special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
 

本職を離れ、1年2ヶ月経ちました。
正社員になる気は、全くございません。
面白いくらい、医療系の仕事に
復帰する理由も気力もないのです。

正社員で雇ってもらえるのには、
ギリギリの年齢です。
ええ、アラフィフですもの。

同年代の平均より貯金が少なくても、
正社員でガシガシ働くよりは、
フリーランスでゆるく長く働くほうが、
身体にも心にも優しいと考え、
今に至ります。

フリーランスになれば、
「あの人年の割には仕事できないね」など
陰口叩かれ、職場の心地が悪くても、
しがみついて働かなくてもいいのです。

1.ワタクシが正規雇用に魅力を感じない理由

時給換算すれば、正社員って
時給1000円以下なんですよ。
 

医療機関に正社員として勤めれば、

もれなく勉強会担当・研究担当・
指導教育係などなど、

複数の役割がのしかかります。

休日出勤・サビ残当たり前。

 

有給休暇とれないし、ボーナス出ても、

月給少ないから、
労働の対価に見合ってない。
 

体力・気力衰えてるのに、
休み関係なくガシガシ働く。

定年までそれが続くと、
心身壊して当たり前です。

数回潰れたので、
「正社員で働かない」と学んだのです。

2.その「ちょっと」が我慢できない

「あと少し我慢すれば、定年じゃない?」

よく言われますが、

そのちょっとの我慢をしたくないんです!!!!

 

西原理恵子さんの漫画で、
離婚したい老母を

「親父はもうすぐ死ぬから。」

と離婚しないように
子どもたちが説得します。


お母さんは、

「そのちょっとをがまんしたくない」

そう言い切って、離婚に踏み切ります。

 

はい、逃げ切るまでちょっとと
思うでしょう?

ほんとにちょっとと思います?

姑子姑にいびられ、機嫌をうかがう日々を

ちょっとでも送りたいです?

 

それと同じことです。

時代の変化についていけない
高度成長期・バブル期ゾンビ。
 
口を開けば止まらない

自分の苦労話・自慢話・グチ。
 

効率悪くても、虫のように動き回れば
働いていると判断する人々。

もうこんな人たちと一秒でも
一緒にいたくないのです。

もうね、今の仕事の人間関係が嫌なの。

そのちょっと我慢して、
何のいいことがあるんでしょう?

3.フリーランスでゆるく長く働く         
  ーパートタイム含む

「好きなことを仕事にすべき」
これはとても新しい考え方です。
 

古いおじさんたち、
逃げ切れる世代には
「甘え」「遊び」としか
考えられないのでしょう。
 

好きなことを仕事にできなくても、

やってることが好きになれた人たちは
楽しそうですよ。

どんなにハードワークでも。
 

だから、好きに生きていきたいので、

フリーランスになりますよ。

野望はありません。

望むのは、ただただ平和な日々。
心が穏やかな日々です。
 

まだ結果は出ませんが、
ブログ・noteをやってます。

がっつり儲けなくてもいいんです。

機嫌のいい人生を送るために、
パートタイムとブログで

ぼちぼち稼げれば、
誰の顔色も伺わずに働けます。

 


まとめ
 

他人様の顔色を見て働きたくない。

アラフォー以上だと、正社員は心身ともに

消耗するだけです。
 

だけど収入は必要です。

だったら自分の好きなことで
稼ぎましょう。

好きなことがなければ、
嫌じゃないことで稼ぎましょう。


仕事辞めても何とかなる、
副業を見つけておきましょう。

ご機嫌な人生を送るために。

        やすじろうって何してきた人?IMG_0978
       高齢者おひとりさま生活をハックする
       やすじろうのプロフィール。 はこちら。






                   オススメ副業セットです。