おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

食事・睡眠など基本的なこと

オンナおひとりさま、自分のケアは他人に頼ってもいいんだよーセルフネグレクト。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

オンナおひとりさまライフを、
快適に送ってますか?

ワタクシは老親と同居、
お互い存在を心の片隅で確認しながら、
干渉せずに3人一つ屋根の下に
暮らしています。

きっかけが何かわかりませんが、
一時期老親は、ものの溢れた
ゴミ屋敷一歩手前の状態で
生活していました。

ワタクシも身体壊した頃、
コンビニとスーパーのゴミが
溜まった部屋に住んでいました。

何がきっかけで、今の生活が崩れるか
わからないのです。
自分のケアを止めるのも、
何がきっかけかわかりません。

自分のケアの仕方や
自分のケアをやめたくなったときなど、
どうしたらいいか、
これから説明していきますね。

1.セルフネグレクトとは

直訳すれば「自己放任」。
つまり、自分の世話を
放っておくことです。

食べない、
でもアルコールとニコチンは欠かさない。
具合が悪くなって受診しても、
続けて治療しない。

部屋の掃除をする気力もない。
ただただ、寝転がって
テレビを見るでもなくつけてる。
他人との接点が全くない、
何も繋がるものがない
生活を送っているそうです。
孤独死の背景に「セルフネグレクト」
枕元に尿、ゴミの中で絶命…
特殊清掃業者の現場
 から引用。)  

セルフネグレクトの状態が続けば、
「孤立死」「孤独死」という
結果を迎えます。
弊ブログ記事
【閲覧注意】
オンナおひとりさまの死に支度
ーエンディング産業展の
孤独死ミニチュア。
をご参照くださいませ。


2.調子が悪ければ病院へ行きましょう

ちょっと調子が悪いけど、
市販薬飲んでるし・・・と、
具合が悪くても病院にかかってない
そこのあなた。

一度でいいから、受診しましょう。
何もなければ、それでよしです。
心がしんどければ、気軽に
心療内科にかかりましょう。

心当たりがあれば、婦人科・内科にも
かかりましょう。
それで通院できれば、
外とのつながりが持てます。

「身体や心が辛いのは、
病気のせいだ」とわかれば、
相談のしようがあります。


3.人を頼るのは、悪いことじゃない

心身辛い状態で、
一人暮らしを続けなくていいのです。
もし、ご両親や親族と
仲が良ければ、一人暮らしをやめて、
同居するのもありです。

それが不可能なら、
友人・知人にヘルプを求めましょう。
LINEで「辛いよー」と
送信するだけでも 気持ちが違いますし、
LINEのやりとりで気力が
湧くかもしれません。

友人・知人に遠慮するなら、
自治体の相談窓口を
利用しましょう。
「住んでいる都道府県・市区町村名・
孤立・相談」をキーワードに
ググってみてください。
連絡先がヒットします。

他には
「住んでいる都道府県・市区町村名・
精神福祉保健相談」でググってください。
社会資源も知っておくと、心強いですよ。


4.業者さんを利用しよう!ー宅配サービス・清掃業者

食べることならパルシステム
コープ・生協を利用しましょう!

食材だけでなく、
お弁当やレンチンで食べられる
お惣菜の提供もあります。

お掃除は、面倒なら
業者に頼みましょう。
大手だとおそうじ本舗ダスキン
ローカルでも掃除代行業者があるから、
ググってみましょう。

以前一緒に働いてた上司、
水まわりや風呂場の掃除は
業者に頼むと言ってました。


まとめ

高齢者だけの話ではないです。
孤立した年若も同様で、
セルフネグレクトの予備軍は
多いと思います。

リストカット・アームカットなどの
自傷と違って、 見た目にはわからないのが
セルフネグレクト。

他人は「あの人はだらしない」
「身寄りがない」としか
わかりません。

孤独と孤立は違います。
孤独は愛するもの、
いつでも誰かとつながれて、
助けをもとめられる状態。

孤立は誰ともつながれません。
まさか自分が死ぬとは思いつかない。当事者たちは自傷・自殺と
考えていません。

自分には関係ないと思ってても、
ちょっとだけ使える資源のことは
覚えておきましょう。
ちょっとだけの安心で、
世の中渡っていけますからね。

2018.9 記事挿入用イラスト

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。  






家事代行サービスも上手に利用しましょう!




 


 

おひとりさまは、正しい食事より楽しい食事。

               special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
 

行き過ぎた「食の安全」志向から、もっとゆるい食文化へ


老親と同居のため、毎日母の地味メシを
食べているやすじろうです。
 

おひとりさまもアラフォー以上になると、
食事に気をつけますよね。

もう無茶食いができないのは、
自分が一番知っていることだと思います。
 

ワタクシ食に関して、正論をかざす人が苦手です。

最近は「周波数治療に基づいた食事」など、

新しい技を持つ人が出てきて、
絶対に巻き込まれないと
決心したばかりです。


食事にそんなに神経質にならなくても良いワタクシが、

「食べること」について考えていることを書きますね。

 

目次

1.玄米食について

2.添加物や「・・ゼロ」の食品について

3.調味料・特に塩と砂糖について

 

1.玄米食について
 

白米は、栄養分をこそげて
カロリーしかないと言いますが、
玄米は精製してないから、周りに付いてる部分に
農薬や放射線をたっぷり含んでいます。
だから食物繊維やミネラルと一緒に
有害な物質も食べてることになります。
 

玄米はぬかが付いた状態なので
消化が悪いから、体調悪い時は白米がいいですね。

もしミネラルや食物繊維が気になるなら、
白米に雑穀を混ぜるとか、
ゴマをふりかけかければいいですよ。

どうしても玄米食がいいなら、
精米機を買って自宅で玄米を精米できますよ。
自宅で精米した方が、
好みに合わせて精米できますし、
つきたての玄米が食べられます。 

 

2.インスタント食品や添加物や
  「・・ゼロ」の食品について
 

カップ麺食べてる人に、食べたいから食べてるのか、
食べるものがないから食べてるのかわからないのに、
添加物が悪い・栄養不足など口を挟むのは野暮ですよ。
 

「・・ゼロ」の調味料(油とかマヨネーズとか)が
気になるのなら、自分が買わなければいいだけの話。
これも他人に指図するのは野暮ですよ。
 

ヒステリックに「添加物が!」と騒ぐ人といると、
こっちが落ち着かないのです。

だから騒ぐ人の方が身体に悪いですね。

 

3.調味料・特に塩と砂糖について
 

かなり前から、岩塩や海水からの塩を
使ったほうがいいと言われてます。
食用の塩化ナトリウムはお手頃な価格、
その代わり他の電解質は含んでません。
砂糖も黒糖がいいと言いますが、高価ですよね。

料理の食材で十分補える量なので、
使い慣れてないなら、
わざわざ買い替える必要はないでしょう。
懐に響くほどの効果な調味料を買って、
他のものを我慢するのも、
ストレス溜まりますよ。

 

まとめ
 

確かに食材や食事に
気をつけなければならないアラフォー世代。

ですが、「身体にいいから」
「健康のために」が目的だけの食事って、

つまんないし、息苦しくないですか?
 

3食唐揚げとかインスタントラーメンは
どうかと思うけど、
思いつめない楽しい食事を
心がけたほうが、
絶対身体と心にいいと思いますよ。




2018.9 記事挿入用イラスト 

 
やすじろうって何してきた人?
やすじろうのプロフィール。 はこちら。







ブロガー御用達です。



 

お酒好きな人は一度は読んだほうがいいですよ。

プチプラファッションなら「MAYBE BABY」





失踪日記も併せて読んでいただきたいんですがね。
こうも簡単に人は路上生活者になれるのか、読んでる最中に背筋が凍ります。
しかもアルコール依存症ですから、どんな手を使ってでもアルコールを手に入れる。
ニコチン依存症ですから、誰が吸ったかわからない吸殻を口にする。
ちょっと自分のアルコールの飲み方を見直す機会になりますよ。
凡庸に、中庸に・・・

懐かしい眺め。









フリーランスとアルコール。




フリーランスになると、昼からビールとかワインとかいただけますね。
うん、いいですよ。
打ち合わせがなければ、いただけますよね。
でも、気をつけましょう。
昼からひっかけるのは、アルコール依存症になりやすいんです。
時間関係なく飲める、おまけに日本はアルコールにゆるい国。
いつでもどこでもアルコールが手に入ります。
せっかく付き合い酒がなくなって、ゆっくりできるなら、
アルコールはお楽しみで節度もって楽しんだ方がいいですよ。
ワタクシはアルコールはいただきませんが。
凡庸に、中庸に・・・

こんな時期がありました。でも家呑みが好きでした。 

 


WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中
 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう