special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

なりゆきで老親と同居して3年目になります。
一緒に住んでみると、老親不便な生活をしています。

元々の性格が保守的なので、新製品や便利なものを試せない。
おまけに店員さんに遠慮して、欲しいものがどこにあるのか聞けないのです。

不便な生活を続けているから、別に不自由を感じていないのです。
ワタクシが一人暮らしの時、 全自動洗濯機をみて、便利さに驚きずっと二層式洗濯機だったのを買い換えました。

これくらいです、自分で便利なものを買ったのは。
同居して老親に買いそろえたものは3点。
それを紹介しますね。


1.泡のボディソープ

 

年寄りらしく、肌が乾燥して痒い父親。
 
泡のボディソープが好きなことが判明しました。

固形石鹸を使ってボディタオルでこすると、もちろんかゆみはひどくなります。

 皮膚科でクリームをもらっていますが、かゆいのだそうです。

 

泡のボディソープだと、泡でなでるように洗えばいいので、こすらなくてすみます

泡であればいいので、メーカーはどれでもいいと言っております。

うちには娘さんの匂いのするおじいさんがいます。

2.ブルックスのお茶

posted with カエレバ 



お気に入りがブルックスのティーバッグの日本茶です。

急須に葉っぱ入れて飲むのが面倒らしいです。
おまけにコーヒーもインスタントコーヒー。

ドリップするのが面倒なのです。
 

一人暮らしのアパートメントを引き払った時、捨てずに持って帰ったブルックスのお茶がえらく気に入り、じゃぶじゃぶ飲んでます。

ティーバッグだから、お茶の葉の後始末も楽なんです。

3.ダイソンの掃除機

これは以前帰省した時に買いました。
高齢でも使いやすいのはダイソンです。しかもコードレス。

軽くて丈夫で使いやすくて、父親も使ってます。

サイクロン式は紙パック買わなくてもいいから、それも使いやすいんですよ。

 掃除機が壊れてどれ買っていいか、わからなかったんですって。

 

紙パックの掃除機しか知らない母親、家電量販店の店員さんと話しするのがイヤらしく、さらに商品がありすぎて選べない。

 

いつまでたっても買う様子がないので、母の日・父の日合わせてのプレゼントにしました。

まとめ

親孝行のつもりは全然ありません。
 

老い先短いですから、必要なものは知れてますし、長持ちする商品を買っておけば、買い換える必要はありません。

 

年代的に浪費するよりも、始末して生活する人たちですから。

高価なものは欲しがりません。
 

好きなものと便利なもので暮らしていけば、わりかしご機嫌にしております。

 

老親がご機嫌であれば、ワタクシが好きなことができるのです。

 



      やすじろうって何してきた人?IMG_0978

    高齢者おひとりさま生活をハックする、
    やすじろうのプロフィール。 はこちら。 






お買い物はこちらが便利