オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

高齢者生活のスキルと楽しみ

やる気のない食器屋の大将の思い出。


            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。

7年間長崎に住んでいたことがある@やすじろうです。
職場から路面電車で20分くらいの、便利のいい場所でした。
スーパーマーケット・ドラッグストア・市役所出張所・市場のある商店街もありました。
長崎の思い出の1つで、商売する気が全く感じられなかった食器屋の大将ことを書きます。

1.やる気のない食器屋の大将との出会い

 食器屋の大将は60歳以上、おそらく子どもは独立してガシガシ稼ぐ必要はもうない感じでした。その食器屋は、商店街の大通りに面したところにありました。人通りが多くて立地がいいのです。 長崎に引っ越して生活用品を買い揃えていた時に、食器がざっくりと陳列してあったのがその食器屋でした。

 そこで蓋つきの保存容器を買ったのですが、流行りの食器や有田焼や伊万里焼(長崎と佐賀の焼き物)を置いているわけでもなく、普段使いの食器や鍋などが並べてありました。 お店に入っても商品を進めずに新聞か何か読んでいた気がします。ゴリ押しで商品をすすめない大将でした。

2.やる気のない食器屋の大将の商売

 女の子が好きな雑貨の食器や、調理小物、高価でないけど手頃な値段の波佐見焼や伊万里焼の食器を置いて、お店のレイアウトを考えると、商売繁盛する食器屋でした。人通りはある・近くに住宅地がある・大学生が多い場所だから、好条件な場所にあるのです。  

 ですが大将は、流行に全く関心のない品揃えで、レイアウトも無関心。ざっくりとお皿や急須などを並べていました。気が向いたらほこりを取っていたくらいで、まったく商売っ気がなかったです。時々レジにいないので、ちょっと声をかけながら奥を覗くと、お店と自分の部屋の境目のところで友だちと一杯引っ掛けながらお寿司をつまんでくつろいでました。

 よくお店に友だちが来ていて、お茶を飲んで世間話をしていました。 それでも全然感じ悪いと思わなかったのは、「すみませーん!」と声をかけると飛んできてくれたのと、いつも笑顔で話をしてくれたからでしょう。  
 そんな感じのゆるーい経営をしている食器屋でした。

3.満を持しての店じまい

 地元に帰る1年前くらいから、閉店セールが始まりました。大将、身体悪くしたのかと心配しましたが、見た感じ元気そうでした。自営業だしもういいだろう、と閉店を決心したのでしょう。 閉店セールの時は、張り紙が華やかだった覚えがあります。  

 2ヶ月後くらいに、きっちり店じまいをしていました。大将はどうなったかというと、店舗と自宅が一緒なので店を閉めてもそこに住み続けていました。商店街のイベントがあれば参加して、商店街の馴染みの人たちとお付き合いをしていました。ずっとそこで商売してこられたんだから、昔から付き合うがあるご近所さんはが多かったんでしょうね。  

 
 食器屋の大将のことは自営業のメリットを見た感じがしたので、覚えているのでしょう。 勤め人は定年退職した後どうするか、ビジョンがない人は必死で考えています。ですが自営業だと定年がありません。自分おペースでゆるゆると働き続けることができます。

 子どもに店を継がせることもない、自分が食べていくだけでいいから、別に店を続ける理由はなかったと勝手に思っています。 なかなかうらやましい高齢者生活を送る大将、元気でいらっしゃるかなあと今でも時々思い出します。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 



 



お買い物、色々できますよ。お仕事もできますよ。



 

愛用品を手入れして使うー女おひとりさまのお気に入りを長く使うために。


            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。

 自分のお気に入りのものだけ持っていたい@やすじろうです。

 アラフォーすぎると物欲がなくなってきませんか?尻の青いころ、バーゲンになれば買い物しまくっていたのは懐かしい話。とにかく買い物しては買い換えるサイクルが早かった気がします。 アラフォーすぎると少ないブランド物のバッグ・靴などを、大切に使いませんか?

 ワタクシは買い換える体力気力がない代わり、持っているものを大切にしています。メンテナンスをしていれば、使い込んでもキレイで自分に馴染んだものになります。 だけどメンテナンスはなかなかめんどうなこと。どこかにお任せしたいですよね?
 ワタクシの愛用お手入れグッズと、お手入れをお願いしているお店を紹介しますね。

1.基本的なお手入れ

 革製のバッグは、使った後必ず柔らかい布で乾拭きします。革製の靴は履いた後、柔らかい布で乾拭きします。アラフォー以上のおひとりさまたち、ご存知ですよね?

2.スプレーで簡単にケアする

・防水スプレー

   布製品・ナイロン製品に使います。布製・ナイロン製バッグ(レスポートサックなど)、布製スニーカー、雨傘・日傘にスプレーします。
 もちろん汚れを拭き取った後ですよ。防水スプレーを使うと、特に傘類は水を弾いて汚れにくいです。 ワタクシが愛用しているカバン。布製とナイロン製なのでスプレーしまくりです。確かに汚れにくいです。 

IMG_2501

 ・革製品用スプレー 

 
 ワタクシはスウェードの靴に使っております。色が薄い靴だとやっぱり汚れてしまいますが、被害は少ないと感じております。これももちろん汚れを拭き取ってからスプレーするのですよ。 両方とも目立たない場所にスプレーして、色が変わらないか確認してから全体にスプレーしましょう。
 そうでないと、スプレーしたところが色ムラになります。

3.年1にはプロにお手入れをお願いする

 

 愛用しているお店が靴専科。靴だけでなく、バッグなどもメンテナンスしてくれます。15年くらい前に履いていた靴の手入れがわからなかったところ、偶然お店の前を通りかかってメンテナンスをお願いしました。
 色がはげたところ・汚れたところ・磨り減ったところなど、丁寧に状態を説明しながら、メンテナンスの見積もりをお願いします。 状態にもよりますが靴一足・バッグ一個で各5000円くらいです。全国展開しているので、お近くの店舗のご利用をお勧めします。  

まとめーお気に入りのものは心を穏やかにしてくれる

 自分と苦楽を共にしてきた愛用品は、思い出の品ではなくて使い心地よく馴染んだもの。新しいものを買い換えるのも結構ですが、長く付き合っている愛用品はなぜか気持ちを穏やかにしてくれます。
 デザインは奇抜ではなく定番なので、どこにでも持っていけますし履いていけます。 長く使ったからこそ出てくる、こなれた感じは新品には出せません。
 愛用品を持つのは大人の嗜みだけでなく、選ぶ手間が省けて安心しますよ。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 









いいものをお手入れしながら長く使いたいですねえ。



  




 

NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」ーひとくくりにできないおひとりさまライフ。

             special thanks 山本あすか

スーパーマーケットのアルバイトが、思った以上に楽しい@やすじろうです。 
どういう経緯か覚えてないけど、ネットで知り合ったサカキミヤコさん。 

 彼女から「NHKでやすじろうさんが興味ありそうな特集するよ!」と教えていただいた、NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」。


 同じマンションの部屋を買って、同居ではない「近居」をしている暮らしを、元アナウンサーの村田幸子さんのナレーションで進めていく番組でした。ワタクシ「テレビの高齢者生活特集は興味ない」と決め込んでいたのですが、食わず嫌いはいけません。

 この番組を見終わって、ワタクシには絶対無理なおひとりさまライフだ、と確信しました。「友だち近居」は否定しませんが、ワタクシには向いていないだけの話です。 
おひとりさまライフ、多様化していくんでしょうね。

1.同じマンションの部屋を買う財力がない

 新築マンションを買うお金がありません。同じ時期に分譲マンションを7人同時に購入して「友だち近居」という形態で住んでらっしゃいます。見た限りかなり立地条件がよく、内装もキレイなので新築なのでしょう。おひとりさまですから財産は自分の自由に使えるので、不動産にかけるお金も自分で決められます。

 この7人の方々は資産に恵まれた方々です。 もし、「友だち近居」をしたいけどお金がない、というのであれば賃貸なら可能ではないでしょうか。 同じアパートメントに友だち同士で近所に住みたい人たちが、賃貸するのは可能でしょう。 保証人がいないのなら、保証人代行システムを利用すれば賃貸住宅を利用できます。

2.息苦しい人間関係

 この7人のおひとりさまたち、どういうご縁なのかわかりませんが相当交流が濃いです。部屋が別なだけで、同居に近いのではないかというくらい。一緒に食事する・お茶する・おしゃべりする…近くに住んでいるからお互い出入りしやすい。

 安心な人は安心でしょう。寂しいと感じれば、訪ねて行ってお茶ができるし、困ったことがあればすぐ対面で相談できる。 ワタクシ、濃い人間関係はもう無理なので、しょっちゅう他人がワタクシの生活に入り込んできたら、不愉快かつ疲労感倍増です。

 複数名固まって住んでいるのですから、「今ちょっと…」と断った後が怖いですし、他の人になんて言われるかもわかりません。何かあったんじゃないかと気を遣われるのも煩わしい。濃い人間関係に疲れたから、ゆるく細いつながりで交友関係を保っているのです。

3.人間関係が壊れた後の住むところ

「友だち近居」の女おひとりさま7人様、もしメンバーが欠ける時は他界する時というくらい大変仲が良いです。些細な揉め事はあるかもしれませんが、決定的な亀裂が入ることはなさそうという印象が強かったです。  
 さて、そこまで仲が良いまま暮らしていける相手が見つかるでしょうか?女おひとりさまが集まって、「友だち近居しよう!」と同じマンションを買ったとしましょう。人間関係、いきなり終わりが来るのではありません。少しのひずみがたまって、満期になった時に決裂するのです。

 賃貸アパートなら、引っ越すのは簡単です。ですが分譲マンションを購入した人は、不動産の処分という面倒くさい手続きが待っているのです。しかもそのマンションはいつ売れるかわからない。次の住処のための資金が残っているか。  
 
 人間関係が壊れる可能性があるのは、絶対考えておかなければならないことですね。仲良くしていられるのはきっと最初だけでしょうから。

4.「お互い様」の関係が維持できない

「友だち近居」の女おひとりさま7人様、具合が悪くなれば救急車より先に仲間に電話して助けを呼ぶ。昔ながらの「お醤油貸して」的なやり取り。支えて・支えられて、というバランスが半分ならいいのですが、依存的・自分で決められない人だと、一方的に頼られてくる可能性大です。  

「友だち近居」は集団生活ではないですが、全員親しい者同士の小さい地域のようなもの。知らない人だと断れることでも、親しく交流していれば断りにくいこともあります。この番組のおひとりさまたちは、若い頃から「自分で決める」「自分でできる事は自分でする」と生活を送ってこられた方々。だから一緒にいても議論をしていても、できる事は自分でして自分の意見を述べられるのです。

まとめー高齢者おひとりさまの生活はひとくくりにできない

 ワタクシには絶対無理なおひとりさま高齢者ライフです。財力がないのが一番の理由。同居してないのに、お互い毎日顔を合わせる濃い人間関係を続ける気力体力がないから。だから「友だち近居」という高齢者ライフスタイルは、向かないしやりたくありません。

 番組を見て向き不向きはあるけど、高齢者ライフスタイルはひとくくりにできない世の中になりました。昔の独居・子どもと同居・施設に入居の3択ではあリません。 独居・複数の住むところを持つ・半分同居など。「友だち近居」もマンションを買わなくても、賃貸住宅でできますよね。

「おひとりさまはさびしい」と心配されるのは大きなお世話。おひとりさま同士、知恵を絞って自分にあった暮らし方を作り出せる時代です。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 






                       ふるさと納税お得です。 


               自分のおひとりさまの暮らし方、探してみましょう。







 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう