東京は働くところじゃなくて住むところ。
身を隠すにはちょうどいい都市。
「田舎の人のあたたかさ」というけど、
その反面一挙手一投足を見られている緊張感がある。
名前を言うだけで、仕事と住所が特定される。
田舎が息苦しいと感じる所以だ。

仕事がら平日が休みだから、
広島に住んでいても会いたくもない小中高の同級生と
顔をあわせることはない。
これが今生まれ故郷広島に住んでいられる理由。
知り合いにあったとしても、
回れ右して逃げられるくらいの厚かましさは、
とうの昔に身につけた。
あんた達と思い出話する暇もないし、
いい思い出なんかない。

広島は田舎とはいえ、政令指定都市なので、
まあまあ都会だ。
だから繁華街には何をしているのかわからない人は、
たくさんいる。
ワタクシもはたから見れば
「何をしているかわからない人」に分類されるだろう。
平日の昼間に必死でポケGOしてるワタクシに
道を尋ねた人は勇気があるなあ。

だけど東京のごちゃごちゃした、
誰がどこにいるかわからない感は、
ワタクシはたまらなく好きだ。
東京は働くところではなく、住むところ。
しかもあれだけ賑やかでも、
ひっそりと暮らせる都市だ。
青山・代官山・港区ではない。
新宿・池袋・上野のなんでもあるように見える
まとまりのないところが好きで仕方がない。

今の生活に余裕ができたら東京に住みたい。
多拠点生活をしたいから、
尾道と皆生温泉と新宿のはずれに
住んで見たいと思っている。