オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

高齢者生活のスキルと楽しみ

「老人福祉」を追い求めたワタクシたちの失敗―脱! 暴走老人 英国に学ぶ「成熟社会」のシニアライフ

               special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


 積ん読消化中の@やすじろうです。 ナイスなTwitterをなさるめいろま氏著作「脱暴走老人」、読了しました。


 シニア向けに書いておられますが、これ今の若人に読んでいただきたいです。 イギリスのシニアの生活・資産運用という構成ですが、気づかされるのは日本人が都市づくりやライフスタイルを全く考えていなかったこと。しかも高度成長期に「働き続ける・成長し続ける」としか考えていなかったこと。

 日本は見事に人口政策だけでなく都市づくりや老人福祉にも失敗しました。 この本で気づかされた、ワタクシたちが成熟社会を作れなかった失敗を書いていきますね。
 

失敗その1:住むだけの住宅地しか作らなかった

 高度成長期の住宅政策で、郊外に団地や住宅地を作りましたが、本当に「住むだけの場所」しか作りませんでした。憩いの場所も、知識を得る場所も全くなし。買い物するにも商店街やスーパーマーケットは一か所に固まってあるだけ。

 ワタクシは当時の新興住宅地に引っ越して育ちましたが、こども心に息苦しさやつまらなさを感じていました。弊note勉強の仕方がわからない-本屋と図書館がない地域で育つということをご参照ください。

 人口減少が始まってから、かつてのニュータウンは過疎化が止まりません。自治体の予算不足で道路などのインフラが老朽化しても、メンテナンスができません。歩道や道路は凸凹で、歩きにくいことこの上なしです。その上景色はどこまでも続く住宅と団地だから、散歩してもつまらない。

             公園はあるけどこんな感じ。
IMG_1699


 住みにくい場所ですから、いくら中古物件で価格がお手頃でも引っ越してくる人はほとんどいなくなりました。 今でも空き地があれば、アパートを建て続けています。

建築中のアパートは散歩すると必ず見つかります。
IMG_1706
 


失敗その2:生活保障だけの福祉を訴え続けた

 ワタクシたちは、ただ「福祉の充実」としかいってこなかったのです。具体的な内容は全く触れず、「老後に安心して生活できるようにしてくれ」としか訴えてこなかったのです。 
 「高齢者に優しいまちづくり」 「高齢者の福祉を充実させます」 絶対に聞いたことがあるセリフですが、何をしてほしい/何をサービスするのか具体的に聞いたことがありません。

 生活保障といっても、お金のことなのか控除できる項目があるのかも、さっぱりわかりません。 公共の乗り物はステップが高く、車椅子で乗るためのスペースがありません。高齢者が集まって楽しめる施設や公園はありません。高齢者は住居を借りられません。

 運転免許を返納しても、公共交通機関がない地域があります。生活費の援助は年々厳しくなっていきます。 ワタクシも「老人が暮らしやすい世の中」と言われても、はっきりと具体的な項目が浮かびません。 漠然と世間様の「お年寄りに優しい」を受け入れてきた結果です。

失敗その3:シニア層のライフスタイルを考えてなかった

 「お年寄りが暮らしやすい世の中」が漠然としかイメージできなかったように、仕事を定年になってから何をするかを考えてなかったのです。定年後に何をするかと聞かれても、答えられない人が多いと思います。

 契約で働く、と仕事を続けるシニアが多いと思います。 では、仕事の他に何をするのでしょう?女性は割と余暇の過ごし方を知っています。映画・旅行・友達と買い物など。お金を使わなくてもショッピングモールのフードコートでお茶をして、などうまくやっています。男性はICTに目覚めて、シニアになって写真を撮り画像加工をして楽しむ人がいます。

 ですが、自分で仕事をしない生活を送る人はかなり少ないと思います。交友関係がなく孤立して、何をしていいのかわからない。だからいつも不機嫌で、公共の場で明らかに自分より立場が弱い人間にクレームをつけて荒れ狂うのでしょう。
 文句を垂れてクレームをつけているのは、シニア層しか見たことがありません。

失敗その4:高度成長期・バブル期の働き方・考え方から変化しなかった

 例えば地方の看護系大学の教員って、おばーちゃんばっかりです。理由は看護学校を定年退職した後、看護系大学からスカウトがあるから。私立大学だと定年が70歳だから、後10年は働けるわけ。自分のステイタスは上がるし、働き続けられるしラッキー!とおばーちゃんたちは喜んでるけど、現代社会はあなたたちの頃より仕事は増えてるし規則も多いのです。

 だからリスクマネジメントも学生の通学スタイルも全然違うことに気付いてない。ハラスメントも知らないから、平気で「学生は教員が来てすぐ講義ができるように準備しておくものだ」「お客さん気分で勉強するんじゃない」と、言い放つ。(立ちっぱなしで勉強するって、ある意味虐待ですがな)

 高度成長期・バブル期の人間は、まず学習する習慣がなくて時代の変化についていけない。同じことをしていれば、勝手に収入が増えて昇格できた時代だから。そのシニア層を雇用し続けることで、若人がすっかり年老いた考え方しかできなくなるデメリットを見ていなかった。  今の人手不足はシニア層を雇い続けると絶対に解決しません。

まとめー失敗からの復活は個人でできる

 老人に優しくないシステムの国で、老人に不便な町に住み、経済的に不安を煽られ、行き先のない生活を送らなければなりません。ですが、絶望するのはまだ早いのです。まだアラフォーなら、いくらでも住むところは選べます。日本でもよし海外でもよし。

 そしてシニア割引や無料で過ごせる場所など、アラフォー世代ならすぐググって探せるでしょう。 あいまいで漠然とした生活保障しか言わなかった世代と同じ轍を踏まないための方法は、アラフォーあたりはわかっているでしょう。

 具体的に何が必要か考えて交渉する力は、今のシニアそうより持っているのがロスジェネ以降の世代です。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。


動画や読書はよき時間を過ごせます。


ポイントを貯めて楽しめます。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
 

【群ようこさんに見習う高齢者ライフ】老いじたくの参考にしたいエッセイ5選。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 積ん読を崩している最中の
@やすじろうです。  
 群ようこさん、現役でまだまだ執筆してらっしゃいます。

 ワタクシが群ようこさんを知ったのは「無印良品」あたりから。
本格的に読み始めたのは、西原理恵子さんとの対談集「鳥頭対談」からです。

 自分を「エッセイスト」と名乗り、エッセイや小説の内容は、オンナおひとりさまの地味な日常。 ちょっと群ようこさんの著作から遠ざかって、久しぶりに手にとったものは内容が見事に変化していました。エッセイの内容は壮年期おひとりさまライフから高齢期おひとりさまライフへ。

 ワタクシがおすすめする群ようこさんのエッセイ集をリストアップしてみました。

1.断捨離と高齢者ライフスタイル指南

1)老いと収納
 ふと気がつくと自分のアパートメントに使わないものが溢れかえっている。 アパートメントの大規模修繕工事のために、モノを処分しなければならない状況に追い込まれてしまった群ようこさん。
 溢れかえるモノを捨てるための奮闘エッセイです。

 アパートメントの事情だけでなくおそらくお母さまの不調をきっかけに、断捨離を決意されたのもきっかけではないかと他の著作を読んで感じます。 家具・衣類・下着・台所・化粧品・美容・着物・本・掃除の仕方と、筆者が実践したことをそのまま書いてらっしゃるので、断捨離の参考書にもなります。

2)ほどほど快適生活百科

 おひとりさま1人暮らしの知恵が綴られているエッセイ集です。
 衣食住・健康・美容・お金・仕事・趣味娯楽・人間関係・エイジングの項目に分けて構成してあります。気になる項目を目次で選んで読む便利さもあります。

 アラカン(還暦60歳前後のこと)になってから、食べるモノ・洋服・身体の調子などまたガラリと変わります。それを無理なくゆるく自分が快適と感じればよし。
 メディアの丁寧な暮らしは、できる人がやればよいのです。

2.群ようこさんの高齢者ライフスタイル

1)ぬるい生活

2)寄る年波には平泳ぎ
3)小福歳時記

 50代から60代、群ようこさんが老いを確実に自覚し始めた感があるエッセイです。
 肌トラブル・体型の崩れ・体調不良など身体の衰え、仕事のこと、いらないものは持たない生活など、健康状態から生活のダウンサイジングまで幅広く自分自身の高齢者ライフの実際を綴っておられます。 

 群さんは手拭い・ハンカチ・レジ袋などを「気がつくとごっそり」ためていらっしゃるそうです。 ワタクシの場合はTシャツ・靴下・謎の裏の白い紙を気がついたらため込んでいます。  ため込むのは習慣なのか、歳を重ねると出てくる習性なのか、どちらなのでしょう?

 敏感肌で医薬品が身体や肌に合わないので、漢方や東洋医学で体調を整えてらっしゃる群ようこさん。ですがトンデモ医療やテレビなどの健康情報は疑っていらっしゃるのは、リテラシー能力がある方だと感じております。

 特定の食品だけ食べるのではなくバランスの良い献立、いざとなったら西洋医学へ切り替えるなど、ロクでもない方向に偏らない生活の参考にできます。

 今だからいう、といった感じで散々妬みひがみ嫉みの手紙を送りつけられたことも書いておられます。
 「あなたのような人が売れるのは納得いかない」「内容のない文章」「私の方が才能あるのに」などなど、メンタルよく保てたなあと思います。
 今でもネットで悪口は見かけるそうです。

 群ようこさんは、日々の市井の人々の日常を書く才能をお持ちです。確かにドラマティックな読み物ではありません。ですが自分の体験などから「普通の人の生活」を描く才能は、なかなか持てないんじゃないでしょうか。

 エンディングノートや終活に興味をお持ちですが、それより今の自分のお金を使い切ってこの世を去るにはどうしたらよいかを優先して考えておられます。
 確かにあの世に行ってからの後始末の代金があればいいので、誰にも資産を残す理由がないなら、「お金を使い切ること」を優先してもいいな、と考え方を増やした次第です。

まとめー作家とともに歳を重ねる楽しさ

 同年代のお気に入りの作家さん(小説家など分野問わず)、発表する作品で歳の重ねかたがなんとなくわかります。
 もちろん私生活を微塵も匂わせないフィクション作家さんもおられます。

 ですが自分の生活をテーマにエッセイを綴られている作家さんのファンだと、自分の生活の参考になりますし、自分とは違う視点がはっきりしてより楽しく作品を読めます。そして過去の作品をさかのぼって、「あの時自分はどうだったっけ?」と自分の変化も楽しめます。

 群ようこさん、作品数は減ったとはいえまだまだ執筆なさるのでしょうね。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。

群ようこさんの愛用品。
ちょっとお値段張りますが、 心地良さそうです。


動画配信、NHK見放題プランが加わります。


 

電子書籍、かさばらなくて便利です。
 断捨離には不用品回収です。

 


老いに気づき・老いを知り・老いを覚悟する。

             special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 どうあがいても、確実に老いは感じている@やすじろうです。
 字を読むのが辛くなりました。 目が疲れやすくなったのは、ピントを合わせるのに時間がかかるからです。 太ります。 もともとない集中力と根気がなくなりました。
 以下略。 聞きたくないでしょ、辛気臭い話は。

 人は学習する生き物だそうです。 ほほう、それは若い時だけか、と思っていたら違うようですね。 病を抱えていきなければならない人、老いていく人も学ぶそうです。 自分を楽にする動き方とか、疲れたらどうやって休むかとか、どれくらい動いたら疲れを感じるか、 だから動く時間と休む時間のバランスの取り方とか。

 物覚えが悪くなったから、メモを残そうとか、物を持ち過ぎていることの不利益を考えるとか。 「年だわー、いやねー、若いっていいわねー。」という ジジイ&ババアが心の底から鬱陶しくて嫌いだったので、この言葉は死んでも使いません。
 ぼちぼちと老いていく心と身体に慣れていきましょう。

1.自分の老いに気づく

 自分の身体がキッチリガタがきていると、イヤでも気づきます。「喪失の年代」という気持ちのガタがきつつあるワタクシ。ですがその前に失ってしまいました。好きだった仕事・やりたいこと。これは40代に「もう自分にはできないことだ」と気付かされたのですよ。人間関係も失いましたが、それは断捨離しただけで辛くもないです。  
 裏切りはしんどかったけど、時間がたてば自分の人生に必要ない人だったのでいらないと。困らないものしか失ってないです、今のところ。  

 老いを感じるのは、体力よりも視力と外見ですね。老眼に近視と乱視が混ざってるので、より見えにくくなりました。お肌は気を許すと直ぐ乾燥する、体型は大崩壊する、白髪は増える…。老いて醜くくなる自分に、ものすごい絶望感と喪失感が襲ってくると思っていた尻の青いころのワタクシ。

 実際自分の外見が大崩壊するのを見ても、「年取ったな」としか思いません。 元が残念な外見なので「美がすべて」という価値観を持てなかったのが、幸いでした。岩井志麻子さんの金言「若作りは老いを際立たせる」が、無理な若作りをしないことに歯止めをかけてくれました。自分の外見が老いていくのを認めたら、若作りでなく余計に老けた服装やメイクを避けられます。
 体力は今の所アラフォー時代から横ばいです。転がり落ちることはありません。

2.覚悟がないと老いた自分に気づかない

 美容整形しようが何しようが、外見は若作りできても、中身は老いているのです。全身整形した中村うさぎさんは「古くなったみかんの外側をワックスで磨いたようなもの」と表現なさってます。記憶力・筋力など、外側は取りつくろうことができても内側は無理なのです。  

 外見・中身が衰えていくことを受け入れなくてもいい、認めることです。「ババアになりたくなーい!」と逆らってもいいのです。でも認めましょう。それは否定することではありません。若さに価値を求める人間が離れていっても、気にしないことです。それはワタクシ・あなたに必要ない人間ですから。  
 老いた自分を認めないと、イタイ若作りをして無理な運動をして大ケガするのが火を見るより明らかです。

3.気持ちは尻の青いころの方が保守的なことに気づく

 もちろん気持ちも老いています。「丸くなった」と言いますが「めんどくさくなった」が正解です。ちくちく注意する・怒るなどは、気力がないとできません。たまにガチギレしますけど、その後回復するまで時間がかかるので、それ考えたら我慢するのではなく見逃します。  
 「歳をとると頑固になる」は、ワタクシには当てはまりません。自分の我を通すのが疲れるのです。なぜか時代が変化すること、規則が変わることに抵抗はありません。尻の青いころの方が「〜するべきである」「目標は高く持って」など自分に無理な課題を出して、「自由であるべき」「一人でやらなければならない」「飲み会必要」など、ガチガチにルールで縛ってました。新しいことは受け入れる振りして、「絶対無理」と否定してました。  

 だからアラフィフになって、ネットで稼ぐ勉強や投資を始めたのでしょう。尻の青いころなら、ソッコー無理!と否定していました、そんな働き方は。医療機関での看護師の仕事と縁を切って、気楽になったからもあるのでしょう。 年功序列なんて全然意味がない、実力さえあれば年齢関係なく稼いでいる。それをネット民になって学びました。
 だから若人から教わるのは抵抗ないです。だってネットネイティヴたちには勝てません。

まとめー自分の老いと向き合うこと、覚悟すること

 今の人々、昔と比べて若いです。60代でもまだまだ働けるくらい元気です。 でもですね、確実に老いてるんですよ。考え方が古いのは認めましょう。もう右肩上がりの経済成長はありえないし、若人たちは飲み会しません。  
 ここを認めないと、高度成長期・バブル期ゾンビとなり、時代の流れに乗り遅れ、死臭を放って周りに迷惑をかけるのです。

 老いていくことは、悪いことばかりじゃない。イヤなことはイヤと主張できる厚かましさを持てるんですから。
 まず自分が老いている部分を見つけないと、「まだ若いから!」ととんでもない勘違いをして、とんでもないことをやらかしますよ。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。

            読書しつつ、自分の似合うものを探しつつ、老いを楽しみましょう。

                   動画配信、NHK見放題プランが加わります。


 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう