年齢関係なく、「心そのものが歳をとる」のですよ。
これ本当。
「心が歳をとっている」小娘小僧は、
たくさんいますよ。
おばさんのワタクシより保守的。

ワタクシが後悔しているのは、
尻の青い頃に
いい服を着る・いい物を食べる・いいサービスを受けるの
3つをしなかったこと。
だから今でも貧相なのよ。
ケチケチする癖だけがついちゃって。

いいもの知らないとね、
目の前にしたときすごく品なくがっつくのよ。
元とろうとして、
店員さんこき使ったりしてね。
ホントみっともないから。
成金はいいのよ。
だってお金持ってるから払うでしょ。
でもね、心も懐も貧しい人が
いいものに触れると、
立ち振る舞い知らないし、
知ったかぶりするし、
もうげんなりするの。
お店だけじゃなくてお客さんも、
うんざりするのさ。

加えて勉強の仕方知らなかったら、
まあ背筋凍る未来が待ってるのよ。
他人の顔色伺わないと、
しがみついていないと、
働けないし、行き場がない。
そしてその人たちが持っているのは
「人並みの貯金」。
莫大な資産ではなくて、
ただの人並みの小金しか持っていないんですよ。
さあ大変、その小金をどうやって守るか、
それで頭がいっぱいになって生きている。

そんな人たくさん見てるから、
自分は絶対そうはなりたくないって、
今までやってきたのですよ、ワタクシは。
結局小金持ってるつまんないおばさんになったけどさ、
やりたいことは大体やったから満足してるわけ。

おすぎさんとピーコさん。
やたらいいものを知ってらっしゃる。
決して裕福なウチの生まれでは無いのですが、
お金なくても若い時からいいもの知ってらっしゃるから、
余裕感がハンパない。