オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

介護について

介護に家族を持ち出すしんどさー情熱大陸上野千鶴子。

              special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。





 上野千鶴子さんが密着番組に出演なさるなんて。令和元年6月30日の情熱大陸に出演なさるなんて。 かなり番組制作者は上野千鶴子さんと交渉を重ねたんでしょう。上野千鶴子さんが相当注文をつけたに違いない。だから件の東大入学式の祝辞に触れる他はほとんど生活にはガードをかけた印象を持ちました。

 そして上野千鶴子さんの今の研究テーマのひとつ「おひとりさまと介護」について、少し触れていました。フィールドワークで訪問診療についていく上野千鶴子さん。 その中で「家族のように面倒を見る」という表現に、「なぜ家族のようにという言い方なのか、悲しく感じる」と上野千鶴子さんは意見していました。

 ワタクシは悲しく感じるどころか、「まだ家族に負担をかけるのか」と保健医療福祉に「家族」というワードが出てくると腹立たしいのです。
 ワタクシは、保健医療福祉の資源を家族に求めてはならない、と考える派です。

1.なぜ家族でなければならないのか?

 「『家族』というのが嫌なんだ。すごく抵抗がある。」 
 「いいことやってる人ほど『家族のような』形容詞が多いのよね」

 「家族bestなら、家族以外のものが家族のようなことをするのは
  代用品でしょ。
代用品って二流品じゃないですか。
  自分たちのやってることを『二流品』だって
お考えになる
  必要なんて何もないじゃない。」

 「家族is the best」

 上野千鶴子さん、随分柔らかくおっしゃってますが、ワタクシには「介護になぜ家族を持ち出すのか。家族よりもプロフェッショナルの仕事がいいに決まってる」と聞こえました。    今までは、病や障がいを持ち老いた人をケアするのは、家族が中心でした。理由は簡単、資源や制度がなかったから。ヨメやコドモが老いた親や連れ合いのケアをしていたのです。

 ヨメやコドモの負担はたまったもんじゃないから「老人病院」という、医療バブルを象徴する施設があちこちにありました。 高齢者医療で財政が怪しくなってから、「家族と過ごす」と行政は方向転換しました。家族に介護の負担をさせれば、費用はかかりませんからね。   「家族ようにケアする」という例えは、ただ行政のキャッチフレーズを刷り込まれているだけです。医師・看護師・介護福祉士・ヘルパーなど、家族でなくてもプロフェッショナルがケアすればいいのです。

2.家族関係がうまくいっているとは限らない

 昔はDVも虐待も認知してなかったから、家族の仲が悪くても病や障がいを持ったなら家族がケアしていました。精神衛生上いいわけないし、虐待という名の暴力もあったでしょう。  DV・虐待までいかなくても、仲の悪い家族はあるでしょう。いざ面倒を見る・見られる立場になった時、絶対「なんで面倒見なきゃいけないのよ」「この人の世話になるなんて絶対イヤ」という気持ちはお互いに湧いてくるはずです。

 そんな家族でも、「家族にケアしてもらった方が幸せ」と言えるでしょうか。 ワタクシの家族、仲は悪いです。実兄とは絶縁していますし、子どもの頃から仲が悪い両親です。正直「親に感謝する」という気持ちがワタクシにはわかりません。

 それでも年老いた両親と同居して最期まで看取るのは、実験です。いかに医療費をかけずに両親を見送れるか、介護保険の活用方法など、自分が体験して知りたいだけなのです。そして自分のこの世の去り方の練習をする。老親とワタクシにとって、仲が悪かろうとどうだろうと、WIN-WINな関係です。  

 仲が悪い家族のケアをするほど負担なことはありません。せっかく介護保険という制度があるなら、これはフル活用して自分の人生を生きましょう。

3.社会保障制度は家族を資源にしてはいけない

 「なんで介護のためにワタクシの生活を変えなければならんの?」難しいことを抜きにした、ワタクシの考えです。家族の介護のために、自分の仕事ややりたいことに制限かかる。家族の介護で働けなくなると、自分の収入がなくなる。  

 行政は人件費等々を節約できるけど、その分ノーリターンの家族の懐は厳しくなるばかりです。いくら介護を受ける人が財産を持っていても、です。  家族間の介護が増えると、当然労働力は減ります。ただでさえ人手不足なのに、介護で仕事ができなけりゃ、生産力が落ちるのは目に見えてます。世の中のしくみを視点にして家族が介護することを見ると、労働力不足と生産力低下がわかります。

 それより個人的なこと。家族の介護はしんどい。これに尽きます。頼れるなら、制度に任せたい。自分の人生を生きたい。それなのに介護でやりたいことができない・自分の人生を生きられない。これはやりきれないでしょう。

まとめー家族間の介護は絶対に行き詰まる

「家族のようにケアする」って、どこか嘘くさい。仲のいい家族ばかりじゃないし、できれば介護保険で全部ケアしてほしい。介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅がウケるわけがありません。  
 家族がいなくても、おひとりさまでも制度を利用しながら最期を迎えられる。寂しいなんて大きなお世話。家族にこだわっていては、まともな介護制度は作れません。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。


家族に頼らなくても暮らせる資源はありますよ。




 

親の介護に突入する前に読んでおきたいオススメ本3冊

               special thanks 山本あすか

まだ介護はいらなそうな状態の老親と、同居中の@やすじろうです。
ワタクシが老親の介護をする際に、自分の心構えをはっきりさせた3冊を紹介します。

ワタクシの老親の介護に対する決意は
1.介護保険フル活用
2.老親を無理に好きにならない
3.余計な医療介入はきっぱり断る
この3つです。

老親の介護をしようと決意した理由は、親への恩返しではなく自分が体験したいからです。 仕事を通して介護する家族とか変わりましたが、当事者になるのは初めて。
仕事ではなく、当事者として介護する家族になるのです。
その助け舟となり、決心を新たにさせてくれたのがこの3冊でした。

佐野洋子さんは絵本作家、「100万回生きたねこ」はどなたも子どもの頃に読んだ記憶はないでしょうか。2010に他界されました。

上野千鶴子さんは社会学者で、フェミニズムの草分け的存在。
介護の世界に口出ししてきたのは、「オンナがケアをする社会的役割」にケンカを売りに来られたと思っていました。
ですがそうではなく、自分が介護保険で独居で最期を迎えるのにはどうしたらいい、調査するために踏み込んでこられたのです。


1.介護のお金を全額負担しなくていい







もちろん両親が介護費用を負担します。
両親はすでに年金生活者、それに加えて蓄えもあるでしょう。
介護が必要になったから、膨大な額のお金がかかるというのはマスコミの不安を煽るいつもの手口です。

自宅で介護するか・施設介護にするかは、自分の生活や健康状態と両親の希望で決めればいいことです。施設介護だと入居料が必要ですが、これも両親の年金でまかなえますし、年金より高い費用であれば無理なら兄弟姉妹で折半すれば良いのです。

佐野洋子さんはお母様の老人ホームの入居費用を、全額自身が負担したと書いておられます。ですが、佐野洋子さんは財力がある方ですから比べてはなりません。
自分たちが払える入居料金の介護施設を探せばいいのです。
ここらへんはケアマネージャー地域包括支援センターに相談してみましょう。

2.親との関係が悪くてもいい

ワタクシは両親と仲が悪いです。
今平和に暮らしているのは、お互いが歳をとったから。
小競り合いする気力・体力がないのです。

好きになろうなんて全く思いません。
上野千鶴子さんは、お母様に先立たれて父親の介護をされました。
お父様とは離れて住んでいて、うまくいく関係とおっしゃっています。

お兄様がいらっしゃるのに、一人暮らしの愚痴や弱音は上野千鶴子さんにしかお話しされない。「自己チューで自分の流儀を崩さない父」と、和解することなく遠距離介護でお父様を看取られました。

佐野洋子さんは小さな頃に母親から舌打ちとともに手を繋ぐのを拒否されてから、ずっとお母様が嫌いだったと書かれています。お母様が認知症になり介護が必要になった時も、お母様に愛情がなかったし、同居したのは義務と責任と言い切っておられます。

ご両親と仲が良い人を見習う必要はなく、自分のご両親が好きになれないなら、素直にその気持ちを認めた方が自分の気持ちが楽になりますよ。ワタクシも両親が嫌いで好きにならなくてもいいと思った瞬間、随分と楽になりました。

3.無理に同居しなくていい

老親と同居中なのは介護のためでも、老親が心配でもなく、ワタクシが身体を壊したから。
一人暮らしは無理と言われて、行き場がないので実家に身を寄せました。 一人暮らしできるくらい回復しましたが、稼ぎのない自称フリーランスなのでそのまま実家にいます。

別居しないのは、ワタクシが老親の介護を体験する当事者になりたいから。愛情などではなく、仕事として知りたいだけなのです。  

上野千鶴子さんは父親が「一緒に住もうと言われるのを待っているのはわかった」上で、絶対に同居の話は切り出さなかったそうです。距離が近くなれば絶対にぶつかって、憎しみが生まれるのはわかりきっていた。憎しみ合いながら一緒に暮らすほど、悲惨なことはありません。

佐野洋子さんは、「金で親を捨てた」と母親を施設に入れたことを表現しておられます。何の後ろめたい気持ちを持つこともないのです。母親の介護をプロに任せた、たったそれだけのことです。それよりも、同居してストレスを溜め、なじりあいから虐待になる方が罪深いです。

4.自分は自分・親は親

老親の介護突入する時期といえば、ワタクシたちはまだまだ自分の仕事はありますし、育児真っ最中の方もおられるでしょう。役割がテンコ盛りで自分の生活がかかっているのに、仕事を離れてまで親の介護を負担すると、潰れてしまうのは目に見えています。

仕事を辞めて親の介護をすると、自分の収入は無くなります。親の介護が終わって、自分が無収入なんて絶対あってはなりません。 だから自分は自分・親は親と割り切っても全然構わないのです。介護費用に不安があるなら、ケアマネージャー地域包括支援センターに相談しましょう。

「育ててくれたから」「親の面倒を見るのは子どもの役目」など世間から言われても、世間様はあなたの生活の責任を取りません。

まとめ

介護突入前の心構えは
1.介護保険フル活用
2.両親を無理に好きにならない
3.自分の生活を優先する
4.一人で抱え込まない
この4つです。

介護保険という制度ができた今、子どもが親の介護を負担せずに制度に任せる時代です。
介護であなたが潰れる必要はありません。 紹介した3冊は、読みやすく分かりやすい本ですので、 おヒマな時に手に取ってみることをお勧めします。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。


相談だけでもいかがでしょう?
家事代行や不用品回収サービスを利用して、負担を少なくしましょう。








 

モンスタークレーマー高齢者にならないためにー自分の老いを確認しよう

               special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


めいろまさんのキレる高齢者を観察したツイートです。

40代から感情をつかさどる前頭葉の働きが悪くなると知り、おびえている@やすじろうです。 公共の場でキレることはありませんが、たまに対人関係でキレます。
ですがこれは昔からのことなので、脳の働きは関係ないと思い込んでいるのは、都合よく考えるワタクシの習慣です。

今、キレるのは年若より中高年です。 繁華街で、量販店で、ファミレスで、コンビニで、イライラ怒鳴るのは、 男女関係なく中高年です。
聞いてたらただ怒っているのではなく、 歯止めが効かない感じで怒鳴り散らしています。
人ごとではなく、高齢モンスタークレーマーにいつ自分がなるかわかりません。

1.高齢者がモンスタークレーマーになる理由

感情をつかさどる脳の前頭葉が働かなくなるからです。
詳しくは、「高齢者が“キレる”!? その実態は」を参考にしてください。
それに加えて耳が遠くなる・物が見えにくくなる(ワタクシは近視と乱視。特に乱視が進んでめちゃ見えにくいです)・現代の言葉の意味がわからない(「ハイスペック」と言われてもググらないとその場でわかりません)などなど、わからないことだらけになるとキレます。  

もう一つは、新しい環境に馴染めないこと。
仕事を辞めると、ちやほやする部下などがいなくなる。
新しいシステムに馴染めない(金融機関や公的機関の手続きは、年々変わっています。特にバーコード読み取りなど自分で操作しなければならない手続きもあります)。
自分のいた環境がガラリと変わると、不平不満がたまってキレます。

2.脳を鍛えようが身体を鍛えようが、キレる時はキレる

すぐキレないために、運動をしよう・読書など頭を使おうなど言いますが、効果はあるのか疑問です。アンガーマネージメントで6秒こらえようと言いますが、その6秒が我慢できなくて店員にブチギレするのです。

ワタクシ、怒りの感情は6秒どころか数日持ってますから。
不本意だったらその場で相手にキレますが。
運動や読書が無駄だとは言いませんが、怒りを抑えるのにはもの足りないと感じます。

3.モンスタークレーマーにならないために

1)愚痴や不満を吐き出す場所を複数持つ
湧き出る怒りの感情が抑えられないのは、前頭葉の働きが悪くなる他に、孤立していることも考えられます。
キレそうなことがあった時に「ちょっと、こんなことがあったのよ!」と話す相手がいるだけでも全然違います。

ワタクシたちはかろうじてインターネットを取り扱える世代。
匿名でもいいので、SNSのグループやアプリで不平不満をぶつけましょう。
リアルでもいくつかグループを持っていれば、孤立感は和らぎます。

複数のグループがいい理由は、一つのグループや一人の友人だと、相手が負担に感じるため余計に孤立しやすいのです。「あの人楽しい話題は一つもないわ」となれば、疎遠になるのは当然です。だから自分が付き合うグループは複数にするのが吉なのです。

2)自分の能力が衰えていることを自覚する
「まだ自分はやれる」と現役気分でいても、確実に自分の能力は落ちているのです。
新しいことは覚えられませんし、覚えられたとしても時間がかかります。
悔しいですが、自分の能力は衰えていると自覚しましょう。
昔のプライドにこだわるほど、キレやすくなりますよ。

3)引き際をわきまえる
年若たちの仕事ぶりと自分の仕事ぶりを比べてみましょう。
「できてない」と目につくのは、あなたのやり方でできてないことです。
ワタクシより年上の人々が、新しいシミュレータを使えない・ICT処理ができないのを目の当たりにしてきました。彼女たちの行動は、「その仕事から逃げる」でした。

逃げられなかった時の、キレ方は所構わずでした。学生の前で「あんたらが準備してないから、私ができない!」など。能力だけでなく、身体も仕事についていけないのです。
できないことはできないとはっきりいい、自分ができることだけやりましょう。
仕事中にキレると、無意識でもハラスメント加害者になります。

4)健康診断を受ける
毎年必ずお知らせが来る、健康診断は受けましょう。
相談窓口が見つからない・相談窓口に行きにくい、こんな時に健康診断の医師や保健師に相談しましょう。

キレやすい性格のことだけでなく、自分の身体に心配がある・認知症じゃないか不安など、なんでもいいので話してみると、気持ちが軽くなりますよ。

まとめ

キレる感情は、あっても全然おかしくありません。
そりゃ気に入らないことはあるでしょうから。
ただそれが抑えられなくなると、モンスタークレーマーになり、出入り禁止の店が増え、誰にも相手にされずに孤独になる悪循環が待っています。
最悪犯罪者になる可能性だってあるのです。

怒りの感情を自分でコントロールできなければ、気軽に心療内科や
地域包括支援センターに相談しましょう。 キレる感情が抑えられないと、暴力沙汰で犯罪者になります。お互い悲劇にならないために、自分の老いを確認してキレる出来事は減らしていきましょう。

谷本真由美さんの本です。
暴走老人になりたくないので、これから読みます…

やすじろうって何してきた人? 
IMG_0978高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。

人間関係気にせず働けますよ。









 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう