special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

アラフォーになったら、女性誌ではなく
岩井志麻子さんのエッセイを
読みましょう。

岩井志麻子さんの分析に
いつも首が折れるほどうなづき、
抜けるほど膝をうつ
@やすじろうです。

岩井志麻子さん、メディアに出てますが
ほとんどしゃべりません。
無口なのではなく、
カットしてあるんです。

放送向けの話をしない方なので。
エロ話しかしない印象がですが、
女に対しての洞察力は鋭いです。

特に妙齢の女性・事件を
起こした
女性
木嶋佳苗上田美由紀)の

リポートものは、 胸が悪くなるくらい
丁寧に取材してらっしゃいます。

岩井志麻子さん、
めっちゃ奇抜なおばさんですが、
エッセイを読むとどんな熟女がモテるか、
女の老いを際立たせることなど、
中庸な熟女についても
よくご存知です。

ワタクシが岩井志麻子さんから学んだ、
イタいおばさんにならない
身だしなみを書きますね。

1.若作りは老いを際立たせる

これは岩井志麻子さんの金言です。
取材でシニア層の合コンに
参加した時、 コギャル(死語)の
格好をした熟女がいらしたんですって。

年若娘さんの履くヒールの高い
ブーツ履いてオシャレしてる熟女さん。
でもね、動作がどうしようもなく
年寄りくさいって。

熟女、膝がやられてるから
高いブーツ履くとよろめいて、
格好が決められない。

洋服もそうです。
熟女は体型が崩れてくるから、
年若娘の洋服を着ると、
肉が服の上に乗る、
服から肉がはみ出すなど、
老いを際立たせるのです。

2.つむじ・おしり・背中で老いは際立つ

後ろ姿は、自分で気づきません。
この3つをおろそかにしていると、
えらい事老けます。

1)つむじ

年若で言えばプリン状態。
白髪染めを忘れていることが、
一発でわかります。

そして、つむじはどうしても
薄くなります。
女性特有の髪の毛の
変化でしょうね。

年若がカラーリングを
おろそかにしても
なんとも思いませんが、

熟女がカラーリングをおろそかにすると、
つむじまで透けて見えて、
一気に年齢を感じさせます。

どんなに洋服・メイク・持ち物が
決まっていても、 後ろ姿のつむじで、
老いを際立たせます。

2)背中

背中が丸くなっているに加えて、
首が短く見えるんです。
これが熟女の後ろ姿。

それに自覚がなく、
サイズの合わないブラ、
この上から洋服を着ると、
肉のミルフィーユができます。

この肉のミルフィーユが
さらに老いを際立たせます。
姿勢も悪くなっているんですよ。
背筋丸みと肉のミルフィーユで、
見た目年齢倍増です。

3)おしり

垂れます、お尻。
ピーマンのように垂れます。

だから選ばずにパンツを履くと、
ショーツのしわ・
はみ出したおしりの肉で、
洋服に無様なしわができます。

よく「ミセスになれば、
ヒップラインがはっきり
見えないように」と
ワイドパンツを
すすめられる理由がこれ。
年若娘の上がったヒップは、
熟女は持っていないのです。

3.美容形成はバランスよく

岩井志麻子さんの、
美容形成のエッセイからです。

四十路の女の初恋相手が
30歳くらい年下の男の子。
その男の子と食事に出かけるけど、
一線は超えない。

四十路の女は年齢の割には
キレイな顔をしていても。

年下男が冷めた理由が
手のシワなんだそうです。

手を見たらそんな気持ちは
なくなりました。
だって、皺くちゃで筋張っていて、
おばあちゃんの手みたい
だったんです。
それで一気に冷めました。

ワタクシが美容整形に手を出さない理由は
これなんです。

顔だけ美しく
若返らせることはできても、
細部に気がつくかどうか。

確かに手で老いはわかります。
他には背中、つむじ、デコルテ、
姿勢など。

顔だけいじくっても、
老いが際立つだけなんです。
見てないようで
見てるんですよね。

いくらババアが若作りしても、
ばれるんです。
っていうか、細かいところも
老けるんですよ。

化粧や服装で取り繕っても、
一発でばれます。

イタくないアラフォーからの身だしなみのために

何をどうしようが、何を着ようが
他人の目を気にしない。
そういう方はそれで
全然構わないのです。

ただ、それが無理した若作りだと、
ものすごくメンタルを
やられます。

安心できないんですよ、
周りが自分を年寄り扱い
してるんじゃないか、
だから若くいなきゃって、
相当な焦りです。

無理しなくて自分の年齢を
受け入れるのも、 自分のメンタルを
平穏に保つために 必要なことです。

だらしなく、
老けていくのではありません。
シニア向けの洋服や化粧品は
随分と垢抜けました。

年若たちの小物も、
違和感ないものがあります。
自分の心の平安のためにも、
他人の目を気にせず、
アラフォーなりの身だしなみをしましょう。


2018.9 記事挿入用イラスト

          やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。