オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

介護について

老いの本当の怖さを感じた高齢者の言動5つ

              special thanks 山本あすか

体型の大崩壊・シワが増える・ハリがなくなる・白髪が増える・ 痩せない…
これだけでとどまらない衰えが身にしみる@やすじろうです。

尻の青い頃、それほど歳をとることはイヤではなかったんです。
見た目が残念になるのは怖くなかったし、 今でも怖くないです。(元が残念なんで) 
ただ、小ぎれいにはしておきたいですが。

これから本格的に歳をとるわけですが、 ご高齢の方々を見て「老いは怖い」と背筋が凍ることがあります。
老いることが怖いのではなく、老いた人たちが自分はいつまでも若い・自分の言うことは正しいと信じてやまないメンタルが怖いのです。

ワタクシが目の当たりにして背筋が凍った、 高齢の方の言動を5つあげますね。

1.記憶力や判断力が落ちているのを認められない

看護系の学校って、齢60以上が多いです。
一緒に働くと、日々気分は土に還っていく感じがしました。
一緒にいると老いていく恐ろしさを感じます。

記憶力の衰え・判断力が鈍るから、1時間で終わる仕事が1日かけないと終わりません。
自分が壮年期の働き盛りの頃のつもりでは仕事するけど、体力も判断力もついていかない。
さらに方向転換・修正ができないから、すぐ修正できる書類でも、 元の書類が探せません。
パソコンのアイコンを一つ一つ確認します。

自分の衰えのために周りの時間を潰しているのに、 全く気づいていません。
これが記憶力と判断力が落ちていることに、気づかない結果です。
自分の老いを認められないんですよ。

だから 高齢教員のデスクトップすごいですよ、ある意味恐怖。
どれがどれやら区別のつかないアイコンだらけ。
削除できないから、フォルダに何が入っているかわからない。
研究室は、物を捨てられない高齢者のゴミ屋敷寸前です。
不必要な資料が山積み。
これが自分の老いた姿かと思うと、背筋が凍りますよ。

2.考え方が変えられない

かつて、「60歳超えてたら、考え方は変えられない。」と言われました。
ものすごく楽になったのを覚えています。
だって、言ってもわからないのは、理解力がないからって理由がわかったから。

だから老人に依存症の話をしても、DVの話をしても、ハラスメントの話をしても、 なんの進展もありません。
理解力も、認知力も、適応能力も全てが低下しているんです。

若い頃に学習する習慣がなかった人は、時代の流れが理解できず、考え方の方向転換が全くできません。
その結果、仕事が滞り、苦情が後を絶たず、組織が信用されない原因になるのです。

3.リスクマネジメントが理解できない

看護系に限らず保健医療福祉系は、高齢になるほどリスク管理ができません。
時代の流れにそった生き方と働き方をしておられる方は、 保険に入る。
必要であれば文書に残す。
しかるべきところに公表するなど行動を取られます。

ですが、ほとんどの高齢の看護教員は何もしません。
事故が起これば他人の責任、調査に対して「知らない、わからない」を繰り返すだけです。

ワタクシが看護教育に関わってから、学生も教員も保険があることを知りました。
病気・事故などなど、幅広く対応します。
学生教育研究災害傷害保険は、大学生になったら必ず加入しますよね。
看護系だと病院実習の事故や破損のために、この保険に入っていることを確認させないといけません。
高齢の看護教員はそれができません。

何かあれば「自分はこういう対策をしましたよ」と公表するのが今の時代。
事故の犯人探しはやってはいけないことがわからないのです。
安全対策・訴訟のリスクがわからないから、今はない「始末書をかけ」と繰り返し、反省しろと追い詰めるだけです。

4.客観性がさらになくなる

子どものおいたより、中高生のかしましさより、何よりみっともないのが高齢者の立ち振る舞いです。
礼儀正しい方もいらっしゃいますよ。

ですが、バス・電車の中の大声でするおしゃべり、相当うるさいですよ。
バス・電車内で携帯電話で話すのは、絶対高齢者です。
道にいっぱいに広がってゆっくり歩く、 行列に横入りする。
これ、年若たちがやってたら「今時の若い子は…」と説教の対象になるのに、高齢者は怒られません。

仕事も同じです。
効率が悪くても自分のやり方に固執してるから、仕事の手順を変更できないのです。
それが業務が滞る原因と、全く気づいていないのです。
むしろ周りが働かないと思ってますから。

5.性格が悪く変わる

「加齢による性格の変化」を甘く見てはいけません。
自覚がないんですよ、恐ろしいことに。
物覚えが悪い・我慢できない・理解できない… 加えて感情のコントロールができない。
悪い性格に変わっていくのです。

だから自分が迷惑かけていることも、相手を罵倒していることにも気づかない。
「悪気がない」から一番タチが悪いです。
世の中の変化についていけないから自分が理解できない状況にかんしゃくを起こします。
覚えられないことや不愉快なことがあれば、眉間にしわを寄せて、延々と「やめてよ、ちゃんとしてよ」と 繰り返すだけで人の話が聞けません。

説明を聞いても理解できないから、 機嫌が悪くなるのです。
そういう人たちの中で働いていました。
この人たち、昔からこういう性格なのか・歳とったから性格が変わったのか、 わからないんですけどね。

まとめ

ワタクシ老いていくのは怖くないです。
怖いのが、老いて性格が変わること・厚かましくてわがままになること。
何より怖いのが、自分の老いを認められないことです。

岩井志麻子先生の金言、「若作りは老いを際立たせる」があります。
自分の見た目が老いているのに気づかない。
見た目だけでなく、 能力も衰えるのです。
おばさんが怖いのは、幽霊でもなんでもない。
自分の老いに気づかない人たちです。

自分の老いに気づかない人を目の当たりにすると背筋が凍ると同時に、自分の老いは認めなければと肝に命じております。

  やすじろうって何してきた人?
IMG_0978
 高齢者おひとりさま生活をハックする、
  やすじろうのプロフィールはこちら
 
 




                     ふるさと納税お得です
               
自分自身の老いが確かめられますよ
何が書いてあるか、知らないことがないか、今一度ご確認を



 

介護の負担を減らしたいーワタクシの両親に胃ろうは作りません

                 special thanks 山本あすか

両親に何かあった時、何もしないと本人確認した@やすじろう
です。
延命治療といえば、人工呼吸器・ペースメーカー・薬物・心臓マッサージなど思い浮かべますが、胃ろうや高カロリーの点滴も延命治療になるんだそうです。

寝たきりになり、口から食べられなくなると、点滴よりも管理しやすい胃ろうを作って、
食事の代わりの栄養剤を入れます。
水分補給ももちろんできますから、寝たきりの状態で長生きできます。

だからワタクシ両親が胃ろうが必要な状態になったら、お断りします。
もちろん自分の時も、胃ろうは作りません。
ワタクシが胃ろうについて思うことを、説明していきますね。

1.胃ろうとは

胃ろうとは、お腹から胃に向かって小さい穴を開けて、チューブで固定したものです。  
そのチューブから、ペースト状や液体の栄養剤を入れて食事の代わりにします。  
高齢でなくても、何かの病気で口から食べられない人も胃ろうを造っています。

2.ワタクシが両親に胃ろうを造りたくない理由

ワタクシの介護の負担を減らしたいからです。

ワタクシの両親が胃ろうを作るときは、意識はなくなり寝たきりになった状態。
治療をしても、回復する見込みはありません。
胃ろうの栄養だけで、十分寝たきりで長生きできます。

施設にお願いするのもありでしょうが、何かとお見舞いに行かなくてはなりません。
だから両親が胃ろうを作る状態になったら、胃ろうは断って家で介護をします。
その方がずっと楽なのです。

胃ろうがなければ、長々と介護をする必要はありません。
木が枯れるようにこの世を去る両親を、ワタクシは身ぎれいにしながら見守るだけです。

3.胃ろうは本人の意志より周囲の意志を尊重して造られる

胃ろうを作るとき、本人より家族と医師が決定する場面しか見たことがありません。
最近本人の意志はどうだったんだろう、と疑問に感じております。

ワタクシ、看護師時代は「食べられなくなったら胃ろうがいい」 などと深く考えてなかったです。
「点滴よりいいだろう、安全だし」なんて考えてました。
ですが、「なぜ胃ろうを造って生きなければならないんだろう」「本人は望んでるのかな?」などと疑問に思い始めました。

家族のエゴもありますし、「おじいちゃんの年金で、うちの家計は成り立っている」という
家庭があるのも現実です。

日本の医療は「何もしないこと」に罪悪感を覚えすぎです。
殺意があって治療しないのは犯罪ですが、 本人の意志、家族の意向であれば、 胃ろうは中止してもいいんじゃないでしょうか。
ワタクシは何もして欲しくないので、意思表示ははっきりしてますけどね。
家族の意向も聞いております。

何かあった時に、受けたい治療と受けたくない治療を元気で話ができるうちに
話し合っておいたほうがいいですよ。
日本老年医学会が、 高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン を公開しています。
どうぞご参照くださいませ。
認知症患者への胃ろうは百害あって一利なし、この記事もあわせてご参照ください。

まとめ

口から食べられないから胃ろうを作るのですが、そのあと少し回復すれば
「口から食べられるようになるね。
 刺身が食べられるね」 というのは家族です。
本人が望んでいるのかはわかりません。
そしてなぜ刺身を食べられるまで回復しなければならないのでしょうか。
自分で食べられるとでもお考えのようですね。

両親に何かあったときに延命治療するか、
そのままこの世を去ってもらうかあまりにも皆さん考えてないでしょう。 勝手な美談を自分の中で作るでしょう。
そして勝手に疲れるのは、「できるだけのことはしてほしい」と望んだ家族ですよ。

責任取りたくないだけでしょ?
他から責められたくないだけでしょ?
「家族なのに何もしないなんて冷たいよね」って、 勝手なこと言ってる人間の話を真に受けるんでしょ?

ワタクシは両親に、延命治療は全て断ると話しています。
両親はそれで納得しています。
そりゃ、みっともない修羅場を仕事柄見てますからね。
自分はそうなりたくないから、 鬼畜だの何だの罵られようが、ワタクシは両親に胃ろうを作りません。

         やすじろうって何してきた人?
       高齢者おひとりさま生活をハックする、
        やすじろうのプロフィールはこちら IMG_0978
 



               ふるさと納税お得です
 
両親や自分の最期をどうするか、書籍はたくさん出ています。

        

  

親を看取る前にー両親が望む最期を聞いておこう。

              special thanks 山本あすか

かつて大ゲンカして「お母さんはもう死にたい!」とキレた母に、 「じゃあ死ねば!」と
ガチギレした@やすじろうです。
それから二度と「死にたい」と言わなくなりました。

両親が健在な方も、療養中の方もいらっしゃるでしょう。
できる限り、両親の「自分の最期をどうしたいか」を聞いておくべきです。
「死んだらおしまいだからいいのよー!」といっている間は元気な証拠。

ですが実際、両親が病気でふせったら、自分も周りも慌ててしまいます。
日本は家族の意向を重視する医療ですから、一番近い身内である子どもに 何かと判断を委ねてきます。

そのためにも、いざという時に慌てず、両親の希望にそった最期を迎えるために、 何を聞いておくべきか書いていきますね。

1.我が家の場合ー母が「さっさと死なせてほしい」と言ってきた

「もし何かあったら、延命治療はしたくない。苦しいのと痛いのは和らげてほしい」
離れて住んでいる頃、
ワタクシが帰省した時に母が突然言いました。

理由は母、腰を痛め、 「手術するか自分で決めて」とお医者さんに言われたからでした。
命に関わることではないですが、「手術」と聞いて母親は「病気で寝付く」
「死ぬかもしれない」と思ったのでしょう。
そして自分の今後について、母は希望を話しました。
その時「やった!これで母親の死に際の希望が聞き出せる!」と、 よしっ!と思いました。

「そんなこと言わないで」「長生きして」などとは 全く思わなかったんです。
自分のこれからの意向を、直接本人から聞き出せる、 とワタクシは喜びました。

特に同居してからは、事細かに話を詰めていきました。
「うちで急に冷たくなった時(家で魂を持ってかれた時)、救急車呼ばないよ?」
「もし病気になった時、自宅か施設かは自分の好きに決めてね」などなど。

自治体で配られている緊急持ち出しグッズ入れの場所も教えてもらい、
あとは「その日」を待つばかりです。
父親の意向が抜けてますが、「自分と同じ」と母親が申しておりました。
(こういう話は娘にするけど息子にはしない、と 周囲の経験は一致しておりました)


2.最期の希望を聞くタイミング

アラフォー以上の皆様のご両親は、もう65歳以上の御歳でしょう。
医療のお世話になっていらっしゃる方もおられるでしょうし、そうでなくても周りで同じ年齢の方が倒れた、他界したなど 耳にしていると思います。

だから、思い切って「何かあったらどうしたい?」と聞いてみてもいいと思います。
マジマジと場をセッティングするのではなく、 お茶を飲みながら、くらいの軽い時間を過ごしている時がいいでしょう。

ただ、短く済ませるのと、結論を急ぐのだけはやめましょう。
「そんなに死んでほしいの?」と激ギレされますよ。

もしかしたらご両親から、遺書的なものを渡される可能性もあります。
自分から「最期はこうしてほしい」と希望を切り出されることも考えておきましょう。

もしご両親から最期の話を切り出されたら、 落ち着いて聞きましょう。
「そんなこと言うなよ」などと言ってはいけません。
ご両親、相当覚悟しておっしゃっているのですから。
自分もご両親も、お話しできる状態の時に最期について意向を聞いておきましょう。

3.できれば文書で残しておきたい


遺書
遺言書と違い、自分に何かあった時(病気や事故など)誰かに気持ちを伝える・自分の希望を書いておくなど、内容は手紙に近いです。
だから遺産や財産のことは書かなくてもいいし、書いたとしても無効になります。

何かあった時は、子どもであるワタクシたちもあわてますから、できれば文書でご両親の希望する最期の迎え方を残しておいていただきたいですね。
子どもであるワタクシたちも落ち着けますから。

でも無理にとは言いません。
筆不精な方もいらっしゃいますから。
ウチは「手紙みたいに書いといて」と言ってますが、もともと書くのが大嫌いなので、 何も書いておりません。

まとめ

なぜワタクシがここまで老親の死に支度の話をしたかったか。
病院勤務時代、のらりくらりと死から逃げる医師・看護師・家族を 見てきたからです。

本人が「何もせずに逝かせてほしい」と望めば、 苦しくないよう痛くないように療養して最後を迎えられます。
家族も「余計なことで苦しめたくない」と意向があれば、 その希望通りにできます。

事前に決めておかないと、「おまかせ医療」になります。
だから老親に「その日」がきたとき、 はっきり「何もして欲しくない」と言いたいのです。
騒ぎ立てて欲しくないし、何かあった時に医療従事者が慌てふためき、 責任のなすり合いを目の前でされるのはごめんです。

黙っていると、望まない治療を続けるのは目に見えてますから。
老親に何かあった時、余計な治療は望まない理由は ワタクシ自身の介護の負担を軽くしたいからです。

介護の負担が大きいままの回復する望みがない生活は、 絶対荒れるに決まっています。
自分が介護疲れして心身を病んでしまうくらいなら、ご両親と話し合っておくべきです。

普段から何かあった時の話をしておくと、 自分の気持ちも落ち着きますし、ご両親の希望に沿ってお見送りの支度ができます。
見送る側は何をやっても後悔は残りますが、お互いの気持ちを楽にするためにも、最期のご意向は聞いておきましょう。



         やすじろうって何してきた人?IMG_0978
       高齢者おひとりさま生活をハックする、 
         やすじろうのプロフィールはこちら





 

     身辺整理は普段から考えておきたいですね。

 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう