日本の会社って、頭がアレな人が牛耳ってるに違いない。
サヨク雑誌の割には、取材してらっしゃいますね。
以前勤めてた会社で有給申請したら、
「なんで休むの?」
「こんなにたくさん?」
(諸事情で半日ずつ3回くらい休みたかった」
これ、労基違反なんですよね。
休みの理由は聞いてはいけないのですよ。
「見合いするから休みます」
「腹違いの妹が見つかって・・・」とでも言えばよかった。

問いただしたいですし、
絶対答えるべきなのですよ。
過労死出してる企業は。
労働時間守れてない企業は。
「どうして部下を問いただして叱責するのですか?」
「部下を叱責することで、利益が上がるのですか?」
「パワーハラスメットって知ってますか?
などなど。
もう問い詰めたくて仕方がない。
正義なんて薄甘いものじゃありません。
ただなぜ人をうつや自死するまで追い込むのか、
理由が知りたい、動機が知りたい。




そして加害者に限りなく優しい日本の法律。
是正勧告で済ませちゃうんだ。自殺者出てるのに。

まあねえ、電通は罰金50万円で済んでますからねえ。
なんで長時間労働が、利益になるって考え方ができるのか、
そこが知りたいのですよ。
そしてやはり機能していない産業保健。
企業はどう考えてるのかな、社員の健康のこと。
「死んでも代わりがいる」って使い潰してきたから、
もう代わりはいないんですよ。
人口減ってるし。
厚労省は、企業を甘やかしてなんかメリットあるんすかね。

ワタクシにハラスメントした某看護系教授、
研究テーマが「メンタルヘルス」です。
口癖は
「お前は夢遊病者か」
「這ってでも来るべきだった」
「頭を下げて謝罪して」。
メールが気に入らないと呼び出して、
プリントアウトしたメールを延々読んで意味を聞く。
やたら二人きりになりたがる。

こういう人が
「メンタルヘルス」「労働者の健康」を
担当してるんですよね。