小さな目標やこまめなご褒美をたくさん置いておくように。
つらい日々でも人間は、目の前の人参に騙されやすい生き物だからね。
by 高須克弥さん。

他人の機嫌をとることで、自分の機嫌をとる時期が長かったです。
わけわからず荒れ狂う人や、モラハラ人間実兄と離れるときに
「他人の機嫌をとるほどの徒労はない」と考え、
自分の機嫌をとってもらおうなど他人に無理を押し付けてはならないと、
考え直しました。
自分の機嫌が悪い時の、周りの立ち振る舞いを見て、
自分のしていることの愚かさを思い知らされたからです。

「自分の機嫌をとる」という言い方を知ったのは最近ですが、
常に不機嫌なワタクシが自分の機嫌をとってきた方法を8つあげます。

1.お菓子を食べる。
 甘いものとしょっぱいものループを楽しみます。
 かっぱえびせんとアイスクリームとか。
 今はエンゼルパイがお気に入りなんですが、
 店舗に売ってないから箱買いしました。

2.お茶を飲む。
 アルコールがダメな身体になったので、お茶とお菓子を楽しみます。
 コーヒーも含みます。ブルックスでよく頼みますね。
 日本茶、ハーブティなどなど、
 各種取り揃えて、気分に合わせて飲みます。
 昨年台湾に行って烏龍茶を葉っぱから入れると美味しいことを学び、
 烏龍茶も仲間入りしました。


3.寝逃げする。
 布団かぶって寝るもあり、ホットカーペットや
 ゴザの上で寝るのもありです。
 睡眠しているか否かは関係ないです。
 寝逃げするときには、抱き枕・タオルケット・
 毛布を季節に合わせて使います。



4.原爆ドームを見に行く。

 原爆ドームは、昔から好きです。
 近くに川が流れて、適度に静かで、場所がいいんです。
 繁華街に出たら必ず原爆ドームは見ますし、
 写真にも収めていつでも見られるようにしています。

5.誰にも会わない・電話に出ない。
 電話に出ません。だから携帯電話を持つのも遅かったんです。
 電話は身近におかず、カバンの中にほり投げてます。
 そして人と会う約束をしません。徹底して人を遠ざけます。
 他人と関わることで、自分が消耗したくないからです。

6.旅行に行く。
 月一回、お手頃な値段で行ける場所に旅行に行きます。
 ホテルの接客は有料ですが、それでも他人にケアしてもらうことは
 気持ちいいです。
 あと余計なこと考えなくて済みますからね、
 掃除とベッドメイクは担当の方にしていただけますし。
 ホテルで好きなことしかしません。
 テレビ見るとか本読むとかゲームするとか、
 なぜか入力作業がはかどります。
 家族と住んでいると、やはり気を使っているのがわかります。

7.ゲームする。
 ポケGOとフリーのパズルゲームをひたすらやります。
 負ければもちろん悔しいですが、それはそれで楽しいです。
 ポケGOは、お気に入りのモンスターに名前をつけています。
 
8.呪いをかける。
 SNSで呪いをかけると、晒されますし、ちょっとした職質を受けます。
 ですから脳内で呪いをかけます。少しでもワタクシを不愉快にさせたヤツ、
 盛大に背中から刺すような真似をしてくれたヤツ全てにかけます。
 弊ブログ記事、
 ハッシュタグで遊ぶー#ツイッターのルール違反にならない呪い。
 ご参照ください。

9.外出をする。
 繁華街、近所の図書館などなど、お外に出ます。
 見たい映画があれば見ますし、お散歩して、必要なもの買って、
 気になるお店を探します。ただそれだけです。

どれもお金はかからない、すぐできることばかりです。
自分のご機嫌をとるのに、大金は必要ありませんね、ワタクシの場合は。
ただ「自分のご機嫌とり」と称して、ハイブランドのものを買い漁る・
ホストクラブに入れあげるになったら、受診します。