イケダハヤトさん、ついに行動なさいますね。
降臨した後の5ちゃんねるの様子です。
やはり民は「すぐ特定できる個人」という
理解はできてないです。

名称未設定1

イマドキの世の中で、ネットで個人を特定できることを知らないのは、
賢いからか馬鹿なのか。
事件が多くなったから、殺人予告や爆破予告なんて
誰がやったかすぐ特定できる。
それに虫尾緑氏が高須克弥さんにクソリプ飛ばして、
すぐ個人を特定して訴訟を起こしたことはご存知ないだろうか。
訴訟のお手紙が、虫尾緑氏の自宅に届いたと本人言ってます。
プロの手にかかればちょろいのです。

イケハヤさん、散々サラリーマンdisしてますけど、
これは特定の個人にしてないんですね。
はあちゅうさんの童貞いじりも同じ。
特定の個人を侮辱してはいないのです。
(はあちゅさん、今回の童貞いじりの件で「さようなら」の人になりましたが。)
だからサラリーマンの中にはなんとも思わない人もいるし、
過剰に反応する人もいる。
個人的な印象ですが、イケハヤさんにクソリプ飛ばしてる人は、
現実の生活で相当嫌な思いをしている人。
ぶつけるところがないから、クソリプ飛ばして憂さ晴らししてる、
そんな人物像ですね。
愚痴りながらでも、楽しく働いてる人ではない。
妬み・嫉み・僻みでゆがんだ人間です。

だからね、サラリーマンdisでムカついた人も
イケハヤさんを訴えればいいんですよ。
侮辱されたと感じたサラリーマンが集まって、
実名と顔出して、弁護士雇って
「傷ついた、不愉快だ、侮辱罪だ」と訴訟を起こせばいい。
だけど、そんな団結力も何もない人たちだから、
勝ち目はないでしょうけどね。
不特定多数への侮辱と、個人とその家族へ向けた侮辱では、
罪の重さは違いますからね。