オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

住むところ

都会か田舎かーアラフォー過ぎたらどっちに住もうか。

             special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。


 効率的な老親と自宅のメンテナンス、充実したひとり遊び、@やすじろうです。

 実家にUターンをして住んでいるところは、地方都市のベッドタウン。交通の便はイマイチですが、大きめのスーパーマーケットや公立図書館があり、住みやすいところです。

 アラフォーおひとりさまのメリットのひとつは、住みたいところに住めることです。収入さえなんとかなれば、移住したいアラフォーおひとりさまはいるのではないでしょうか?でもいざ移住!となると、都会か田舎か迷いますよね。特に都会に住んでいる方は、このまま都会がいいのかそれとも田舎がいいのか迷いますよね。

 ワタクシの周りのアラフォー女おひとりさまは、都会・田舎問わず仕事で転々とする者、都会の郊外に住む者、Uターンした者と、移住のバラエティに富んでます。だから移住の情報は割と入ってきます。

 そこで移住したいアラフォーおひとりさまは都会と田舎のどちらかに移住するか、選ぶ基準をまとめてみました。ワタクシにとって都会は東京・大阪・博多です。田舎は地方都市のベッドタウン、県庁・市役所所在地です。限界集落ではありません。

1.都会に住むメリット・デメリット

・メリット  
 便利。これ以外何があるでしょう。車持ってなくても、バス・電車・地下鉄が充実しています。映画館たくさん・劇場たくさん・お買い物するところたくさん。百貨店の展示など退屈しません。外食が面倒ならデリバリーシステムが充実。
 とにかく便利で退屈しないにつきます。

・デメリット  
 なんでもある便利な環境だからこそ、情報が多すぎて選ぶために常に判断しなければなりません。これが歳を重ねるとともに、面倒になる。判断することも体力気力が必要です。

 交通機関の乗り換えがとんでもなく面倒臭いし(乗り換えるのに、一駅歩いたろ!くらい歩くことはしばしば)、混みます。物理的にうるさいです。夜遅くまで活動してるから、町の音が騒々しいのです。

2.田舎に住むメリット・デメリット

・メリット  
 人口が少ないです。それを寂しく感じるか田舎ですが、ワタクシは人混みが嫌いなので好きです。渋滞や満員電車は、都会と比べると知れています。交通量が少ないから、運転ヘタクソでも大丈夫。

 家賃は安いし、静かな環境で落ち着いて暮らせます。田舎は県庁・市役所所在地でも、 10時くらいには活動停止します。だからギラギラネオンやざわざわした喧騒から離れられます。

・デメリット  
 人づきあいがうざいです。特に生まれ育った土地だと、学生時代や親戚の人間関係に戻ることになります。ワタクシはそれがイヤで地元に帰りたくなかったし、都会に住み続けたかったのです。(いざ地元に帰ると、両親以外人間関係がなかったのが幸い)

 もちろん田舎は保守的です。ワタクシの年齢だと、結婚するか離婚するかで子どもがいるがデフォ。おひとりさまとは思われず「お子さんは?」と絶対聞かれます。勉強は学生がするもの、大人は勉強しないもデフォ。生き方は人それぞれが通じません。
 地方都市の車の運転マナーは交通量が少ない割に悪いです。ワタクシ車は運転しませんが、割り込むわ・急にスピード上げるわ、見ていてこわいです。 家賃は安いけど、物価と光熱費は高いですあのアラタさんの記事30代Uターン転職のメリットデメリットを公開しますをご参照くださいませ。

3.住みたい地域を選ぶ基準

都会と田舎のメリット・デメリットを考えて、自分の住む地域を選びましょう。

 1)自分の健康状態  
 かかりつけ医を見つけられる地域は、持病がある人にとって第一条件になります。限界集落からの通院という方法もありますが、天候や症状のことを考えるとすぐ駆けこめる距離に住むことが安心です。県庁・市役所所在地周辺のベッドタウンだと、割とかかりつけ医を見つけやすいです。

2) 今の人間関係やしがらみを断ち切りたい  
 今の人間関係を大掃除したいと思うのも、住みたい地域を選ぶ基準になります。そのためにIターンすることは、人間関係大掃除の目的にぴったりです。

 仕事・友人などなど、社交辞令的なおつきあいを振り払いたいのに、濃い人間関係が残る地元に帰っても、また面倒臭い社交辞令的おつきあいが待っているだけです。
 人間関係大掃除のための
Iターン先は、都会・田舎どちらでも自分が行きたいところを選べますよね。
3) 働き方を変えられる  
 アラフォーになれば求人が厳しくなるのは、あなた自身がよくご存知のはずです。20代30代の転職と比べて選択肢が少なくなるのは当然です。だからクラウドソーシングなど、今までの働き方を変えなければなりません。

 職場に通勤する働き方ではなく、自宅で働くことも選択肢に入れとけば気楽になると思います。稼ぐ金額は自分一人が暮らすことができればいいくらい。切羽詰まった働き方は、そろそろ卒業しましょう。ワタクシはパートタイム半分・クラウドソーシング半分で働いております。時間は自由に使えるし、心身どっちも楽ですよ。

まとめー住む地域は自分基準で選ぼう

 アラフォー以上になると、20代のような気力体力がないと都会に住めないと、身をもって感じていると思います。それでも都会に住み続けられる人は、都会が性に合っているのでしょう。ですが都会で消費され・消耗したなら、他に住むところを探せばいいのです。

 旅行や短期滞在で探すもよし、決められなければ、都会と田舎・実家と自分の住みたい地域の2拠点生活もよしです。 住み始めた土地が合わないと感じたら、また行き先を変えればいいのです。
 住む場所や働き方を自分の都合で選べるのは、女おひとりさまの最大のメリットです。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 






                 在宅ワーク、いろいろあります。

アラフォー・オンナおひとりさまたち、迷わずモノを処分するんだ!

                                                        special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     


身体が動いて判断できるうちに、
自分の身の回りをスッキリさせましょう。

またモノが増え始めている@やすじろうです。
 

引越しのたびに、

「何のためにワタクシは
こんなにモノを持っているのですか?」と

自問自答してきました。

使いもしない収納グッズ・服・インナー・本…

もう思い出せないです、何を持っていたか。

 

最後の引っ越しが
長崎から広島に戻る時なんですが、

この時も「これ、何で持ってたの?」と
相当処分いたしました。

 

いるもの・いらないものを区別するのって

体力気力がいりますよね。

ゴミ屋敷になるのはなんとなくわかります。


まだ気力・体力があるアラフォーの時に、

いるもの・いらないものを区別して、

スッキリ暮らせるようにしましょう!


1.なぜモノがあふれかえるのか

自分に必要なものがわからないから、
モノがあふれかえるのです。

まさに安物買いの銭失い。
 

ワタクシ三十路まで整理整頓が下手で、

あとちょっとで
ゴミ屋敷になるところでした。

バーゲンのシーズンだと、
着ない服を買い、

雑誌やテレビで見た
便利グッズを買っていました。
 

それは使っていたものでしょうか?

いいえ、タンスの肥やしと
なっておりました。

洋服は、大体決まった服しか
着ませんし、

便利グッズを持っていても、

使わなければ便利でも
何でもないのです。
 

メディアに消費を煽られても、
冷静な判断力がなかったのです。

 

本当に欲しいものを買わないから、

ちまちました安物を買いあさるのです。


今振り返ると、
三十路の時に欲しかったのは、

きちんとしたスーツ・靴・バッグ。

程々の値段と質のカーペットとござ。

あとは本棚と引き出し。

 

これらを買ってないから、

「あったら嬉しいけど
 なくても困らないもの」を
買っていました。
 

捨てるものの判断も
つかなかったですね。
 

ベッド・机・カラーボックス。

場所ふさぎなのに
捨てられなかったのは、

捨て方がわからないのではなく、
「捨てて広いスペースで暮らす」と
考えられなかったからです。


2.モノがあふれかえるデメリット

1)余分な出費がかさむ


日用品のストックが見つからない、
置く場所がないから収納グッズを買う…

ちりつも形式で出費がかさんでいくのです。


安売りの日に日用品のストックを買っても、

どこに置いたかわからなければ、
また買うことになります。


じゃあ収納グッズを買えば!
となりますが、

収納グッズの使い方がわからなければ、
ただの場所ふさぎ。


どこに何があるのか
わからない状態で暮らせば、

うちにあるものをさらに買い足し、

出費がかさんでいくのです。

 

2)掃除ができない


モノであふれかえった部屋は、

掃除ができません。

(経験者は語る)


まず、モノをどかすのに労力を使い、

やっとスペースが見えた時は
疲れ果てた時。

そのまま休憩して、
掃除せずに終わります。
 

ただいま実家に老親と
同居してますが、さすが戦中生まれ、

モノを捨てられない。


食器は何人家族なんだっていうくらい、

密封容器・空き瓶の類・カバンなど
物で溢れかえっております。
 

もうゴミの分別が
わからなくなりつつ、面倒臭い老親。

一時期はゴミ屋敷手前でしたが、
引越しを機にまあまあ

物の増え方が落ち着きました。
 

もともと掃除が苦手な老親なので、

ものをどかすのに労力を使い、
掃除までたどり着けません。


ねとねとの床や、埃まみれの部屋は、

気持ち悪いです。

 

3)ケガしやすい環境になる
 

隙間を縫って歩く、
モノを積み上げる…
転びやすい・モノの下敷きになる
可能性高いとなると、

ケガをしやすくなります。

ちょっと滑っただけでも、
骨にヒビ入ったりしますからね。
軽い箱でも上から落ちてくると、
痛いですよ。
 

ゴミ捨て場まで持っていくのに、
腰とか膝とかやられますよ。
生活ゴミだけでも結構重いのに、
資源ごみ(紙類・ビン・缶・布類)まで
捨てるとなると、
ゴミ捨て場まで何往復しますか?
 

天気の悪い日は、
足元悪いから転びますよ!

アラフォーは確実に
身体弱ってきてますから、
若い頃のように動くと、
ケガしやすいんですよ!

 

3.モノの処分の仕方

気力・体力・判断力があるうちに、
いらないものは処分しましょう。
 

年齢を重ねると、
分別できなくなるのも確か、
体力がなくなるのも確か。

アラフォー過ぎから、
身辺整理をしておきましょう。

 

1)いらないものをお金に変える
 

みなさんご存知と思いますが、
フリマアプリで売れそうなものは
売りましょう。
 

不用品がなくなって、お金になる。

いいサイクルじゃないですか!

ノマド節約術のサイトで、

人気フリマアプリを徹底比較!
おすすめフリマアプリ6選と
手数料を安くする方法のまとめ 

という記事がありました。
これを参考に、
不用品を売りさばきましょう。
 

ただ注意が必要なのは、
売れないモノを
いつまでも取って置くこと。
 

売り物でまた場所を
ふさいでしまいます。

自分で期限を決めて置いて、
売れなかったら処分しましょう。

  

2)不用品回収業者の利用
 

ゴミの分別とかめんどくさいですよね。

ワタクシ、ゴミ回収の表を見ると、
気が触れそうになり、
拷問か罰ゲームと思ってしまうのです。
 

ある程度は自治体のゴミに出して、
わかんなかったら不用品回収に
お願いしましょう。
 

無料で持って行ってくれるサービスの
お知らせがポスティングしてあります。
有料業者は、軽トラ一台分など、
スペースを提示してくれます。

分別関係なしに一切合切いらないモノを
持って行ってもらえば、
未練を残す間もありません。

まとめ

モノを管理できる範囲って、
人によって違うんですよ。

ワタクシは、管理できる範囲が
すごい狭い。
 

だから持ち物を少なくしなければと、
気がつき、
必要ないものは
持たないようにしました。

 

「モノを捨てる」、
これがいかに労力を必要とするか、

身にしみてわかる年齢になったのです。
 

重いものは持てなくなる、

何に使うかわからない、など、

体力・判断力は確実に落ちています。
 

取って置いて後で考えようと思えば、

ただうず高くモノが
積み上がっていくだけ。

「後から見る」ことはまずないのです。
 

せっかくのおひとりさまなんですから、

広くてキレイなところで、
気持ちよく暮らしましょう!


                      やすじろうって何してきた人?                                       IMG_0978
    高齢者おひとりさま生活をハックする、
    やすじろうのプロフィール。 はこちら。 
 

 





自分が住んでいる地域の
不用品回収業者さんを探してみましょう。


 

何故東京で消耗するの?ー大都市は隠れるところがあるのが魅力。


東京は働くところじゃなくて住むところ。
身を隠すにはちょうどいい都市。
「田舎の人のあたたかさ」というけど、
その反面一挙手一投足を見られている緊張感がある。
名前を言うだけで、仕事と住所が特定される。
田舎が息苦しいと感じる所以だ。

仕事がら平日が休みだから、
広島に住んでいても会いたくもない小中高の同級生と
顔をあわせることはない。
これが今生まれ故郷広島に住んでいられる理由。
知り合いにあったとしても、
回れ右して逃げられるくらいの厚かましさは、
とうの昔に身につけた。
あんた達と思い出話する暇もないし、
いい思い出なんかない。

広島は田舎とはいえ、政令指定都市なので、
まあまあ都会だ。
だから繁華街には何をしているのかわからない人は、
たくさんいる。
ワタクシもはたから見れば
「何をしているかわからない人」に分類されるだろう。
平日の昼間に必死でポケGOしてるワタクシに
道を尋ねた人は勇気があるなあ。

だけど東京のごちゃごちゃした、
誰がどこにいるかわからない感は、
ワタクシはたまらなく好きだ。
東京は働くところではなく、住むところ。
しかもあれだけ賑やかでも、
ひっそりと暮らせる都市だ。
青山・代官山・港区ではない。
新宿・池袋・上野のなんでもあるように見える
まとまりのないところが好きで仕方がない。

今の生活に余裕ができたら東京に住みたい。
多拠点生活をしたいから、
尾道と皆生温泉と新宿のはずれに
住んで見たいと思っている。


 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう