special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。


「支配・非支配・共依存の人間関係は直ちに断ち切れ」
同じことを何度も言っている@やすじろうです。
 理由はトンデモ医療・マルチ商法・新興宗教などの入り口に簡単に立たされるからです。

 人づきあいがややこしくなるだけでなく、財産を持っていかれ・まともな人間関係をなくし・自分の心身が危険にさらされます。これは他人をコントロールする側・される側のどちらにも起こる危険なことです。

 支配・被支配の関係
は、加害者が被害者の心理的・経済的な暴力で被害者を抑圧・虐待します。共依存は相手に自分を頼らせることで相手を支配しようとする人と、その人に頼ることでその人の自由を奪おうとする人との間に成り立つ関係です。トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教は、支配・非支配・共依存の関係を巧妙に作り、信者を増やします。

 アラフォーすぎると気力体力が落ちます。だからいざ支配・非支配・共依存の関係になったら振り切るために、尻の青いころの何倍も労力を使います。おまけに冷静な判断力も無くなるのです。だから「これはヤバイ」と感じたら、何のためらいもなくその人と関係を断ち切っていいのです。

 自分の生活を脅かされないために、支配・非支配・共依存の入り口をまとめてみました。

1.他人への指導やアドバイス

 仕事で後輩・部下などを指導しているつもりが、自分の思い通りに行動するようにコントロールしています。反対に後輩から「先輩・上司はこうあるべき」とコントロールされることもあります。

 指導やアドバイスをしている時「なぜ自分の意見や考えを参考にしないのか」、「先輩・上司がしっかりしてくれたら私は気持ちよく働けるのに」と思った時が入り口です。 ちょっとでも自分の意見や望む役割を期待する感情を持つと、少しずつ行動に移していくのです。相手が自分の思い通りに行動しないと腹立たしくなり、言葉の暴力が始まります。  

 プライベートでも同じです。自分が試してよかった商品や健康法などを会話の話題にあげます。「ふーん、そうなんだー」で、その話題を流してはくれません。次に会った時に「こないだ話したことやってる?」などと問い詰められます。自分がいいと思ったものは、相手もいいと思わなければならないのです。
 これも支配・非支配・共依存の入り口なのです。

2.他人の相談に乗る・困り事を解決する

 「私の周りの人はいつも困ってるから、私がいなきゃ!」と思ってる人、共依存関係が完成してます。共依存は一見仲が良いと思われがちですが、世話を焼くことでしか自分の存在を確認できません。相手は問題を起こすことで相手の注意を自分に引き付けます。

 困ったことが起これば、ほっとけばいいのです。いい大人だから自分で解決できます。ですがそれを割り込んできて、「私がいないとダメなんだから!」と世話を焼くのです。
 これもトンデモ医療・マルチ商法・新興宗教の主催者・信者が利用する人間関係です。
 いったんハマると足抜けできないのは、共依存関係にあるからです。

3.個性的な他人と出会う

 「この人をわかってあげられるのは私だけ!」と、厨二病をこじらせている人がよく言います。気難しい人は自分にだけ笑顔を見せる・本音を話すなど本心を打ち明けていると勘違いさせます。

 気難しい人は支配したい人だから、8割罵倒して2割本心を打ち明けるふりをして、相手を支配していきます。本当の本心は絶対に話しません。もし気難しい人に接して「この人の理解者になろう」という感情が少しでも湧いたなら、直ちにもみ消しましょう。
 相手は息を吸うように人を支配していきますから、あっという間に取り込まれます。

まとめー支配・非支配・共依存はまともな判断力がなくなります

 パワハラ、モラハラ、アカハラを受けたワタクシに足りなかったものは、スルー力でした。  ガッツリ支配・被支配の関係が出来上がる前にスルーしなかったから、まともな判断力がなくなり心身にダメージを受けました。  

 それでも幸いなのが、トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教関係の人たちと支配・被支配の関係にならなかったことです。この3つに取り込まれていたら、絶対に足抜けできずに少ない財産と大切な人間関係を失っていました。  

 トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教の勧誘は、素人ではとても断わりきれません。まともな判断力がなくなります。だからこの3つが近寄ってきたら、全力で逃げましょう。
 逃げなければ相手は人数を増やしてあなたを追い込み、簡単に巻き込んで搾り取られてしまいます。  

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 

 




自分の人間関係を見直すために、情報を集めるのもよいですよ。