絶対にやって欲しい
「今まで家庭の管理に関わること
一切やってない高齢男性の初めてのお使い」
日常で店員にキレているのは、ほとんど、99%が高齢者男性。
耳をそばだてても、何がしたいのかわからない。
紙に書けや。お前のうろ覚えの言葉じゃ理解できないんだよ。

こういうお使いすらできない高齢者こそ、
介護資源を食いつぶしていくのです。
100歩ゆずってヘルパーさんに家事支援を頼んだとしましょう。
「これじゃない、これは違う」とキレるのは、
高齢者さんたちが何が欲しいか口に出して言えないからですよ。

マジ悪いこと言わないから、
日頃からスーパーマーケットに行っといてくれ。
日用品がどういうものかわかっといてくれ。
高齢者に予算突っ込んでたら、
年若たち潰されるよ。
自分が年若たちを潰してる自覚もってね。