special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

小さな目標やこまめなご褒美を
たくさん置いておくように。 
つらい日々でも人間は、
目の前の人参に騙されやすい
生き物だからね。 
by 高須克弥さん。 

「自分の機嫌は自分でとる」
この言葉を聞いて、目から
コンタクトが落ちました。
やすじろう@2700_hermosoです。
「機嫌って、他人にしかも自分より
弱い立場の人がとるもんじゃないの?」
という呪いから解き放たれました。

ということは、自分がご機嫌でいるために、
自分の好きなことしていいのね?と
喜びました。

他人の機嫌をうかがう事で、
自分の機嫌が左右される時期が
長かったです。
わけわからず荒れ狂う人や、
モラハラクズ実兄と離れるときに
「他人の機嫌をとるほどの徒労はない」と
考えました。

自分の機嫌をとってもらおうなど
他人に無理を押し付けてはならないと、
考え直しました。

自分の機嫌が悪い時の
周りの立ち振る舞いを見て、
自分のしていることの愚かさを
思い知らされたからです。

「自分の機嫌をとる」という言い方を
知ったのは最近ですが、
常に不機嫌なワタクシが
8つある
自分の機嫌の取り方を説明しますね。


1.お菓子を食べる

アルコール禁止になってから、
お菓子を食べる習慣がつきました。 
甘いものとしょっぱいものの
ループを楽しみます。
かっぱえびせんとアイスクリームとか。
大量にドカ食いはしません。

2.ハーブティを飲む

身体壊してから、ハーブティを
飲むようになりました。
コーヒー・日本茶・紅茶も飲みますが、
疲れた時とか気分が落ち込む時は、
ハーブティを飲みます。
種類はカモミールとミントです。
ポットに入れてガブ飲みします。

3.寝逃げする

誰かに当たり散らしそうな時、
がっつりと落ち込んだ時
布団かぶって寝ます。

ホットカーペットや
ゴザの上で寝るのもありです。  
眠ってはないし、眠っててもいいです。
 
寝逃げするときには、
抱き枕・タオルケット・  
毛布を季節に合わせて使います。
耳栓も必須、誰の声も聞きません。

4.原爆ドームを見に行く
原爆ドームは、昔から好きです。  
近くに川が流れて、適度に静かで、
場所がいいんです。  

繁華街に出たら必ず原爆ドームは
見ますし、写真にも収めて
いつでも見られるようにしています。

5.誰にも会わない・電話に出ない

電話に出ません。
だから携帯電話を持つのも
遅かったんです。  
電話は身近におかず、
カバンの中にほり投げてます。  

そして人と会う約束をしません。
徹底して人を遠ざけます。  
他人と関わることで、
自分が消耗したくないからです。

6.旅行に行く

月一回、お手頃な値段で行ける場所に旅行に行きます。  
ホテルの接客は有料ですが、
それでも他人にケアしてもらうことは  
気持ちいいです。  

あと余計なこと考えなくて
済みますからね。
掃除とベッドメイクは
担当の方にしていただけますし。  

テレビ見て、散歩して、本読んで、
地元のスーパーをのぞくなど
しております。  

7.脳内で呪いをかける

SNSで呪いをかけると晒されますし、
アカウント凍結されます。  
ですから脳内で呪いをかけます。

少しでもワタクシを不愉快にさせたヤツ、  
盛大に背中から刺すような
真似をしてくれたヤツ全員にかけます。

最近のお気に入りは、
脳内でアスファルトに正座させ、
大きな石を抱かせることです。
脳内でしている事なので、
誰にも気づかれません。

8.好きなドラマ・映画を見る

仕事を辞めてから、
朝ドラは必ず見ます。
大河ドラマも同じくです。
映画は映画館で見るのが
一番ですね。
DVDや無料配信サービスは
フル活用してます。

まとめーご機嫌に暮らすために

自分のご機嫌をとるのに、
大金は必要ありませんね、
ワタクシの場合は。
ただ「自分のご機嫌とり」と称して、
ハイブランドのものを買い漁る・
ホストクラブに入れあげるとなったら、
受診します。

他人に機嫌を取らせる輩とは
離れましょう。
ある時期まで、他人の機嫌をとるのに
必死でした。
だからモラハラホイホイだったんです。

相手が気にいるように動き、
機嫌が悪ければ機嫌を取り・・・
何してたんでしょう。
パワハラで身体壊してから、
自分をなだめることに
注意を向けるようになりました。

大したことではありません。
「自分のことは自分で整える・守る」という、
当たり前のことをしてなかったのです。
他人の顔色見るより、
自分のご機嫌うかがった方がいいです。

2018.9 記事挿入用イラスト

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。






旅行などはこちらをご利用してみては?