special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。

                   
5日間、外で活動して疲れた、@やすじろうです。 
もう外で働くのは無理と実感しました。

さて、老後のお金の話です。
年齢を重ねることに対して、 日本は不安を煽る報道しかしません。

「年金が少ない」 「老後破産」 「
下流老人」
ハッピーな話はほとんどないです。

じゃあどうやってハッピーな
高齢者生活を送るのよ?と尋ねられれば、
ワタクシは 「副業を持つか、投資するか、起業するかだねえ」と答えます。

アラフォーから副業もつか起業して、ハッピーな老後を送るための計画を書いていきますね。

1.学ぶところはあるイギリス人の老いじたく

興味深い記事を見つけました。 

なぜイギリスの老人は「貯金140万円」で楽しく生きていけるのか

イギリスの人々は「今を生きる」「年をとって自由になる」と、
むしろリタイアメントから老後へのプロセスを 楽しみにしています。

30代、40代から計画を練り、身の丈に合った住宅投資やスモールビジネスを始めるのも生活防衛より老後を自分らしく、楽しく生きたいからです。
その考えに大きな勇気と老後への方向性を 示されたようでした。


日本の「一つの会社に退職金がもらえる定年まで勤める」働き方は、もう崩壊しています。
退職金を十分もらえるかわからない、それより同じ会社に勤め続けられるかも怪しいです。
お金のことだけでなく、定年まで働き続けて、いざ仕事をしなくていい日々をどう過ごすか。

趣味だけではありません。
まだ働ける、でもシルバー雇用では満足できない。
「定年なのに、いられたら困るよね」と陰口を叩かれて、しがみつかなければならない
みっともなさ。
幸せでなくてもいい、自分の居心地がいい生活を送るために何をすればいいかという視点が、全くかけているのが日本です。

特にアラフォー以上世代はそうですよね。
イギリスと制度は違うので一概には言えませんが、 見習いたいライフスタイルです。

2.一つの職場と働き方にしがみつくのは迷惑行為で愚かすぎる

ワタクシが起業するか・フリーランスになるか決意したのは、 アラフィフの頃でした。

老後の生活設計まで考えてなかったのですが、 スモールビジネスで好きなことしかしない、
気の合う人としか付き合わないためにはどうしたらいいか考えてブログをはじめました。
(全然まだ稼げてませんが)

ワタクシは 「嫌になったらやめられる・違う選択肢がある」と考えて働いてきました。
家族を持たない、親が元気、というのもありますが それだけではありません。

多少身体が傷んでいる時も、選択肢がある働き方をしてました。
理由は資格のおかげと節操のない性格でしょう。
ワタクシがいなくても、世の中回っていきますし。
一つのところにこだわる理由はありません。

一つの職場と働き方にしがみついている人を、 たくさん見てきました。
ワタクシが転職するときに、 羨ましがる人もいました。

選択肢を持っていても、「子どもがいるから」 「他に行くところがないから」
「親が・・・」 って、必ず動けない言い訳をしています。
確かに動けない時はありますけど、しがみつく人はその時に何もしてないです。

待っててもキャリアはつかないし、業績はあげられません。
おまけにしがみつく人は、振り落とされないように
責任転嫁して自分を守るのに必死です。

ついでにアップデートできてないので、新しいやり方についていけません。
しがみつく人ばかりの職場には、 新しい人は寄り付きません。
しがみつく人たちに潰されるからです。

古いやり方で上に媚を売って、 新しい人を振り落としていく。
どれだけ迷惑なことかわかりますよね。
「こうはなりたくない」という反面教師にはなりますが。

3.年若たちを絶望させるのは、ただの産業廃棄物

高度成長期・バブル期ゾンビをワタクシは「産業廃棄物」と呼んでいます。

年齢なりに役立つことを教えられない。
口を開けば根性論と昔話。
ICTは使えない。
仕事場に必要でしょうか?

職場で使って用がなくなったものは、リサイクルに出せません。
だから産業廃棄物。
処分するのにお金かかるし、手間かかるし、 自分から消えることもできないのです。

ストレスの塊となって、他人や社会を恨んで、 リタイアメントしたら悠々自適を描くほど
貧しいことはありません。
これは産業廃棄物が年若たちにまき散らしている有害なものです。

もう給料上がらないんならさ、一ヶ月の休暇とか、 副業認めるとか、 息継ぎのできる働き方を提案しなきゃです。
これは高度成長期・バブル期に働いてきた人たちが、 痛いほど身にしみていることです。

ただただ結果考えずに働いてるから、息苦しいんですよ。
年若が絶望する世の中って、 どうなんでしょうね。
絶望させているのは、産業廃棄物の人々と自覚してください。

まとめ

温浴施設を堪能したある日、 無料送迎バスでたまたま聞こえてきた会話です。
もう年金受給中の御歳なのでしょう。

「年金が少ないっていうけど、私は別に今のままでいいわ。 半分に減らされたら困るけど」
「たまに外食して、こうして温泉に来て、それで十分やっていける。」 などなど、
会話は弾んでおられました。

シルバー割引の施設やサービスをフル活用して、 楽しんで生活している感じが伝わってきました。
おそらく収入源は年金だけ、 あとは自分の貯金などでやりくりしてらっしゃるのでしょう。

自分の収入に見合った楽しみを見つけて生活する。
ぜひ見習いたい心構えです。

ワタクシたちの年代は、もう社会保障は当てにできません。
今の世の中、しがみつかず、自分のやり方で働くことはできます。

「貧しい」「不安だ」としがみつくより、 小さく稼いで楽しく働くシニアライフの方が
ハッピーじゃないですか?


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、

フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。



副業するならこちらがオススメ