神足裕司さん、コラムニストで活躍されてました。
2011年にくも膜下出血で倒れ、
半身マヒと高次脳機能障害で要介護5の状態。
高次脳機能障害があれば、物書きとしては再起は難しいですが、
コータリさんは、見事物書きとして復活されました。
テレビで奥様と出演なさってるところを拝見しましたが、
喋るのは障害が残っていらっしゃるけど、
筆談などで会話なさっていました。

そして今「みんなの介護」で連載を持ってらっしゃいます。
自分が発病してから、介護サービスについて、介護用品の使い心地について、
要介護5で旅行をするなど、当事者視線でしかもコラムニストですから、
わかりやすく書いていらっしゃいます。
お涙頂戴の、「こんなにつらいんだ、でも頑張る僕と家族」という
酔っ払った文章ではなく。
ただただ淡々と連載されてます。
何かの当事者になってものを書く方がいらっしゃるのですが、
どうも自分に酔っ払ってる人が書くと、
もう胃もたれして読む気が起こりません。

物書きという才能は、病や障害を持っても衰えないんですね。
一握りの人ですけど。