「機能不全家族」という言葉がなかった時代。

この作品が世に出たのが1989年~1997年、
ひとり親の子育て支援がまだ行き届かなかった時代のお話です。
この時代はもちろんアルコール依存症対策もなかったし、
児童福祉や貧困対策も充実していませんでした。
ゆんぼくんの作者・西原理恵子さんは高知の貧しい漁村で生まれ育ち、
実父がアルコール依存症で義理の父がギャンブル依存症で借金癖がある、
機能不全家族で育った方です。
ゆんぼくんの舞台は人里離れた山の集落ですが、
場所は違えど、西原理恵子さんの幼少期と似た環境です。
自然に囲まれた集落に住むのは、両親揃って仕事があって、
子どもが子どもでいられる家族ばかりではありません。
この漫画は、人目のつかない集落に住む、
ワケありの母と息子のゆんぼ・アルコール依存症の父と息子の小出くん・
真っ当な仕事についてない父親と息子の横田くんのお話です。
小学校はあるのですが、3人の男の子がまともに
通っているのかどうかは怪しいです。
役場なども出てくる様子がないので、
行政が介入するには遠すぎるところにある集落なのでしょう。

 お母さんは、産まれた時から子離れの覚悟をする。

小出くんにはアルコール依存症の父親だけ、
横田くんにいたっては両親がいるのかどうかわかりません。
ゆんぼくんは父親がいないだけで、
母親がいつも面倒を見てくれますし、
いたずらをすれば叱られます。
ですが小出くんと横田くんは、
典型的な機能不全家族の中で育っています。
小出くんはお父さんが有り金全部お酒に使うので、
給食費が払えないことが度々あります。
ですが絶対にお父さんを責めることはありません。
酒浸りのお父さんの世話をして、反抗することはありません。
親の世話に追われる小出くんは、アダルトチルドレンです。
父親を責めることなく、自分のやりたいことや希望を話すことなく、
頼まれたことは断りません。
小出くんは反抗期に必要なエネルギーを、
父親の世話のために無くしています。
小出くんのお父さんは、まるでずっと息子が自分の世話を
するものだと考えているようです。
両親がいるのかどうかわからない横田くんは、
いつも荒ぶっています。
まだ反抗期を迎えてないゆんぼくんと、
おそらく反抗期を迎えることがないだろう小出くんは、
おとなしくて優しい男の子です。
「不良になってやる、悪いことをしてやる」と荒ぶる横田くんは、
誰に向かって怒っているのでしょうか。
横田くんは自分の環境に腹立たしいけども、
子どもだから何もできない。その苛立ちをぶつけようにも、
山里では不良になりようがない。
今だったら子ども食堂や児童保護施設などで
ケアしてもらえるでしょうが、この時代とワケありの山里には、
そんな施設も人もありません。
ゆんぼくんは反抗期に成長していきます。
いつも通りの会話がケンカ腰になっていく。
素直に返事ができない。
子どもだって反抗期の自分の言動に、戸惑うのです。
楽しかったことがつまらなくなっていく、
大好きな人が大嫌いになっていく。
ですが息子の反抗期の言動に動揺するどころか、
「いつかはこういう日が来るから、しっかりしなきゃ」と、
お母さんは一人息子と決別する心の準備を始めます。
動揺もせず、一人息子が成長していく様を、
口喧嘩しながら見守るお母さん。
男の子は時期が来たら一人でどこかに行ってしまうもの、
とお母さんは考えているように見えます。
ですが、小出くんの父親はアルコール依存症、
横田くんは両親がいない。
親離れしようにもこの二人の男の子は、
反抗期を迎えることもできません。
機能不全家族は子どもの成長だけでなく、自立も妨げるのです。

 家族は分かり合えなくてよし。

男の子から少年に成長したゆんぼくん・小出くん・横田くん。
ゆんぼくんが親離れをするのは、
家出という真っ当な方法です。
ですが小出くんと横田くんは突然親がいなくなり、
放り出されるように世の中に出ていきます。
未成年ですから保護されなければなりませんが、
制度がない上に行政の介入もない。
小出くんと横田くんは行き場がないけれど、
住んでいた集落から出ていかなければなりません。
機能不全家族に育った上に、
親に捨てられる体験を持つ小出くんと横田くん。
おそらくまともに生きていけず、
早々に他界することになるでしょう。
外に出れば優しいふりをした大人だらけです。
生きていく知恵がなければ、騙されて命を落とすことは
簡単に予測できます。
家出したゆんぼくんは、飯場を渡り歩いて生活費を稼ぎます。
ゆんぼくんは年上の子持ちの女の人と、所帯を持ちます。
そして自分の母親の住む集落に帰ります。
お母さんは生きているかどうかわかりません。
お母さんが「ゆんぼを産んだのは家族が欲しかったから」と
独り言を言ったように、ゆんぼくんも家族が欲しかったのです。
一人で生きていく方が、絶対に楽です。
子どもの面倒は見なくていいし、
嫁の機嫌を取らなくていいです。
何より自分が食べていけるだけの稼ぎがあれば、
それでいいのです。
男女問わずそれでも家族を持ってしまうのは、なぜでしょうか。