おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

自分の健康管理

オンナおひとりさまたち、持病の管理ができないと自分の能力と人間関係を失うよ。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     


アラフォー・アラフィフにもなると、
若い時から病気と付き合ってる方も
いらっしゃるでしょう。
身体にガタがきつつある
やすじろう(@2700_hermoso)です。

周りの働くオンナたちは、
何かと病気を持っています。
仕事ができなくなるほどでなく、
通院して軽い薬飲んで、という人々です。

双極性障害、 過換気症候群・
パニック障害などをお持ちの方と
出会う事はあります。
どの方も通院して、無理ない生活をして、
働いてらっしゃいます。

かつてのハラスメント上司は
典型的な 双極性障害です。
カミングアウトを所構わずなさるので、
守秘義務違反も何もないでしょう。

誤解のないように付け加えますが、
双極性障害を持っていらしても、
仕事を持ち、家族を持ち、
社会生活をしておられる方がほとんどです。
治療を受けて、自分で調整できる方が
ほとんどです。

ワタクシが紹介するのは、
典型的な自己管理ができず、
治療に結びいてない人です。
くれぐれも誤解なきように。

全部カミングアウトしてらっしゃる
方ですが、 名前は出しません。
(守秘義務違反はしませんよ) 

この方が無茶して
さらに症状を悪化させた行動を、
反面教師としてお読みください。

1.双極性障害とは

昔は「躁うつ病」と読んでいた病気です。
双極I型障害は、うつ状態に加え、
激しい躁状態が起こります。
双極II型障害は、うつ状態に加え、
軽躁状態が起こります。

躁状態で攻撃的になる・浪費をする、
うつ状態で動くことができずに
音信不通となるなど、
社会生活に悪い影響がある病気です。

躁うつの波を繰り返すことで、
人間関係・社会的信用・仕事や家庭など
人生の基盤を失うことが
この病気の恐ろしさです。

下記のサイトを参照しました。
みんなのメンタルヘルス 厚生労働省 
加藤忠史先生に「双極性障害」を訊く 

2.典型的な双極性障害の元上司

顔出しで双極性障害を
カミングアウトしてらっしゃる、
ブロガーのほっしー(@HossyMentalHack)さん。
メンタルハックというブログの運営者です。
その方の記事が一番参考になるので、
典型的だったハラスメント上司の言動を
照らし合わせてみます。

双極性障害2型の軽躁状態は
「軽い」からいいねと言われるけど、
結果的にはマイナスしかないぞ。
 

1)躁状態の時

ワタクシとワタクシの職場は、
彼女の典型的な躁状態に
振り回されました。
今考えると、躁状態の時、
ワタクシにハラスメントを
仕掛けていました。 


彼女は自分の病気のことは、
常に所構わず話して回っていました。そして
「うつなの。だから動けない時があるの。」と
常に言ってました。
他人との距離の置き方など、
この時点でわからなくなっていたのでしょう。

影で新しい仕事場のスタッフを
「あの人たちは低脳」と見下していました。
ここらへんは、性格でしょうね。
他人を見下す性格が躁状態になると、
際立って前面に出てくるのです。

躁状態というと、いつも話してて、笑ってて、
動き回って、というイメージでしたが、
この人は違いました。
やたら攻撃的になります。

なんでも首を突っ込んできます。
いきなり怒り出すので、
対応の仕方がわかりません。
そして話し続ける。

おまけに他人との距離感がわからないから
常に二人きりになりたがるんです。
何かと「ちょっと来て」と呼びつけて
長々と話して、怒り始める。
しかもヒステリックに。
「あなた、この仕事向いてないわ」
「年下に追い越されるのは嫌でしょう?」
「緻密さがない。雑。脳天気。」などと
罵倒されていました。

今考えると、この人の躁状態は
いつも怒っていて、
動き回っている状態です。

不機嫌躁病というものがある
私のフォロワーさんに聞いたところ、
なんと80%以上の方が
軽躁状態で不機嫌を経験しています。
診断項目にないというのは
疑問が残りますね……。

ともかく、不機嫌の躁は
人間関係をぶっ壊しかねないので
注意しなければなりません……。
注意したところで自分で
どうこうできるものでは
ありませんが。 はい、
ほっしーさんのブログ記事より

その方も不機嫌でした。
常にイライラしていましたね。
説明しても納得せずに、
他の人に電話して
「うちに部下は何にも知らなくて!」と
罵倒する。
組織の文句を言い続ける。
理由なく学生を叱りまくる。

「他の人は無能だ」という態度を
常に取っていました。
それが原因で仕事の信頼だけでなく
人間関係も壊れていました。
「夫から、二度と帰ってくるなと言われた」と
離婚の話も初対面の人にしていました。

すべてが中途半端に終わる
頭の中に湯水のように
湧き上がるアイデア、切れないエネルギー。
ビジネスパーソンだろうが学生だろうが
きっとこの軽躁というスーパーサイヤ人の
能力を欲しがるでしょう(笑)

しかし残念ながら、あなたの望む物が
手に入るまでの間、軽躁状態は続きません。
マリオのスター状態が永遠に続かないことも、
大事な場面でスーパーサイヤ人の効果が
切れることも あなたは知ってますよね。

まさにそのような感じ。
今からじゃねえか・・・ というときに、
軽躁状態は終りを迎えます。
つまり、すべてが中途半端に終わる。
ほっしーさんのブログ記事より) 

仕事の提案は次々としていました。
ですが何一つまとまってないのです。

相手の都合を考えずに
電話をかけまくる、
企画があれば必ず出席すると
返事だけする。
(結局はいかない。体調不良を理由に。)

「寝ずに考えた」といいますが、
それは睡眠欲がなかったからでしょう。

2)うつ状態の時

躁状態で動き回った後、
必ず鬱状態が来て寝込んで出勤できない。「うつなの。だから動けない時があるの」が
口癖でした。

転勤したばかりだから、
まず心身共に休まなければいけない時期に、
参加しなくていい会議に
参加すると言ってドタキャンしました。
一回ではなく数回。しかも連絡なし。

おそらく具合が悪くても連絡しないのは、
習慣になっていたのでしょう。
無理に連絡しろとは言わないのですよ。
電話ができる時間に誰かの留守電に
入れておけばいいんですから。

うつになると、動けません。
だから「起きれなくて・・・」という
言い訳で職場放棄です。
連絡も取れない。

これを病気だから、と
許されるわけがありません。
学生には、「休む時は必ず連絡しろ」と
言っているんですから。

3.基本的な管理ができない結果


「双極性障害は、長期化すると
脳にダメージを受ける。」 
今思うと、この人はそうでした。 


他にも寝ずに仕事する、時間オーバーで
仕事を続けるなど、 休むことを無視して
身体を酷使していました。

今考えるとかなり短い間隔で、
躁うつを行ったり来たり
されてたと思います。 

その結果、
「この人に仕事は任せられない」と
周りが判断しました。
確かにそうなのです。
思考の癖ではなく、決断できない。

だけど見捨てられ不安と
「自分は仕事ができる」という思い込みで、
全ての作業が遅れできていない、
という状態になりました。

元の性格なのか、病気の症状なのか、
攻撃的で好戦的な態度を
取っていましたから、
周りはもういたわりもしません。

病気になる前は、相当仕事が
できた人だったそうです。
鳴り物入りで移動してきた方でしたから。
ですが、教員としてできて当然の仕事が
全くできない。

次年度の予定が組めない、
講義ができない、
スケジュール管理ができない、
時間が守れない。

当然のごとく、仕事は減らされました。
会議は彼女の公開処刑でした。
職場を離れて、今は
どうしているかわかりません。
今は仕事につけない状態のようです。

この方まだアラフィフなのに、
廃人に近い状態です。
これもご自身がカミングアウトしています。

まとめ


今回は双極性障害ですが、
他の病気も同じことです。
アレルギー・自律神経障害・
めまいなどなど。

なりたくてなった病気ではないし、
キツければ休めばいいのです。
夜寝て、食事して、残業しないで、
薬飲んで、 通院して、
無理と思ったら仕事休む。
これだけです。

症状が辛くて休むのも、
通院するのも、 全然構わないのです。
迷惑だなんて本当に思っていません。
ですが、自己管理ができていない人は、
大変迷惑です。

仕事が滞るだけでなく、 特に攻撃的な症状で
周りは非常に不愉快になりますし、
ハラスメント加害者にもなります。
その結果、人間関係が持てなくなり、
孤立します。

病気を持ったのなら、
自分をいたわって無理せず、
休む時は休んで治療しましょう。
できる範囲の仕事で大丈夫です。
無理しすぎると、
本当に全てを失うことになりますよ。


      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。2018.9 記事挿入用イラスト








               フリーランスになられるなら・・・

 

オンナおひとりさま、自分のケアは他人に頼ってもいいんだよーセルフネグレクト。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

オンナおひとりさまライフを、
快適に送ってますか?

ワタクシは老親と同居、
お互い存在を心の片隅で確認しながら、
干渉せずに3人一つ屋根の下に
暮らしています。

きっかけが何かわかりませんが、
一時期老親は、ものの溢れた
ゴミ屋敷一歩手前の状態で
生活していました。

ワタクシも身体壊した頃、
コンビニとスーパーのゴミが
溜まった部屋に住んでいました。

何がきっかけで、今の生活が崩れるか
わからないのです。
自分のケアを止めるのも、
何がきっかけかわかりません。

自分のケアの仕方や
自分のケアをやめたくなったときなど、
どうしたらいいか、
これから説明していきますね。

1.セルフネグレクトとは

直訳すれば「自己放任」。
つまり、自分の世話を
放っておくことです。

食べない、
でもアルコールとニコチンは欠かさない。
具合が悪くなって受診しても、
続けて治療しない。

部屋の掃除をする気力もない。
ただただ、寝転がって
テレビを見るでもなくつけてる。
他人との接点が全くない、
何も繋がるものがない
生活を送っているそうです。
孤独死の背景に「セルフネグレクト」
枕元に尿、ゴミの中で絶命…
特殊清掃業者の現場
 から引用。)  

セルフネグレクトの状態が続けば、
「孤立死」「孤独死」という
結果を迎えます。
弊ブログ記事
【閲覧注意】
オンナおひとりさまの死に支度
ーエンディング産業展の
孤独死ミニチュア。
をご参照くださいませ。


2.調子が悪ければ病院へ行きましょう

ちょっと調子が悪いけど、
市販薬飲んでるし・・・と、
具合が悪くても病院にかかってない
そこのあなた。

一度でいいから、受診しましょう。
何もなければ、それでよしです。
心がしんどければ、気軽に
心療内科にかかりましょう。

心当たりがあれば、婦人科・内科にも
かかりましょう。
それで通院できれば、
外とのつながりが持てます。

「身体や心が辛いのは、
病気のせいだ」とわかれば、
相談のしようがあります。


3.人を頼るのは、悪いことじゃない

心身辛い状態で、
一人暮らしを続けなくていいのです。
もし、ご両親や親族と
仲が良ければ、一人暮らしをやめて、
同居するのもありです。

それが不可能なら、
友人・知人にヘルプを求めましょう。
LINEで「辛いよー」と
送信するだけでも 気持ちが違いますし、
LINEのやりとりで気力が
湧くかもしれません。

友人・知人に遠慮するなら、
自治体の相談窓口を
利用しましょう。
「住んでいる都道府県・市区町村名・
孤立・相談」をキーワードに
ググってみてください。
連絡先がヒットします。

他には
「住んでいる都道府県・市区町村名・
精神福祉保健相談」でググってください。
社会資源も知っておくと、心強いですよ。


4.業者さんを利用しよう!ー宅配サービス・清掃業者

食べることならパルシステム
コープ・生協を利用しましょう!

食材だけでなく、
お弁当やレンチンで食べられる
お惣菜の提供もあります。

お掃除は、面倒なら
業者に頼みましょう。
大手だとおそうじ本舗ダスキン
ローカルでも掃除代行業者があるから、
ググってみましょう。

以前一緒に働いてた上司、
水まわりや風呂場の掃除は
業者に頼むと言ってました。


まとめ

高齢者だけの話ではないです。
孤立した年若も同様で、
セルフネグレクトの予備軍は
多いと思います。

リストカット・アームカットなどの
自傷と違って、 見た目にはわからないのが
セルフネグレクト。

他人は「あの人はだらしない」
「身寄りがない」としか
わかりません。

孤独と孤立は違います。
孤独は愛するもの、
いつでも誰かとつながれて、
助けをもとめられる状態。

孤立は誰ともつながれません。
まさか自分が死ぬとは思いつかない。当事者たちは自傷・自殺と
考えていません。

自分には関係ないと思ってても、
ちょっとだけ使える資源のことは
覚えておきましょう。
ちょっとだけの安心で、
世の中渡っていけますからね。

2018.9 記事挿入用イラスト

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。  






家事代行サービスも上手に利用しましょう!




 


 

おひとりさまは、正しい食事より楽しい食事。

               special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
 

行き過ぎた「食の安全」志向から、もっとゆるい食文化へ


老親と同居のため、毎日母の地味メシを
食べているやすじろうです。
 

おひとりさまもアラフォー以上になると、
食事に気をつけますよね。

もう無茶食いができないのは、
自分が一番知っていることだと思います。
 

ワタクシ食に関して、正論をかざす人が苦手です。

最近は「周波数治療に基づいた食事」など、

新しい技を持つ人が出てきて、
絶対に巻き込まれないと
決心したばかりです。


食事にそんなに神経質にならなくても良いワタクシが、

「食べること」について考えていることを書きますね。

 

目次

1.玄米食について

2.添加物や「・・ゼロ」の食品について

3.調味料・特に塩と砂糖について

 

1.玄米食について
 

白米は、栄養分をこそげて
カロリーしかないと言いますが、
玄米は精製してないから、周りに付いてる部分に
農薬や放射線をたっぷり含んでいます。
だから食物繊維やミネラルと一緒に
有害な物質も食べてることになります。
 

玄米はぬかが付いた状態なので
消化が悪いから、体調悪い時は白米がいいですね。

もしミネラルや食物繊維が気になるなら、
白米に雑穀を混ぜるとか、
ゴマをふりかけかければいいですよ。

どうしても玄米食がいいなら、
精米機を買って自宅で玄米を精米できますよ。
自宅で精米した方が、
好みに合わせて精米できますし、
つきたての玄米が食べられます。 

 

2.インスタント食品や添加物や
  「・・ゼロ」の食品について
 

カップ麺食べてる人に、食べたいから食べてるのか、
食べるものがないから食べてるのかわからないのに、
添加物が悪い・栄養不足など口を挟むのは野暮ですよ。
 

「・・ゼロ」の調味料(油とかマヨネーズとか)が
気になるのなら、自分が買わなければいいだけの話。
これも他人に指図するのは野暮ですよ。
 

ヒステリックに「添加物が!」と騒ぐ人といると、
こっちが落ち着かないのです。

だから騒ぐ人の方が身体に悪いですね。

 

3.調味料・特に塩と砂糖について
 

かなり前から、岩塩や海水からの塩を
使ったほうがいいと言われてます。
食用の塩化ナトリウムはお手頃な価格、
その代わり他の電解質は含んでません。
砂糖も黒糖がいいと言いますが、高価ですよね。

料理の食材で十分補える量なので、
使い慣れてないなら、
わざわざ買い替える必要はないでしょう。
懐に響くほどの効果な調味料を買って、
他のものを我慢するのも、
ストレス溜まりますよ。

 

まとめ
 

確かに食材や食事に
気をつけなければならないアラフォー世代。

ですが、「身体にいいから」
「健康のために」が目的だけの食事って、

つまんないし、息苦しくないですか?
 

3食唐揚げとかインスタントラーメンは
どうかと思うけど、
思いつめない楽しい食事を
心がけたほうが、
絶対身体と心にいいと思いますよ。




2018.9 記事挿入用イラスト 

 
やすじろうって何してきた人?
やすじろうのプロフィール。 はこちら。







ブロガー御用達です。



 

AI、ICT大活躍ーみまもりほっとライン。





みまもりほっとライン、2001年にスタートした
サービスなんですね。
地域医療のシンポジウムで
「ポットが一定時間使ってなかったら、通報がある」って
うっすらと聞きました。
それが、 みまもりほっとラインのポットなんですね。
時々CMでみます。

もう独居だろうが、なんだろうが、
在宅で過ごせってことなんですよ。
たっかい有料介護施設に入れるのは、
富裕層だけ。
在宅療養にすれば、人手は必要。
でも人材不足。

だからちゃっちゃと、ICT とAI導入して、
システム作ればいいでしょう。
「人の温もり」って、人が一番冷たいですからね。
それから高齢者ずる賢いから、
医師には暴力振るわないけど、
看護職・介護職には暴力ふるいますから。
それ避けるためにも、ICT とAI導入しなきゃですよ。

いつまでも家族に負担かけちゃダメですよ。
反対にDVや虐待で、一緒にいてはいけない
家族もいるんですから。
早く機械化してほしい。
高齢者福祉にこれ以上お金かけちゃダメ。
大事な人材のために資源は残しておきましょう。

オリヒメちゃんも忘れずに。







 

セルフメディケーションとセルフケア。


ゴールデンウィーク、息災にお過ごしでしょうか。
麻疹が流行ってますが、皆様大丈夫でしょうか。
自分の身体は自分で守る。
これ、日本人に一番足りない心構えです。

今まで気軽に医療機関に書かれてましたが、
入院日数は短くなり、
かかりつけ医を持てと言われ、
紹介状がないと受診できない。
はい、日本の医療が成り立たなくなっているからです。

散々自己判断で薬を飲むなと注意を受けてましたが、
ここ数年セルフメディケーションという
市販薬で治せるものは治せという動きが出てきて、
2017年には市販薬の一部が控除の対象になりました。


普段から健康に気をつけ、かかりつけ医を持ち、
自分の手当の仕方を学んでおく。
わかりやすいのが歯医者でしょう。
かつては虫歯など口の中のトラブルがあって、
歯医者に駆け込んでいました。
ですが普段から歯科健診を受けて
クリーニングをして口の中の病気の予防をする。
普段は自分でケアして、
行き届かないところを定期健診でケアする。

散々医療批判した人たち、
薬漬けが嫌と言った人たち、
この人たちがこぞって、
「医療が平等に受けられなくなる」と騒ぐけど、
じゃあ自分ら何をしたら満足するの?






やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう