オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

無理をしない稼ぎ方(在宅ワークなど)

絶対にマネしてはいけない個人経営ービジネスは変化することがわからない人が起業した結果。

                 special thanks 山本あすか


3年間のアフィリエイト収入が601円の@やすじろうです。
これから成果出しますぜ。

起業を考えてましたが、自称フリーランスにしました。
もうちょっとしたら、個人事業主で手続きします。

個人が起業しやすい時代になりました。
昔は資本金がいくらで・事務所構えて・ハンコ作って…果てしないハードルがありました。
今は、そんなに資本金はいらないし、事務所は自分ちでいいし。

ですが、情弱で経営者の自覚なく起業したため、えらいことになっている会社があります。
この会社から、絶対にやってはいけない起業と会社経営を学びましょう。

あやまちその1ー株式会社で起業する

株式会社は信用度は高いけど、 コストがかかります。
だから収入を考えて個人事業主(フリーランス)から一般法人や株式会社に変えるやり方が
リスクは少ないです。

ですがこのオンナ(りなさんと呼びます)、「〜さんが株式会社にしろって言ったから」と
株式会社で起業しました。
「海外から講師を呼ぶのに株式会社でなくてはならない」と言っていたりなさん。

ワタクシ信じておりましたが、自分がフリーランスになるにあたり、海外から講師を呼ぶのに
株式会社であるべき決まりはないことがわかりました。
事実、フリーランスで海外講師をお招きしている人にお会いしましたし。

この時点で経営がマズイとアラームは出ていたのに、本人は気づいてなかったのです。
ボディワーク系の会社ですから、セミナー兼用の事務所を構えたのですが、 よく考えたらセミナー室はレンタルすれば良いこと。
情弱だから、フリースペースを探しきれないのです。
これもりなさん、「〜さんが事務所借りろって言ったから、〜さんにセミナー室レンタルを
反対されたから」と、全て他人事なのでした。 


あやまちその2ー赤字対策が受講料の値上げ

りなさん、「値上げすれば収入が増える」と考え、受講料1万円の値上げをします。
りなさんは「アメリカに行って身につけてきたことだから、安くはできない」と妙な自信を
持っていました。

「売れない方がおかしい」と考えていたのです。
宣伝文句は「アメリカに留学したと思えば安い安い!」
受講生のほとんどは医療系が仕事で、3日間休むのも難しい人たち。
しかも受講料は自腹。滞在費交通費も自腹。

一回6万円のセミナーに、しょっちゅう来れるわけがありません。
おまけにりなさんの、ヒステリックな教え方。
なぜ受講生が減るのか、りなさんはわかっていません。もちろん今も。

起業した時点で大赤字ですが、経営が黒字にならないのが不思議でした。
受講料ひとり5〜6万円です。
一回に集まる人数は30人くらいだから合計150万円くらいの収入。

これから海外講師のギャランティ・会場レンタル料を引けば、絶対手元に50万円は
残るのです。
りなさんも講師をやってるので絶対幾らか手元の残るはずなのに、いつも「赤字なの!」と
言っておりました。
起業して時間が経つたびに借金が膨らむ経営です。

あやまちその3ーキャラクターグッズを作りまくる

収益を上げるために、今度はキャラクターグッズを作ります。
ロゴ入りTシャツ、ノート、トートバッグなど。
デザインはもちろん「これは誰が着ようと思うの?」というもの。

これも価格設定がおかしくTシャツ3000円くらい、トートバッグ2000円くらい。
「お揃いで着て、連帯感を高めよう!」「ボディワークの普及のために」など宣伝しますが、
もちろんおつきあいで買う程度。
在庫を常に抱えてました。

のれん分けした時に大量に余るキャラクターグッズを無料で配ってましたが、絶対お金もらってもいらないくらいカッコ悪いものでした。

もちろん、これも赤字のもと。借金は膨らんでいきました。

あやまちその4ージジイがオフィスと経営をしきりまくる

りなさんは自分が会社の経営者という自覚が全くないままです。
だから産業廃棄物的なジジイが近寄ってきて、勝手に経営を仕切るわ、オフィスを自由に使われるわ。

おまけに平成の御世にダイレクトメールを大量に郵送していました。
登録してある、とある地区の介護保険事業所全部ですから相当な量です。
もちろん費用の負担はりなさんです。
ジジイから言われるがまま、ダイレクトメール作戦を実行したのです。

ちょっとした集会を開くのに、よくオフィスを貸していました。
レンタル代をもらわず「お世話になっているから」と言いますが、はたから見るとジジイが
無自覚に人のオフィスを勝手に使っているだけです。

某大手広告会社勤務の高度成長期バブル期ジジイが、りなさんの会社の顧問をしていました。
このジジイ、時代が止まってるわ、自分語りに酔いしれるわ、実は何の業績もないのでは、
という産業廃棄物。

広告・宣伝はSNSの時代なのに、新聞広告にこだわり二言目には「プレスリリース」。
SNSはジジイもりなさんも「おいしいランチ♡」「今日はゴルフ!」という投稿だけ。

セミナーについて投稿しないのか尋ねると、「著作権漏洩になるから」と
ボディワークのことは一切タイムラインに投稿しません。
フォロワーがつかないからTwitterをやめ、ブログの更新は月に一回以下。

「忙しい」と言いますが、その無駄話をやめたらいくらでも時間は作れるとはたから見て思っていました。

まとめー自分に価値があると信じて疑わない結果

りなさん、ワタクシと長年の交流がありましたが、向こうから絶縁状を突きつけてきて、
今は音信不通です。

りなさんの近況は、会費や教材費の値上げがとんでもなく、受講生は別の団体に相談して
移籍しているため、さらに受講生が減る悪循環でさらに赤字の状態だそうです。

りなさんの経営不振の一番の原因は、自分に価値があると信じて疑わないこと。
もう一つは時代の変化についていけないこと。
もうバブル時代のやり方は通用しません。

物販はリスキーです。 アメリカに渡り勉強して、最新のケアを身につけるために高額な費用がかかった。
そんな私が教えることは、絶対価値があると信じています。

動画サイトやSNSを使わないのは「自分が手間ヒマかけて身につけたことがタダで見られる」という理由。
「こんなに価値がある自分に、宣伝しなくても人が寄ってくる」とお高くとまっていました。

「優秀な私はちやほやされてもおかしくない」と考えていますから、怪しい人でもちやほやされれば受け入れます。
結果、自分の会社は怪しい人たちが
経営することになります。
怪しい人たちに、「集客につながるから」と言いくるめられて、場所代払わずにイベントするとか、本来関係ないイベントの仕切りをさせられます。

りなさんは自分に異常に価値があると信じて、綱渡りの経営を続けています。
何が売れるのか見極めることができず、商標登録などに時間と費用をかけるりなさん。
起業する際の反面教師としてウォッチしていきます。



     やすじろうって何してきた人?IMG_0978

         


                   ふるさと納税、お得です。
                
              
副業にいかがでしょう? 





   

アラフォーからゆるく稼ぐー高齢者生活は自分で楽しく計画しよう。

                 special thanks 山本あすか

                   
5日間、外で活動して疲れた、@やすじろうです。 
もう外で働くのは無理と実感しました。

さて、老後のお金の話です。
年齢を重ねることに対して、 日本は不安を煽る報道しかしません。

「年金が少ない」 「老後破産」 「
下流老人」
ハッピーな話はほとんどないです。

じゃあどうやってハッピーな
高齢者生活を送るのよ?と尋ねられれば、
ワタクシは 「副業を持つか、投資するか、起業するかだねえ」と答えます。

アラフォーから副業もつか起業して、ハッピーな老後を送るための計画を書いていきますね。

1.学ぶところはあるイギリス人の老いじたく

興味深い記事を見つけました。 

なぜイギリスの老人は「貯金140万円」で楽しく生きていけるのか

イギリスの人々は「今を生きる」「年をとって自由になる」と、
むしろリタイアメントから老後へのプロセスを 楽しみにしています。

30代、40代から計画を練り、身の丈に合った住宅投資やスモールビジネスを始めるのも生活防衛より老後を自分らしく、楽しく生きたいからです。
その考えに大きな勇気と老後への方向性を 示されたようでした。


日本の「一つの会社に退職金がもらえる定年まで勤める」働き方は、もう崩壊しています。
退職金を十分もらえるかわからない、それより同じ会社に勤め続けられるかも怪しいです。
お金のことだけでなく、定年まで働き続けて、いざ仕事をしなくていい日々をどう過ごすか。

趣味だけではありません。
まだ働ける、でもシルバー雇用では満足できない。
「定年なのに、いられたら困るよね」と陰口を叩かれて、しがみつかなければならない
みっともなさ。
幸せでなくてもいい、自分の居心地がいい生活を送るために何をすればいいかという視点が、全くかけているのが日本です。

特にアラフォー以上世代はそうですよね。
イギリスと制度は違うので一概には言えませんが、 見習いたいライフスタイルです。

2.一つの職場と働き方にしがみつくのは迷惑行為で愚かすぎる

ワタクシが起業するか・フリーランスになるか決意したのは、 アラフィフの頃でした。

老後の生活設計まで考えてなかったのですが、 スモールビジネスで好きなことしかしない、
気の合う人としか付き合わないためにはどうしたらいいか考えてブログをはじめました。
(全然まだ稼げてませんが)

ワタクシは 「嫌になったらやめられる・違う選択肢がある」と考えて働いてきました。
家族を持たない、親が元気、というのもありますが それだけではありません。

多少身体が痛んでいる時も、選択肢がある働き方をしてました。
理由は資格のおかげと節操のない性格でしょう。
ワタクシがいなくても、世の中回っていきますし。
一つのところにこだわる理由はありません。

一つの職場と働き方にしがみついている人を、 たくさん見てきました。
ワタクシが転職するときに、 羨ましがる人もいました。

選択肢を持っていても、「子どもがいるから」 「他に行くところがないから」
「親が・・・」 って、必ず動けない言い訳をしています。
確かに動けない時はありますけど、しがみつく人はその時に何もしてないです。

待っててもキャリアはつかないし、業績はあげられません。
おまけにしがみつく人は、振り落とされないように
責任転嫁して自分を守るのに必死です。

ついでにアップデートできてないので、新しいやり方についていけません。
しがみつく人ばかりの職場には、 新しい人は寄り付きません。
しがみつく人たちに潰されるからです。

古いやり方で上に媚を売って、 新しい人を振り落としていく。
どれだけ迷惑なことかわかりますよね。
「こうはなりたくない」という反面教師にはなりますが。

3.年若たちを絶望させるのは、ただの産業廃棄物

高度成長期・バブル期ゾンビをワタクシは「産業廃棄物」と呼んでいます。

年齢なりに役立つことを教えられない。
口を開けば根性論と昔話。
ICTは使えない。
仕事場に必要でしょうか?

職場で使って用がなくなったものは、リサイクルに出せません。
だから産業廃棄物。
処分するのにお金かかるし、手間かかるし、 自分から消えることもできないのです。

ストレスの塊となって、他人や社会を恨んで、 リタイアメントしたら悠々自適を描くほど
貧しいことはありません。
これは産業廃棄物が年若たちにまき散らしている有害なものです。

もう給料上がらないんならさ、一ヶ月の休暇とか、 副業認めるとか、 息継ぎのできる働き方を提案しなきゃです。
これは高度成長期・バブル期に働いてきた人たちが、 痛いほど身にしみていることです。

ただただ結果考えずに働いてるから、息苦しいんですよ。
年若が絶望する世の中って、 どうなんでしょうね。
絶望させているのは、産業廃棄物の人々と自覚してください。

まとめ

温浴施設を堪能したある日、 無料送迎バスでたまたま聞こえてきた会話です。
もう年金受給中の御歳なのでしょう。

「年金が少ないっていうけど、私は別に今のままでいいわ。 半分に減らされたら困るけど」
「たまに外食して、こうして温泉に来て、それで十分やっていける。」 などなど、
会話は弾んでおられました。

シルバー割引の施設やサービスをフル活用して、 楽しんで生活している感じが伝わってきました。
おそらく収入源は年金だけ、 あとは自分の貯金などでやりくりしてらっしゃるのでしょう。

自分の収入に見合った楽しみを見つけて生活する。
ぜひ見習いたい心構えです。

ワタクシたちの年代は、もう社会保障は当てにできません。
今の世の中、しがみつかず、自分のやり方で働くことはできます。

「貧しい」「不安だ」としがみつくより、 小さく稼いで楽しく働くシニアライフの方が
ハッピーじゃないですか?


やすじろうって何してきた人?       IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、
やすじろうのプロフィールはこちら。








 ふるさと納税、お得です。


副業するならこちらがオススメ 






 

アラフォーオンナおひとりさまは、正社員で消耗せずにフリーランスでゆるく働く

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
 

本職を離れ、1年2ヶ月経ちました。
正社員になる気は、全くございません。
面白いくらい、医療系の仕事に
復帰する理由も気力もないのです。

正社員で雇ってもらえるのには、
ギリギリの年齢です。
ええ、アラフィフですもの。

同年代の平均より貯金が少なくても、
正社員でガシガシ働くよりは、
フリーランスでゆるく長く働くほうが、
身体にも心にも優しいと考え、
今に至ります。

フリーランスになれば、
「あの人年の割には仕事できないね」など
陰口叩かれ、職場の心地が悪くても、
しがみついて働かなくてもいいのです。

1.ワタクシが正規雇用に魅力を感じない理由

時給換算すれば、正社員って
時給1000円以下なんですよ。
 

医療機関に正社員として勤めれば、

もれなく勉強会担当・研究担当・
指導教育係などなど、

複数の役割がのしかかります。

休日出勤・サビ残当たり前。

 

有給休暇とれないし、ボーナス出ても、

月給少ないから、
労働の対価に見合ってない。
 

体力・気力衰えてるのに、
休み関係なくガシガシ働く。

定年までそれが続くと、
心身壊して当たり前です。

数回潰れたので、
「正社員で働かない」と学んだのです。

2.その「ちょっと」が我慢できない

「あと少し我慢すれば、定年じゃない?」

よく言われますが、

そのちょっとの我慢をしたくないんです!!!!

 

西原理恵子さんの漫画で、
離婚したい老母を

「親父はもうすぐ死ぬから。」

と離婚しないように
子どもたちが説得します。


お母さんは、

「そのちょっとをがまんしたくない」

そう言い切って、離婚に踏み切ります。

 

はい、逃げ切るまでちょっとと
思うでしょう?

ほんとにちょっとと思います?

姑子姑にいびられ、機嫌をうかがう日々を

ちょっとでも送りたいです?

 

それと同じことです。

時代の変化についていけない
高度成長期・バブル期ゾンビ。
 
口を開けば止まらない

自分の苦労話・自慢話・グチ。
 

効率悪くても、虫のように動き回れば
働いていると判断する人々。

もうこんな人たちと一秒でも
一緒にいたくないのです。

もうね、今の仕事の人間関係が嫌なの。

そのちょっと我慢して、
何のいいことがあるんでしょう?

3.フリーランスでゆるく長く働く         
  ーパートタイム含む

「好きなことを仕事にすべき」
これはとても新しい考え方です。
 

古いおじさんたち、
逃げ切れる世代には
「甘え」「遊び」としか
考えられないのでしょう。
 

好きなことを仕事にできなくても、

やってることが好きになれた人たちは
楽しそうですよ。

どんなにハードワークでも。
 

だから、好きに生きていきたいので、

フリーランスになりますよ。

野望はありません。

望むのは、ただただ平和な日々。
心が穏やかな日々です。
 

まだ結果は出ませんが、
ブログ・noteをやってます。

がっつり儲けなくてもいいんです。

機嫌のいい人生を送るために、
パートタイムとブログで

ぼちぼち稼げれば、
誰の顔色も伺わずに働けます。

 


まとめ
 

他人様の顔色を見て働きたくない。

アラフォー以上だと、正社員は心身ともに

消耗するだけです。
 

だけど収入は必要です。

だったら自分の好きなことで
稼ぎましょう。

好きなことがなければ、
嫌じゃないことで稼ぎましょう。


仕事辞めても何とかなる、
副業を見つけておきましょう。

ご機嫌な人生を送るために。

        やすじろうって何してきた人?IMG_0978
       高齢者おひとりさま生活をハックする
       やすじろうのプロフィール。 はこちら。






                   オススメ副業セットです。


 

ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう