おひとりさまで、やってやる!

ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

介護をする・受ける心がまえ

おひとりさまが老親と同居するたった一つのメリット。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

実家に身を寄せて3年過ぎました。
老親は周りから
「娘さんが帰ってきたんですってー?  
よかったわねー!」と
お約束の反応をもらっています。

身体壊してやむない実家暮らしですが、
家電のちょっとしたメンテや設定、
買い物(洗剤とか日用品です)など、
娘は実家でいい仕事を
しているらしいです。

収入が不安定になった今、
実家を出ることは考えてません。
他に老親と暮らすメリットがあるのです。

ご飯作ってもらえるとか、
宅急便受け取ってもらえるとかじゃ
ないですよ。
ワタクシにとってたったひとつだけの
老親と暮らすメリット。

人が老いて、衰えていくところを
目の当たりにできる。


これだけです。
気が滅入るとか、辛気臭いという人は
まだまだ若い証拠。
そろそろ老いに加速がつく
お年頃なワタクシ。

サンプルが目の前にあると、
これからの暮らしの準備が
できるんですよ。
老親を見て、何が老いて衰えるかが
わかります。
それがわかると、自分の老いと衰えの
準備ができるのです。

老いと衰えその1.目が悪くなり、耳が遠くなる

当たり前とお考えでしょうが、
急に目が悪くなり・
耳が遠くなるのではありません。
 

見ていると、日々少しずつ
視界が悪くなり、
聞こえにくくなるようです。
 

よく「テレビのボリュームが大きい」と
言いますが、
それより生活音が
聞こえにくくなるようです。
 

インターホン・電話・
レンジの「チン」など。

ワタクシが話しかけて、
すぐそばに来るのは、

聞こえにくいからです。
 

視界が悪くなっているな、と
感じるのは、
汚れに気づかない、
日用品の表示が見えにくいなど。

だからシャンプーとコンディショナーを
買う時は、
慎重ですよ。


老いと衰えその2.判断力がなくなる

ワタクシが「悪魔の表」と呼んでいる、
自治体のゴミ分別の表。

ウチの地域は10種類の
分別です。
 

その区別がつかないから、何を捨てていいか判断できなくなるのです。

7月の水害の時も、避難するか判断できなかったのを覚えています。

(避難所に行く方が被災するので、ウチにいようとワタクシが判断をいたしました)

特に父親は「わからない」と何かと判断を委ねることが多いです。

老いと衰えその3.物覚えが悪くなる

メモするのが大嫌いだった母親、
今はカレンダーに予定を書き、

足りないものはリストアップするなど、
必ずメモをしています。
 

もう、記憶力が落ちているので、

覚えられないのです。

おまけに携帯電話など
機械類が使えないので、

記憶する方法が紙に書くことしか
ないのです。

 

ウチの中のどこに何があるか、

ストックなども覚えられません。

これに戦中育ちの
「捨てられない性格」が加われば、

もうゴミ屋敷まであと一歩、
の状態になります。

老いと衰えその4.力がなくなり、動作が鈍くなる

気持ちだけ前に行っても、
身体がついていかないのが、

見ていてよくわかります。
 

より前のめりに歩いてますから。

自分では機敏に動いているつもりでも、
足がもつれそうになったり、

つまづいたりしてます。

 

力がなくなるので重いものが
持てなくなると、

買い物だけでなく、
片付けができません。
 

持ち上げられる物が
減っていきます。

世の中の商品が

「軽量化」「コンパクト」って
改良してあるのは、

実は高齢者のためじゃないかと
思っています。

 

まとめ

仕事柄、年齢を重ねていく人より、

すでに高齢の方と出会うことが
多かったのです。
 

だから、老いて衰えた
自分の姿を想像できても、

そこまでの過程が
全くわからなかったのです。

 

老いていくことが怖いとか嫌という、

ネガティヴな感情はありません。


それより、いらないものは
早めに処分しよう・

重いものが持てなくなるから、

ネットショッピングと
宅配業者にお願いしよう、

介護保険や地域の社会福祉協議会の
サイトを見ておこうなど、

老いて行く準備ができます。


他にも転ぶから、
高いところに物を収納するのは
やめようとか。

目はもともと悪いから、
困ることはないでしょう。

 

老親の衰え方をそばで見ていることで、

おひとりさまのワタクシは、

老いる準備ができるのです。

2018.9 記事挿入用イラスト

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。







 


家事代行の利用なども、
考えております。 



 

小室哲哉さん、ありがとうございます。世間に家族が介護すると追い詰められることを公表してくれて。



小室哲哉さん会見全文

小室哲哉さんの記者会見、テレビでは見てないんですがネットニュースで見ました。
会見するのに話すことをまとめて書いた紙をもってくるなんて、
真面目な人なんですね。
「仕事が遅れるから」「耳が聞こえにくい」などこれだけじゃないけど、
引退を決意したって、ここも真面目なんですね。
できなくなったから、もうやめどきだと。
無期休業って方法もあったでしょうに。
小室哲哉さんのファンはたくさんいるし、
お世話になった芸能人はたくさんいらっしゃる。
でも引退を決めたのは、小室哲哉さんが真面目な性格だからでしょう。

KEIKOさんの発病から現在の状態まで、
細やかに説明されております。
クモ膜下出血の後に、高次脳機能障害をおこしてしまわれ、
会話ができず、歌手なのに歌に興味を示さず・・・
手足に障害がないとしても、身の回りのことができていたかどうか、
疑問に思います。

配偶者の責任と考えられたのか、KEIKOさんのケアを
自分で引き受けた小室哲哉さん。
小室哲哉さんの財力があれば、介護保険・医療保険関係なく、
看護師なりヘルパーさんなり雇えたと思います。
自宅療養でもKEIKOさんのケアはプロに任せて、
自分は仕事をする。
「献身的なサポート」はごく短い時間しかできないのです。
期間が長くなれば、サポートする側は疲弊するだけです。
もちろん仕事との両立は、負担がかかるだけで無理です。
それでもKEIKOさんをサポートなさっていた小室哲哉さん。
次第に自分の食事・睡眠が取れなくなるまで追い詰められていきます。

小室哲哉さんが入院治療した時点で、だれかが介入すべきだった、
看護師が業務範囲を超えた支援をしたなど、
誰だって責めることはできます。
しかも陳腐な言葉で。
だけど、元気で歌を歌っていたKEIKOさんの、
衰えて回復することのない姿を目の当たりにしながら、
サポートしても回復しないことに疲れ果てていく小室哲哉さん。
それで他に頼るところを探してしまうのは当然のこと。
誰も責めることはできないのです。
責めるんだったら、てめえがケアプラン立てて実際に関われ、です。

小室哲哉さんの最後の一言、少しどころかものすごく響きましたよ。
絶対に家族がサポートすると言っても、最初から引き離しておくこと。
距離感を持っておくこと。
医療従事者は家族を資源としてはいけないこと。
財力があり著名人であっても、追い詰められて言った姿を、
教えてくださって本当にありがとうございました。
ゆっくり療養なさって、また音楽をやりたいと思ったら、
復帰してくださいませ。

最後にひと言だけ。

たった1人の言動で、日本社会が動くとは思っていませんが、

高齢化社会や介護の大変さ、現代社会のストレスといったことに、

少しずつこの10年で触れてくることができたかな、と。

こういうことを発信することで、

みなさんが何かいい方向に進んでくれたらいいなと思いました。

微力ですが、何かが少し響けばいいなと思います。

本日は、ありがとうございました。

 

 

老いていくことを学ぶ。





どうあがいても、確実に老いは感じます。
字を読むのが辛くなりました。
目が疲れやすくなったのと、ピントが合う時間が短いです。
太ります。
もともとない集中力と根気がなくなりました。
以下略。
聞きたくないでしょ、辛気臭い話は。
人は学習する生き物だそうです。
ほほう、それは若い時だけか、と思っていたら、違うようですね。
病を抱えていきなければならない人、老いていく人も学ぶそうです。
自分を楽にする動き方とか、疲れたらどうやって休むかとか、
どれくらい動いたら疲れを感じるか、
だから動く時間と休む時間のバランスの取り方とか。
物覚えが悪くなったから、メモを残そうとか、
物を持ち過ぎていることの不利益を考えるとか。
「年だわー、いやねー、若いっていいわねー。」という
ジジイ&ババアが心の底から鬱陶しくて嫌いだったので、
この言葉は死んでも使いません。
ぼちぼちと老いていく心と身体に慣れていきましょう。
みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。

痛いのを飛ばすよ。




ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう