発達障害・精神障害など、解説してらっしゃる方は多いので、
以下略。

高度成長期の集団就職時代、環境と仕事に馴染めなかった人って、
当時は根性論&精神論で片付けてたけど、
今考えると、適応障害・発達障害もあったんだよね。

発達障害・精神障害の啓発活動はしているけど、
認知度イマイチだし(根性論で語るのは、高度成長期バブル世代ね)、
「何度も病気にすればいいってもんじゃない」って
いう人が多いのが事実。
でもね、診断がついたら対応の仕方がわかるから、
障害・病気にしていただいた方がありがたい。
だって「個性です」ってあいまいな言葉で済まされたら、
対応に困るのさ。

障害って薬じゃ抑えられる症状はあるけど、
それだけじゃ絶対社会生活は送れない。
だから社会生活を送るための技術がいる。
それは働くだけじゃない。
人との接し方、自分が困った時のヘルプの出し方など。
支援がなかったから、ホームレスにならざるを得なかった。

国民全員が働いて、学校に行ってっていうのは、
洗脳した状態。
社会不適合者が出てきて当然だから、
彼らの安全な居場所を確保するべき。
支援ポルノに酔っ払ってる暇があったら、
それくらい考えろ。
路上生活から救い出すなんて考えるな。