おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

住むところ

見よう見まねの丁寧さでは、「丁寧な暮らし」はできない。






クロワッサンあたりが定期的に特集している「丁寧な暮らし」。
そうじ、洗濯、料理、身だしなみなどなど手をかけて素材にこだわり、
横着をしない暮らしだそうです。
写真で見ると、どう見てもスタジオ。
当然「丁寧な暮らし」のための雑貨を特集するので、
その雑貨が手に入ると丁寧な暮らしができると勘違いします。
その結果、雑貨があふれたただの散らかった部屋の出来上がりです。
物にこだわらずとも、手に入る者で掃除をして、
洗濯をして、料理をすればいいんです。
「丁寧な暮らし」をするには、自分を消費してはいけませんし、
消耗してもいけません。
自分を大切にするために「丁寧に暮らす」んですからね。
凡庸に、中庸に・・・



 



住むのは駅近じゃなくていい。


空き家が増えてますね。
更地にして、コインパーキングにしてる方もいらっしゃいます。
嬉しい限りですよ。だってそれほどお金かけなくても不動産が持てますもん。

リリーフランキーさんが対談で、
「通勤するわけじゃないから、別に駅から離れた物件でもいい。」とおっしゃってました。

そうなんです。
ワタクシ通勤するにしても、週に2日くらいに抑えるつもりです。
だから別に駅やバス停が近くなくてもいい。
そうすると結構お手頃な値段で不動産構えられるんじゃないかな。

楽しみです。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。


 

労力や時間をお金で買う。


WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中


ホテルをよく使います。
自宅通勤ですが、移動に1時間以上かかるとホテルとって通います。
だってゆっくりしたいんだもん。
そりゃお金かかりますが、通勤したほうが疲れるんですよ。
通勤に時間をかける意味が分からない。
あと、回復するのに確実に時間が必要になってますから。
通勤で消耗するよりは、
ちょっとの出費で身体をいたわりたいんですよ。
スイートルームに泊まるわけじゃないし、
じゃらんやYAHOOトラベルで安い宿はありますって。
今回もホテル暮らしをエンジョイしてます。
凡庸に、中庸に・・・


レディースプランだとアメニティが必ず付きます。

IMG_1432






ワタクシが断捨離をする理由を2つあげてみるね。






昨年大掃除で、着ない服がまだ出てきました。
他にも本とか溜め込んでいるので、読まない本は寄付しようと思っています。
なんだか、タオルとかなんでとってあるのかわからない物を発見するのが年末。

30歳くらいまでは、物が溢れた生活をしていました。
それから、「暮らしていくにはそんなに物が多くなくていいんじゃないか。」と思い、
できるだけ物を減らすようにしています。
断捨離などという美しい考えでなく、自分に整理整頓する能力がないことに気がついただけです。
だから断捨離をする理由をあげて見ますね。
決してワタクシの心が満たされているわけではありません。

1、たくさんのものを管理する能力がない。
ワタクシ、掃除が下手なんです。収納術の特集が、3日しか持ちません。整理整頓能力もないんです。
だから、すごい汚部屋になるんですよ。
掃除しやすいように、キレイな部屋にするには物を減らすこと。
何を持っているのは把握しておくこと。
だから物は持ちたくないんです。

2、気に入った、好きなものだけがあればいい。 
ホセムヒカ元大統領、意外に物をお持ちですが全て愛着を持っていらっしゃるそうです。
友人からのプレゼント、これは丈夫などなど。
欲に煽られて物を買うことに疲れてるんですよ、ワタクシは。
たくさんの物はいらないから、気に入ったものがあればいいんです。
それは値段ではないです。100円ショップの小物もありますし、ブランド品もあります。
土産物屋で買ったものもあります。
ずっと使いたいものが欲しいから、こだわるんですよ、買うときに。

ミニマリストは・・・ここまではいかないでしょう。
ミニマリストになるんだったら、出家します。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。

どうしても欲しくて、買っちまいました。お袖お直し中です。
名称未設定1
 




 

30すぎて身につけました。




ワタクシ、掃除ができないオンナでした。
はい、片付け方を知らなかったんです。
ちょっとモラトリアムな時期を過ごしてから、自分がものを持ちすぎていること、
考えていると掃除ができないことに気がつき、鬼のように掃除を始めました。
昔のワタクシを知ってる人が今を見たら、きっと何かあったと思うでしょう。
何もなかったんですよ、そんな人生観が変わることは。
ただ、片付ければ身軽になれる、それだけしか気づいてません。
確かに洗い物、水回りは考え込むとできません。
かつて「洗濯してたら、なんでもついでにほりこむ。足拭きマットとか、タオルとか。」と
同僚が言っていたことを思い出しました。
考えなしに掃除はできないけど、とりあえず掃除して見て効率を考える方がいいですよ。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。








 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう