おひとりさまで、やってやる!

ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

お金

アラフォーオンナおひとりさまは、正社員で消耗せずにフリーランスでゆるく働く

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
 

本職を離れ、1年2ヶ月経ちました。
正社員になる気は、全くございません。
面白いくらい、医療系の仕事に
復帰する理由も気力もないのです。

正社員で雇ってもらえるのには、
ギリギリの年齢です。
ええ、アラフィフですもの。

同年代の平均より貯金が少なくても、
正社員でガシガシ働くよりは、
フリーランスでゆるく長く働くほうが、
身体にも心にも優しいと考え、
今に至ります。

フリーランスになれば、
「あの人年の割には仕事できないね」など
陰口叩かれ、職場の心地が悪くても、
しがみついて働かなくてもいいのです。

1.ワタクシが正規雇用に魅力を感じない理由

時給換算すれば、正社員って
時給1000円以下なんですよ。
 

医療機関に正社員として勤めれば、

もれなく勉強会担当・研究担当・
指導教育係などなど、

複数の役割がのしかかります。

休日出勤・サビ残当たり前。

 

有給休暇とれないし、ボーナス出ても、

月給少ないから、
労働の対価に見合ってない。
 

体力・気力衰えてるのに、
休み関係なくガシガシ働く。

定年までそれが続くと、
心身壊して当たり前です。

数回潰れたので、
「正社員で働かない」と学んだのです。

2.その「ちょっと」が我慢できない

「あと少し我慢すれば、定年じゃない?」

よく言われますが、

そのちょっとの我慢をしたくないんです!!!!

 

西原理恵子さんの漫画で、
離婚したい老母を

「親父はもうすぐ死ぬから。」

と離婚しないように
子どもたちが説得します。


お母さんは、

「そのちょっとをがまんしたくない」

そう言い切って、離婚に踏み切ります。

 

はい、逃げ切るまでちょっとと
思うでしょう?

ほんとにちょっとと思います?

姑子姑にいびられ、機嫌をうかがう日々を

ちょっとでも送りたいです?

 

それと同じことです。

時代の変化についていけない
高度成長期・バブル期ゾンビ。
 
口を開けば止まらない

自分の苦労話・自慢話・グチ。
 

効率悪くても、虫のように動き回れば
働いていると判断する人々。

もうこんな人たちと一秒でも
一緒にいたくないのです。

もうね、今の仕事の人間関係が嫌なの。

そのちょっと我慢して、
何のいいことがあるんでしょう?

3.フリーランスでゆるく長く働く         
  ーパートタイム含む

「好きなことを仕事にすべき」
これはとても新しい考え方です。
 

古いおじさんたち、
逃げ切れる世代には
「甘え」「遊び」としか
考えられないのでしょう。
 

好きなことを仕事にできなくても、

やってることが好きになれた人たちは
楽しそうですよ。

どんなにハードワークでも。
 

だから、好きに生きていきたいので、

フリーランスになりますよ。

野望はありません。

望むのは、ただただ平和な日々。
心が穏やかな日々です。
 

まだ結果は出ませんが、
ブログ・noteをやってます。

がっつり儲けなくてもいいんです。

機嫌のいい人生を送るために、
パートタイムとブログで

ぼちぼち稼げれば、
誰の顔色も伺わずに働けます。

 


まとめ
 

他人様の顔色を見て働きたくない。

アラフォー以上だと、正社員は心身ともに

消耗するだけです。
 

だけど収入は必要です。

だったら自分の好きなことで
稼ぎましょう。

好きなことがなければ、
嫌じゃないことで稼ぎましょう。


仕事辞めても何とかなる、
副業を見つけておきましょう。

ご機嫌な人生を送るために。

        やすじろうって何してきた人?IMG_0978
       高齢者おひとりさま生活をハックする
       やすじろうのプロフィール。 はこちら。






                   オススメ副業セットです。


 

ホントにそんなにお金が必要?ワタクシ貯金600万円で老後を迎えます


色々お得なふるさと納税です。


アラフォーオンナおひとりさまの方々、
老後資金は一体いくら必要かと
悩んでおられますか?
定期貯金が600万円の@やすじろうです。

アラフィフの平均貯金額は
約700万円だそうです。
(singlewomen by ピントル
fincle参照)
アラフィフ・オンフィフの
平均貯金額700万円を下回るワタクシは、
それほどお金の心配はしていません。

なぜなら住宅ローンはないし、
家族を持っていません。
老いた両親がおりますが、
元医療従事者なので、 お金をかけない介護を
プランニング中です。

この記事では、オンナおひとりさまが
安心した老後の生活を送るために
必要な金額の考え方について
ワタクシなりに説明していきますね。



1.老後資金ホントに3000万円も必要なの?

世間様は「老後に3000万円は必要」
「これから高齢者の社会保障は減額する」
などと、不安にさせてくれます。
お役目終了した年寄りに、
手厚い保証など無用という方策です。
(ちょっとは欲しいけど)

「おまえら、自分で財産持っとけ」と
軽く世の中があおってるんですね。
世の中のあおりで、
「貯金が3000万円ないと、老後が苦しい」と
思い込まされています。

特にオンナおひとりさまは、
世間様のあおりで 「お金がない」と
思い込まされています。
じゃあ、本当に今から3000万円
貯めなければならないのでしょうか?

1)家賃

まず家賃から考えましょう。

不動産を持っているおひとりさまでなら、
ローンを払いきれば
家賃の心配はいりませんね。
固定資産税は払わなければなりませんが、
毎月じゃありませんし。

賃貸住宅にお住いのおひとりさまは、
そのまま家賃を払えばいいので、
約6万円〜10万円あれば良くないですか?

2)生活費・光熱費

生活費・光熱費は5万円くらいあれば、
やっていけるでしょう。
光熱費を1万円以内に抑えられる
節約術などは、
もう身につけてますよね?

生活費は、若い頃より抑えられます。
食べる量が減りますし、
電化製品など生活用品は
使い慣れたものがいいから、
ころころ買い換えることはなくなります。
自然と生活に関する
出費が減っていく感じはあります。

3)交際費や趣味にかかるお金

交際費も同じ、
若い頃より抑えられます。
物理的に飲み歩きができないですよ、
体力ないから。

「食事しましょうよ」と集まるときは、
ランチ時になります。
ランチメニューは3000円出せば、
相当豪華です。
それも月1回か2回。
場所は住んでいる地域の繁華街。
交通費もかかりません。

生活費・交際費・家賃など
全部合わせると、 ひと月20万円以下に
抑えられるでしょう。
年金プラス10万円あれば、余裕で暮らせます。


2.親の介護・自分の介護に必要な金額

病気をした時などは、
医療費を減額する制度がありますから、
さほど心配する必要はありません。
「両親の介護が・・・」と心配なさる方、
ご両親も年金を受給しておられるのです。

おまけに貯金を持ってらっしゃるはず。
全額あなたが負担する必要は
どこにもないのです。

「介護離職」「両親の介護で借金」は、
マスコミが勝手に不安を煽っているだけ。
困ればケアマネージャーさんや
社会福祉協議会など、
相談窓口はたくさんあります。

病気の治療は介護は、
どこまでやるか・どれだけお金をかけるか、
自分で決める時代です。

あまりにも負担になる金額であれば、
自分の懐に見合った介護や医療を
受けられる仕様にしましょう。

まとめ

資産運用・在宅ワークなど、
今からでもお金を増やす方法はあります。

「老後に3000万円必要」
「両親の介護で破産した」などの
マスコミのあおりは気にせずに、
自分に必要な金額はいくらなのか、
冷静に考えましょう。
絶対マスコミが煽るほどの
金額にはなりませんから。

        やすじろうって何してきた人?IMG_0978      
      高齢者おひとりさま生活をハックする、 
       やすじろうのプロフィール はこちら。



 




ブログ始めるなら、ドメインとサーバは必須です。

 

NTTドコモがポイントで資産運用サービスを始めた件。



 
携帯端末は大手通信会社を利用している情弱、
やすじろうです。 
NTTドコモが ポイントで
資産運用するサービスを始めました。
現金コースとポイントコースがありまして、
ワタクシはもちろんポイントコース。
ポイントが増えれば、小さい額でもコンビニなどで使えますしね。
ポイントだと投資のシミュレーションになるので、
現金が怖い人は向いているのではないかと。
コースは2つありまして、
株式中心の年間変動±16%のアクティブコース
株式と債券を調整する年間変動±12%のバランスコース
もちろんチキンのワタクシは、バランスコースを選びました。
現金運用も対応しているので、
NTTドコモユーザーは是非お試しくださいませ。
特に投資をしたことがない方は、
ポイントで真似事するだけでも面白いですよ。




 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう