オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

高齢者生活のスキルと楽しみ

失うことを嘆くより、ゆるくて弱い繋がりをたくさん持とうー喪失の年代を迎えて

               special thanks 山本あすか

ぼっち大好き、年末はクリスマスよりも大掃除とテレビ番組が気になります。
忘年会、クリスマスパーティ、なぜ参加せねばならないのか疑問です。

喪失の年代にさしかかりました。
尻の青い頃、老年看護について話すとき、 必ず「歳とったら失うばっかりなんだって」と 
知ったかぶったことを言っておりました。 
失うものが多いからウツになるんだと、したり顔で語ってましたよ。 

実際自分がその立場になりましたが… 
失うのではなく、いらないものが減っていくのですよ。 
人間関係も、モノも、めんどうくさくなるから、多くを持たなくなります。

衰えはありますが、まあ悲しむことはありません。
失うことを嘆いてもいいけど、 新しく得るものもあることだってあるんですよ。

1.本当に「喪失の年代」?

教科書通りにいえば、「定年で仕事を失い、子どもは独立する。配偶者や友人と死別する。記憶力、体力が低くなる」。
新しく得るものがなく失うだけなので、アラフィフ世代から「喪失の年代」になるそうです。

だから喪失感と孤独感がハンパない、つらい年代といわれています。
 …ワタクシの周りの人たち、めちゃめちゃエンジョイしてますよ。
だってもう自分のことしか考えなくてもいいんですもの。

失うものもありますけど、それ以上に今までできなかったことや新しく人間関係作って、その御歳なりに新しく得るもの得てますよ。
喪失感が強い人も確かにいますけど、全員当てはまらないのかなあ、と感じております。

2.ワタクシの周りの元気な人ー子育て終了・シングルアゲイン

仕事も子育ても終わった、と老後を謳歌する人の方が多いんです。 
パソコン・デジカメに凝りだして、部屋にこもることが多いとか。 
今まで時間が取れなかったから、好きな旅行をするとか。
旅行はオフシーズンにいけるので、安上がりだそうです。

さらに60歳以上の割引が使えるから、さらにお得です。
ジパング倶楽部は年会費払うけど、新幹線代が3割引になります。 
他にも映画鑑賞の割引とか、安上がりに遊べます。 
引きこもっているのは、インドアが趣味の人だから孤立してません。 
退職してからほとんどうちにいないくらい旅行していた、上司はお元気かしら。

3.ゆるく繋がってれば、それでいい
歳を重ねると、人と会うのがおっくうになります。
もういらない気を使うより、 ワタクシはうちでゲームして、本読んで、動画見たいですよ。もともと友達は少なかったんですが、 さらに友達が減りました。

寂しいとお思いでしょうが、全然寂しくありません。
残った友達は、大切にしたい人だから、 メンテナンスを続けてつながりを保ってきた人ですもの。
向こうからおろそかにぞんざいに扱ってきた人とは、 疎遠にしました。

その代わり、ゆるーい知り合いが増えました。
Facebookで交流するのもたまに。
LINEもたまに。
そして知り合う層が、微妙にメール世代ではないので、 返信も適当。
SNSでしか関わらない人もいます。

でもそれで良いんです。
疲れ果てるような、濃厚な関わりは必要ないですから。
途切れそうで途切れない。

深刻な悩みは行政へ。
そんな感じの人間関係です。
おひとりさま用のアプリが出てますよ。
その名もシンクル。
グループたくさんありますし、匿名でゆるゆる好きなことを話せる荒れないアプリです。 


  
4.一番こたえるのは、自分の心身の衰えかも

自分の身体の機能が衰えて失うことが、一番こたえるのかなと思っています。
はい、ワタクシも確実に失っておりますよ。
体力、肌のハリ、根気、視力、記憶力などなど。
これから加速するんでしょうが、 それほど気にならないのはなぜでしょうか。

ただ決定的に落ち込むのが、自分のことが自分でできなくなった時、 失った自分の心身について嘆くでしょう。
でもですね、「全部自分でやらないと!」と意気込んでいると、 自分の機能を失った時
(歩けない、お風呂に入るのに誰かの手伝いが必要など)落ち込み方が病的になります。

もし自分に何か手助けがなければ暮らせない状態になった時、
「手伝ってもらえばいいや」と他の選択肢を考えておくと、
さほど落ち込みが長続きしないかも。
介護保険だけじゃなくて、自治体の支援とかね。

まとめ

ワタクシが看護系に関わっていた頃、「歳をとると失うものが多すぎて、心を病む」などと
いわれておりました(今もですが)。
実際はそういう人もいるけど、大半は自分の年齢なりの楽しみを知っている方です。

平日旅行すれば、シニアマダムたちがはしゃいでますし、ショッピングモールできゃっきゃと
女子会してますから。

ワタクシたちの年代だとSNSやオンラインサロンで、会ったことない人たちとつながることには慣れています。
リアルのつながりもゆるくて浅いです。
実の親子でも、滅多こと合わないようですよ。

ワタクシたちの年代は、ICTをまあまあ取り扱える年代。
うまく活用して失うことを嘆いても、生活を楽しむ高齢者生活を送りたいですね



       やすじろうって何してきた人?IMG_0978
      高齢者おひとりさま生活をハックする、
        やすじろうのプロフィールはこちら
 





              ふるさと納税お得です
                  

自分の趣味が収入になりますよ


読書と動画を楽しみましょう





オンラインサロン、入ればいいってもんじゃないー合わないと感じたらやめるべし。

                special thanks 山本あすか

                   


@やすじろうです。
気がつけば、14のオンラインサロンに入っておりました。
2つは有料で、他は全部無料です。

Facebookの広告で「オススメ」と表示が出たので入会したもの、 自分で探して入会
もの
あまり強い思い入れを持っていません。
有料は、やはりガチで入会したいと決心して会員になりました。

うまく活用すれば、良い娯楽となりビジネスの勉強になるオンラインサロン。
ワタクシのオンラインサロンに対する考えを書いてみますね。
 

1.オンラインサロンのタイプ

オンラインサロンといえば「ブロガーが運営する稼ぐ系」というイメージが強いですよね。ですが、ビジネスや投資以外にもたくさんオンラインサロンはあるのです。

・医療系オンラインサロン
当事者や医療従事者が運営するサロン。
会員同士情報交換やセミナーの募集などをします。

・語学系オンラインサロン
日本語・英語・スペイン語など。
勉強するサイトの紹介、言語の使い方などメンバー同士で教え、話し合います。

・稼ぐ系オンラインサロン
これが一番有名でしょう。
トップブロガーが有料で運営して、ブログで稼ぎたい人たちが集まるサロンです。

・趣味系オンラインサロン
料理、観光、手芸など。
自分の趣味を披露して情報交換するサロンです。

他はマルチ商法のサロン、政治・思想系のサロン・自己啓発系のサロンがあります。

2.オンラインサロンのメリット・デメリット


正直にブロガー系オンラインサロンをやめた記事を、アップした方がいらっしゃいます。
この記事の書き主、つぐりさんはオンラインサロンに入会して失敗と書いておられます。
正直この意見がなぜ今まで出て来なかったのかが不思議でした。

ワタクシの考えるオンラインサロンのメリット・デメリットを書きましょう。

メリット

・オーナー・成功者がコンサルをしてくれる
いのぴーさんのオンラインスクールは
ガチで稼げるように仕込んでくれます。
ただしやる気のある人に限ります。
(もちろんじっと意見もせず座っている人に、わざわざ教えるマネはしません)

大当たりのサロンに入会しております。
動画などでの定期的な情報更新・情報交換ができる・卒業したブロガーからも意見がもらえるなど。

PVが下がるなどうまくいかないときも、情報交換をします。
例えば今はグーグル先生の機嫌が悪いなど。
自分の記事を第3者の目で見てくれ、客観的な情報もゲットできます。

・新しい情報が得られる

ワタクシいくつかのサロンは「専門誌」と考えております。
そこではROM専ですが、何も言われません。
ほとんど紙媒体で情報を得ることをしなくなりました。

紙だろうがネットだろうが、ジャンクな情報はジャンクなのです。
特に保健医療福祉系のオンラインサロンは、無料の割には充実したコンテンツです。

・トップランナーの議論が聞けて、自分の知らないサブカルに触れられる

最近著名人がCAMPFIREでファンクラブを作っています。
ワタクシが入っているのが宇野常寛氏主催のPLANETS CLUB
はあちゅうさんや箕輪厚介さんのファンクラブに比べれば地味目ですが、充実したコンテンツです。
ROM専でも大丈夫ですし、ゆるふわな書き込みをするスレッドもあります。

宇野常寛氏損得勘定なさすぎなので、いつも会員が楽しめるように運営してらっしゃいます。

デメリット

・情報の取捨選択能力が求められる

特に稼ぐ系サロンは、情報が膨大になります。
フォロワーを増やす方法・記事の書き方・アフィリエイト攻略など。

自分がネットビジネスで何をしたいのかはっきりしないと、情報の迷子になります。
だから自分で必要な情報は何かをはっきりさせないと、ただのROM専になってしまいます。

・情弱はカモられる

稼ぐ系有料サロンで感じることです。
先がわからぬ初心者ブロガーが、道しるべとしてオンラインサロンに入会するという、
情弱ビジネス感はワタクシも否めません。

以前入っていたブロガー系オンラインサロンでは、全くサポートがなかったです。
ワタクシもお金を払っているのですから、初心者に対してサポートは欲しかったです。
手取り足取りとは言いませんが。

これはサロンオーナーの特性もあるでしょう。
完全な個人プレイヤーか、個人プレイヤーだけど指導能力があるか。
個人プレイヤーがサロンオーナーだと、「稼げるようにする」という考え方がありません。

「サロンにはいればブログが書けるようになる、PVも増える」と焦ってらっしゃる方や
初心者の方が入会するのも確かでしょう。
ですがブログで稼ぐのにチートはありません。

・地方住民は疎外感を感じる

サロンオーナーは大都市に住んでいることが多いので、どうしてもイベントなどはサロンオーナーの地元で開催することが多いです。
それに加えて、入会しているメリットがわからなくなってやめたのがpolca広場白井響氏のクラファンリターンのサロン

良い活動をしているのですがただイベント開催の周知や報告だけで、polcaの活用の仕方など何も情報は入ってきません。

サロンオーナーによっては、サロン内限定でライブ配信するなど地方民が損しないように運営してます。
ですが、サロンオーナーが内輪で騒いでる感が否めないのは確かです。 

3.オンラインサロンの選び方

有料無料問わず、サロンオーナーの意向が自分と合うかどうかです。
つぐりさんはやぎペーさんのオンラインサロンに加入してらっしゃいましたが、炎上商法が
お嫌いとのこと。
ここで価値観が合わないと確信した上で、オンラインサロンを退会したと書いておられます。

ワタクシSNSで好き嫌い構わず気になる人をフォローしますが、オンラインサロンの入会基準はサロンオーナーのSNSがおもしろいと感じるかどうかです。

ただ「情報発信」ってワードが出てくると、ワタクシの信用度は落ちます。
情報発信するのは誰でもできるのです。
今はSNSもYouTubeもありますからそれは簡単です。

でもですね、発信した情報の受け手がいるかどうかなんですよ。
情報の受け手が発信者の信者だけだと、それは情報発信してるとは言えないんじゃないかな。
自分の方向しか向いてない人以外に
届く情報を発信しないと情報発信者とは言えません。 

つぐりさんのブログの中にオンラインサロンのリストを載せてあるので、参考にしてはいかがでしょうか。

まとめ

ちょっとずつフットワークが重くなるアラフォー世代、オンラインサロンをうまく活用して、
ネットワークを作っておきましょう。

そのためにも、オンラインサロンは自分の好き嫌いで入会を決めていいのです。
リアルでも自分が嫌いな人がオーナーしてるサロンに通うのは、ストレス以外の何物でもないでしょ?

副業を持ちたくてもスクールに通えないなら、オンラインサロンは便利です。
自宅で準備して勉強できますから。ただ心得ておかないといけないのは、サロンに入っても
すぐ稼げるようにはならないこと。

「3ヶ月で月収3ケタ!」と宣伝しているサロンやツイートは怪しいです。
稼ぐのにチートはありません。

オンラインサロンはビジネスだけじゃありません。
趣味の幅を広げたい、医療の情報を知りたいなど、気軽に入れる無料のオンラインサロンは
たくさんあります。

だからどんどん活用して、ひとり遊びを覚えていくと、うまく孤独と付き合えますよ。


      やすじろうって何してきた人?IMG_0978

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。 






                                               ふるさと納税、お得です。
 

ネットで稼ぐならこちらです。 






 

岩井志麻子さんに学ぶ、アラフォーからの身だしなみ。

                                                        special thanks 山本あすか

                    

アラフォーになったら、女性誌ではなく岩井志麻子さんのエッセイを読みましょう。

岩井志麻子さんの分析にいつも首が折れるほどうなづき、 抜けるほど膝をうつ
@やすじろうです。

岩井志麻子さん、メディアに出てますがほとんどしゃべりません。
無口なのではなく、カットしてあるんです。
放送向けの話をしない方なので。
エロ話しかしない印象がですが、 女に対しての洞察力は鋭いです。

特に妙齢の女性・事件を起こした女性木嶋佳苗上田美由紀)のリポートものは、 胸が悪くなるくらい丁寧に取材してらっしゃいます。

岩井志麻子さん、めっちゃ奇抜なおばさんですが、エッセイを読むとどんな熟女がモテるか、 女の老いを際立たせることなど、 中庸な熟女についてもよくご存知です。

ワタクシが岩井志麻子さんから学んだ、イタいおばさんにならない身だしなみを書きますね。

1.若作りは老いを際立たせる

これは岩井志麻子さんの金言です。
取材でシニア層の合コンに参加した時、 コギャル(死語)の
格好した熟女がいらしたんですって。 
年若娘さんの履くヒールの高いブーツ履いてオシャレしてる熟女さん。
でもね、動作がどうしようもなく年寄りくさいって。

熟女、膝がやられてるから高いブーツ履くとよろめいて、 格好が決められない。
洋服もそうです。
熟女は体型が崩れてくるから、年若娘の洋服を着ると、 肉が服の上に乗る、服から肉がはみ出すなど、 老いを際立たせるのです。

2.つむじ・おしり・背中で老いは際立つ

後ろ姿は、自分で気づきません。
この3つをおろそかにしていると、えらい事老けます。

1)つむじ

年若で言えばプリン状態。
白髪染めを忘れていることが、一発でわかります。

そして、つむじはどうしても薄くなります。
女性特有の髪の毛の変化でしょうね。

年若がカラーリングをおろそかにしても
なんとも思いませんが、熟女がカラーリングをおろそかにすると、 つむじまで透けて見えて、一気に年齢を感じさせます。

どんなに洋服・メイク・持ち物が決まっていても、 後ろ姿のつむじで、老いが際立ちます。

2)背中

背中が丸くなっているに加えて、首が短く見えるんです。
これが熟女の後ろ姿。

それに自覚がなく、サイズの合わないブラをつけ、その上から洋服を着ると肉のミルフィーユができます。

この肉のミルフィーユがさらに老いを際立たせます。
姿勢も悪くなっているんですよ。
背筋丸みと肉のミルフィーユで、 見た目年齢倍増です。

3)おしり

垂れます、お尻。
ピーマンのように垂れます。

だから選ばずにパンツを履くと、 ショーツのしわ・はみ出したおしりの肉で、 洋服に無様なしわができます。

「ミセスになれば、 ヒップラインがはっきり見えないように」と ワイドパンツをすすめられる理由がこれ。
年若娘の上がったヒップは、 熟女は持っていないのです。

3.美容形成はバランスよく

岩井志麻子さんの、美容形成のエッセイからです。

四十路の女の初恋相手が30歳くらい年下の男の子。
その男の子と食事に出かけるけど、一線は超えない。
四十路の女は年齢の割にはキレイな顔をしていても。

年下男が冷めた理由が手のシワなんだそうです。

手を見たらそんな気持ちはなくなりました。
だって、皺くちゃで筋張っていて、おばあちゃんの手みたいだったんです。
それで一気に冷めました。

ワタクシが美容整形に手を出さない理由はこれなんです。

顔だけ美しく若返らせることはできても、細部に気がつくかどうか。
確かに手で老いはわかります。
他には背中、つむじ、デコルテ、姿勢など。

顔だけいじくっても、老いが際立つだけなんです。
見てないようで見てるんですよね。

いくらババアが若作りしても、ばれるんです。
っていうか、細かいところも老けるんですよ。

化粧や服装で取り繕っても、一発でばれます。

まとめーイタくないアラフォーからの身だしなみのために

何をどうしようが、何を着ようが他人の目を気にしない。
そういう方はそれで全然構わないのです。
ただ、それが無理した若作りだと、 ものすごくメンタルをやられます。

安心できないんですよ、周りが自分を年寄り扱いしてるんじゃないか、 だから若くいなきゃって、相当な焦りです。
無理せず自分の年齢を受け入れるのも、 自分のメンタルを平穏に保つため必要です。

だらしなく、老けていくのではありません。
シニア向けの洋服や化粧品は随分と垢抜けました。

年若たちの小物も、違和感ないものがあります。
自分の心の平安のために他人の目を気にせず、 アラフォーなりの身だしなみをしましょう。



  やすじろうって何してきた人?IMG_0978
 高齢者おひとりさま生活をハックする、
  
すじろうのプロフィールはこちら




 

 




                         ふるさと納税、お得です。
                     

 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう