おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

リプロダクティブヘルス/ライツ

成人したら自分の身体は自分でケアしなければならない件。

成人式の日、変わったんですよね。
何を今さら、なのですが。

みなさま20歳になって晴れて大人になるんですよね。
おめでとうございます。
日本ではハイティーンで知っておくべきことを教えないので、
ワタクシがフォローしている方が大人の嗜みを教えてくださってます。

大人になって、
「性交渉したら妊娠する・性交渉で感染する病気がある」ことを知らないと、
他人を不幸にします。
あなたは「関係ない」と逃げられても、
相手は逃げることができないのです。

20歳といえば、まだ学生の人もいるでしょうし、
働いていても収入が少ない人もいるでしょう。
そんな時に病気にかかってしまうと、
あるいは妊娠してしまうと、
自分の進路を断念しなければなりません。
どれだけの学生が
「妊娠しても学業を続けるし、子どもも育てる」と言い切って、
行動できるでしょうか。

生きていくのに必要なことです。
みなさん性行為感染症にはくれぐれもご注意を。
そして男性はヤリ逃げをしたら呪いがかかることを忘れずに。



 

「性は勝手に学べ」と言われても・・・その結果どうなってるか知ってます?

未成年は性に関することは禁止事項。
高校卒業したら、「彼氏・彼女はできたか」
社会人になれば、「結婚相手は見つかったか」
成人してから、性って解放されるどころか野放しになるんですよ。
禁止事項から、奨励事項になるんですよ。
ついていけるわけないでしょう。






怪しげなサイトで拾った知識で、性交渉して、その結果身体痛めるんですよね
ティーンエイジャーの「女の子が妊娠して・・・」はよくメディアで見るんですが、
男の子は見ないんですよね。
やっぱやり逃げだな。
男の子の意識調査してほしいもんだ。
よほど誠実な人でない限り、男の子は甘い言葉で女の子に近づくし、
女の子は自分の身体を武器にして愛情を手に入れようとする。
その結果、身体痛めるんですよ、どっちも。

避妊も大切だけど、性行為感染症の予防も大切。
最近の性感染症 の動向 - 厚生労働省、これPDFで取れますので、
参考にして見ていただければ。

このお二方の情報を、ワタクシは信頼しておりますよ。





 

アフターピルっていうんだそうですーなぜ手軽に手に入らない仕組みを作る?




アフターピル、初めて聞きました。緊急避妊薬も知らなかったです。 
こういうの、手軽にアクセスできるようにしてください。
だって望まない性交渉の後、妊娠するかもしれないんですよ?
理想はコンドームやピルを使った避妊ですけど、
それができない場合ってありますよね。
産婦人科学会って、結局男の人の勝手な考えで牛耳ってるから、
これで困る人がいるって考えられないんでしょうね。
だって利益減るもの。
診療費とか中絶の手術費用とか、稼げないもんね。
1秒でも早く市販化して、望まない妊娠で身体を痛める女の人が減りますように。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。







 
 

DV・やり逃げ男は国家レベルで追い詰めろ。





さすがヨーロッパ、きびしいんすね。
やり逃げ、離婚育児放棄は許さず、国際手配までするとは。
これが個人主義の文化の国のやり方か。
日本政府、見習ってくださいよ。
だっておかしいでしょ、不利益をこうむったほうが苦労するのは。
婚外子でもきっちり養育費もらっていたらいいですけど、そうじゃないでしょ。
やり逃げ男に責任をきっちり負わせて見せしめにしてくれ。
個人の努力じゃどうにもならないことの責任を負うのが国家だろ?

凡庸に、中庸に・・・
















性教育とか子どもを産むとかー罰しちゃダメですよ。




常に未成年の女の子が出産して赤ちゃん捨てたって言うニュース聞くんですけど。 

ヤリ逃げした男を問いただすのはもちろんぜひやりたいことですが、

妊娠した女の子だけ退学とか遺体遺棄で罰せられるのは何故なんでしょう。

避妊の方法も大切だけど、もし妊娠した場合のことも教育してほしいよね。

犯罪者にならないためにも。

うちゃかさんのツイート、言い換えれば

「あなた達今ボーッと妊娠出産とか児童福祉云々聞いてるかもだけど、

ゆくゆく自分が妊娠出産して育児する際に

解雇や虐待や貧困に巻き込まれたりした時のために

これらを教えてるんだからね」

となります。

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。




やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう