おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

介護について

小室哲哉さん、ありがとうございます。世間に家族が介護すると追い詰められることを公表してくれて。



小室哲哉さん会見全文

小室哲哉さんの記者会見、テレビでは見てないんですがネットニュースで見ました。
会見するのに話すことをまとめて書いた紙をもってくるなんて、
真面目な人なんですね。
「仕事が遅れるから」「耳が聞こえにくい」などこれだけじゃないけど、
引退を決意したって、ここも真面目なんですね。
できなくなったから、もうやめどきだと。
無期休業って方法もあったでしょうに。
小室哲哉さんのファンはたくさんいるし、
お世話になった芸能人はたくさんいらっしゃる。
でも引退を決めたのは、小室哲哉さんが真面目な性格だからでしょう。

KEIKOさんの発病から現在の状態まで、
細やかに説明されております。
クモ膜下出血の後に、高次脳機能障害をおこしてしまわれ、
会話ができず、歌手なのに歌に興味を示さず・・・
手足に障害がないとしても、身の回りのことができていたかどうか、
疑問に思います。

配偶者の責任と考えられたのか、KEIKOさんのケアを
自分で引き受けた小室哲哉さん。
小室哲哉さんの財力があれば、介護保険・医療保険関係なく、
看護師なりヘルパーさんなり雇えたと思います。
自宅療養でもKEIKOさんのケアはプロに任せて、
自分は仕事をする。
「献身的なサポート」はごく短い時間しかできないのです。
期間が長くなれば、サポートする側は疲弊するだけです。
もちろん仕事との両立は、負担がかかるだけで無理です。
それでもKEIKOさんをサポートなさっていた小室哲哉さん。
次第に自分の食事・睡眠が取れなくなるまで追い詰められていきます。

小室哲哉さんが入院治療した時点で、だれかが介入すべきだった、
看護師が業務範囲を超えた支援をしたなど、
誰だって責めることはできます。
しかも陳腐な言葉で。
だけど、元気で歌を歌っていたKEIKOさんの、
衰えて回復することのない姿を目の当たりにしながら、
サポートしても回復しないことに疲れ果てていく小室哲哉さん。
それで他に頼るところを探してしまうのは当然のこと。
誰も責めることはできないのです。
責めるんだったら、てめえがケアプラン立てて実際に関われ、です。

小室哲哉さんの最後の一言、少しどころかものすごく響きましたよ。
絶対に家族がサポートすると言っても、最初から引き離しておくこと。
距離感を持っておくこと。
医療従事者は家族を資源としてはいけないこと。
財力があり著名人であっても、追い詰められて言った姿を、
教えてくださって本当にありがとうございました。
ゆっくり療養なさって、また音楽をやりたいと思ったら、
復帰してくださいませ。

最後にひと言だけ。

たった1人の言動で、日本社会が動くとは思っていませんが、

高齢化社会や介護の大変さ、現代社会のストレスといったことに、

少しずつこの10年で触れてくることができたかな、と。

こういうことを発信することで、

みなさんが何かいい方向に進んでくれたらいいなと思いました。

微力ですが、何かが少し響けばいいなと思います。

本日は、ありがとうございました。

 

 

アンガーマネジメントではなく、治療が必要ーキレる中高年。



キレない温厚な中高年やすじろう(@2700_hermoso)です。
おっしゃる通り、腹立たしいことはどこでも起こります。
些細なことで、キレて暴力振るう・暴言を吐く。
これはもう病気か障害の症状です。

今時の中高年は、ほとんどが根性論に洗脳されてますから、
病気なんて恥ずかしいとお考えなんですよ。
甘えとか・荒い性格とか・乱暴者とか。
それで済まされるんですよ。
だから、性格とかストレスではありません。
嫌なことがあって、暴力振るうのは。

だから電車の中で暴れる、仕事場で暴言はきまくる人は、
絶対に受診させないといけません。
アンガーマネジメントで済む話じゃない。
実際事件になってるんですから、
ここなんとかするのが医療でしょ?

とにかく受診させてくれ。これ以上被害が広がる前に。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin




 

家族を資源として使うべきでない理由を3つあげるね。



日本は家族単位で物事を考えます。
個人の意思とは言いながら、
当事者に何かあれば、
家族を呼び寄せ、家族の意向を聞きます。

勘弁して欲しいんですけどね、この制度。
なんとかなりそうでしょ、
個人の意思決定だけで。
入院するのに保証人がいる、
治療するのに家族の同意がいるなど、
未成年じゃあるまいし、
親戚づきあいしてない人はどうするの?
という制度です。

家族は、保健医療福祉の資源として使ってはならないのです。
その理由は3つあります。

1. DV(夫→妻・妻→夫)から抜けられない。
夫・妻と別れたなら、子どもがいれば
子どもと一緒に独立した世帯がいいです。
サバイバーの両親がDVについて無知であれば、
「我慢が足りなかった」
「戸籍に傷がつく」
「片親で子どもがかわいそう」と、
同居して追い詰められていくのです。
それならば、親と離れて暮らしたほうがいい。
いくら配偶者と縁が切れても、
近親者が無知であればサバイバーは行き場をなくします。

2. 両親あるいは兄弟姉妹から虐待という名の暴力が続く。
特に未成年であれば、何か病気や障害を持って家庭に戻るのであれば、
当然元の家族です。
ですが、よくよく考えましょう。
っていうか、そこは調べましょう。
その子が被虐待児なのか。
その子が成人していても、軽々しく
「しばらくの間実家に帰ればいいよ」なんて、
地獄に突き落とす助言をなさる方もいらっしゃる。
支援制度をフル活用させて、独居できるように援助しなければなりません。

3. DV・虐待以外でも家族の仲が悪い。
何か不仲な家族ってあるんですよね。
これ、特に在宅療養になった高齢者って虐待までいかないけど、
虐げられる生活を送ることになるんですよね。
遠慮しながら、顔色伺いながら生活するのが幸せなのか、
賢明な方ならお分かりだと思います。
経済的余裕がある方が、
介護付き有料老人ホームに親を入居させるのは、
理にかなったことです。
お互い嫌な思いをしなくて済むのですから。
お金で解決できることは、そうしたほうがいいのです。

よくいうんですよね医療従事者、
「実家に帰ったらどう?」って。
実家に帰ったら地獄が待ってるから嫌なんだって。
っていうか、また暴力に耐える生活に戻れっての?
本人が「家族と暮らすのはイヤ」といったら、
やっぱり独居させなきゃダメですよ。

日本政府、ちゃっちゃとそこらへん考えてくださいね。
うまくいってる家族ばかりじゃないんだから。
家族がいれば幸せって幻想は早く捨てましょう。
ついでに、家族かかる負担を無視して、
制度作るんじゃない。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

これが本当なら、介護保険と訪問看護は機能していない。



 
厚生労働省が医療費削減のために、
在宅医療をすすめて15年くらいは経ったのでしょうか。
介護保険が始まって17年近く経ちますね。

在宅医療が始まって、制度が整っているのかと思えば、
元ドロンズの大島直也さんのような体験談は後を絶ちません。
ケアマネージャーさんは何をしていたのでしょう。
地域連携室は何をしていたのでしょう。
介護認定をして、必要なサービスの提供ができているはずですし、
介護保険制度が利用可能なことを伝えていたのでしょうか。
在宅医療をするのであれば、
介護保険以外に利用できる制度はあるはずです。
経済的に厳しければ、また福祉事務所など
相談機関の紹介はなかったのでしょうか。

お金持ちでないと、在宅医療は成り立たないと
誤解させたいのでしょうか。
介護する側が無知だと言いたいのでしょうか。
在宅医療は家族に負担をかける制度ではありません。
ですが大島直也さんの体験談と同様の話が続けば、
在宅医療も介護保険も機能していません。

在宅医療は、医療現場か家族かに丸投げしている
印象を受ける記事が後をたたないのはなぜでしょうか。
在宅医療・介護保険が機能していないことを証明しているからでしょうか。


 

落合陽一さんが一番現実的に高齢者社会に取り組んでいる件。

落合陽一さん、ナイスなツッコミです。
今はお年寄りが使えるスマートフォンが出てますし、
情報科学系の研究者がちょいちょいと研究してくだされば、
高齢者だって他人に依存しすぎることなく生活できるでしょ。



高齢者、かなり機械好きですよ。
定年してからパソコンとか画像加工にはまる方もいらっしゃるし。
タチが悪いのが、訳知り顔した50代以上の初老期の人たち。
自分たちが
「少ない若者が自分たちを支えるから、辛い時代が待ってる」なんて、
人の不安を煽ることしかしてないんですもの。
落合陽一さん世代、今の30代くらいの人たちが経験するのは今より人口減少が進んだ状態。
ある意味、我が事としてお考えなんでしょう。
辛気臭い団塊世代が考えた高齢化社会よりも、
年若の考えた明るい高齢者社会を作りたいですよ。

大好きな高齢化社会の解説です。

やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう