看護師の仕事をしていた頃、
胃ろうの是非は話題になってなかったですね。
「胃ろうにしたら管理が楽になる」
「胃ろうにしないと介護施設に入れない」
こんな話題でした。
ですが今は、「胃ろうは延命治療」になってるんですね。


口から食べられないから胃ろうを作るのですが、
そのあと少し回復すれば
「口から食べられるようになるね。刺身が食べられるね」
というのは家族です。
本人が望んでいるのかはわかりません。
そしてなぜ刺身を食べられるまで回復しなければならないのでしょうか。
自分で食べられるとでもお考えのようですね。

延命治療とか何かあった時に生き延びるための治療をするか、
あまりにも皆さん考えてないでしょう。
勝手な美談を自分の中で作るでしょう。
そして勝手に疲れるのは、
「できるだけのことはしてほしい」と望んだ家族ですよ。
責任取りたくないだけでしょ?
他から責められたくないだけでしょ?
「家族なのに何もしないなんて冷たいよね」って、
勝手なこと言ってる人間の話を真に受けるんでしょ?

ワタクシは両親には胃ろうは作らない、延命治療は全て断ると話しています。
両親はそれで納得しています。
そりゃ、みっともない修羅場を仕事柄見てますからね。
自分はそうなりたくないから、
鬼畜だの何だの罵られようが、何も両親にはしません。