はいはい、公的サポートでなく、
身内のサポートが得られる人は、「やろうと思えばできますよ」。

夫・子持ちの女性医師で、
長時間労働&研究して教授職についてるってのは、
ロールモデルになりません。
まず、キャリアを邪魔する医者がいない。
これ大前提です。
仕事だけに集中できる環境は男性は整えられる。
だけど女性だと、独身でなければ仕事に集中できない。
夫・子持ちの女性医師が仕事に集中するのなら、
家事サポート・育児サポートは必須。
もちろん夫ブロックをいかに崩すかも。
産休・育休がもらえても、
それからサポートがないとキャリアは積めないのですよ。

親族のサポートが得られないなら、
シッターさんや家事代行サービスを頼めるか。
経済的余裕があるのか。
子どもが病気した時の世話は?
などなど。

「やればできる」なんて言葉かけてないでしょうね?
頑張って潰れることもありですよ。
腫れ物に触るように、働くオンナを扱えというのではない。
「仕事のために子どもを持つことを諦めた」というオンナを、
これ以上増やすんじゃない。
だから軽々しく
「やればできる」なんていうんじゃない。

シッター文化定着に尽力の経沢香保子さんのツイートを置いておきます。