来なら医師免許取り消しとか、
詐欺罪で懲罰刑にするべきですが、
なぜ行政は動きません。

もし受診した病院が合わないと感じたら、
トンデモの誘惑を振り切って、
セカンドオピニオンを受けましょう。
悲しいかな、違法行為がまかり通っているのが日本なのです。

弊note故絵門ゆうこさんとトンデモ医療。
合わせて読んでいただければ幸いです。





  

東京は、働くところじゃなくて住むところ。



東京で消耗してる人たちって、
六本木・青山・代官山・港区の、
オサレスポットを相当意識して出入りしてる人たちだと思うのさ。
ワタクシには全く似合わない場所ですけどね。
「雑誌や情報番組に出ている東京に住んでいる」って、
そこらへんがステイタス。

じゃあ地元に帰ろうか、
地方で暮らそうか、って思うのは当然。
いいアイディアだと思う。
でもね、東京もいいところがあるんですよ。
足立区、大田区、町田、武蔵野などなど。
新宿新橋なんて遠くに通勤しなくても、
近場で仕事探してのんびりできそう。
競うような人たちとは離れられるしね。

ワタクシは江戸川か荒川沿いに住みたいです。
隅田川沿いもいいな。
あと緑多い武蔵野にも住みたい。
水が近くにある土地に住みたいのです。
他拠点生活する候補地ですね。
もういそいそ働くんじゃないです。
暮らすために東京にすみたいのですよ。






 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう