柿次郎さん、ご自身でブログ記事にしてらっしゃいます。

宇野常寛さんの番組
『HANGOUT PLUS』出演まとめ(徳谷柿次郎)

徳谷柿次郎さん、存じ上げなかった方です。
でもバーグハンバーグバーグに関わってらっしゃった方、
ただ面白いだけですまない匂いがしました。

せっかくインターネットという、離れた場所でも繋がれる道具があるのに、
SNSのタイムラインを眺めるたびに、
「これは地方住まいのワタクシには関係ない」
「このイベント東京であるなら、ワタクシには関係ない」と、
距離感をより感じさせる道具となってます。

東京に限らず、他の都市も同じ。
大都市でなく、鳥取・島根・高知・愛媛など、
地方でイベントがあっても
「あーコレ行けないや」で興味がなくなる。
ただワタクシが出不精なだけですが。
ネットでも埋められない出不精なのですね。

地方創生とか言ってますけど、
「外部の意見を取り入れて」っていうのが
ほとんどない。
「内閣官房地域活性化伝道師」という、
博報堂など大企業に勤めていたけど、
全然SNSを使った広報の仕方を知らないおじさんがやってくるだけ。
こういう人は、自分の自慢話しかしないから、
「地方活性」なんて全然考えてない、
というより考えられない高度成長期ゾンビ。

参考にならない意見を聞いて、
内輪の満足だけで終わっていくのが地方の現状。
だから「ゆるキャラが大量発生」したり、
しょぼいイルミネーションが冬のイベントになったり、
「B級グルメ合戦」になったり。

ガチで一つの地方でぐるぐる同じことを繰り返さないためには、
やっぱり消耗する都市だけど、東京の視点は絶対必要。
もちろん十分人材は吟味して。
高度成長期・バブル期ゾンビは論外です。
客観的な考え方をすることができるのは、
なんでもあるカオスな東京だけですから。

だけど、東京抜きで地方がつながるのも面白いですね。
今イケハヤさんがやってますけど、
東京人がほとんどいないらしいし、
会場全部地方ですから。

世の中よく見ないと、面白いこと見逃してしまいますね。

柿次郎さん、言葉のセンスとアイディアがナイスです。
「忖度のミルフィーユ」
山梨と長野で連邦軍を作っていて、
 そこに群馬が加わって、3県で東京を追い込む、
 という計画をしていたりする」

長野ってツッコミカルチャーが
 アルプスによってせき止められているので、
 ツッコミという抑止力がまったくない」

「薪割りしたいから長野に行った」
「イオンに虫のように吸い込まれる」
 (事実です)

徳谷柿次郎さん、いい物件です。
追いかけるリストに入れました。