おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

身だしなみとおしゃれ

岩井志麻子さんに学ぶ、アラフォーからの身だしなみ。

                                                        special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

アラフォーになったら、女性誌ではなく
岩井志麻子さんのエッセイを
読みましょう。

岩井志麻子さんの分析に
いつも首が折れるほどうなづき、
抜けるほど膝をうつ
@やすじろうです。

岩井志麻子さん、メディアに出てますが
ほとんどしゃべりません。
無口なのではなく、
カットしてあるんです。

放送向けの話をしない方なので。
エロ話しかしない印象がですが、
女に対しての洞察力は鋭いです。

特に妙齢の女性・事件を
起こした
女性
木嶋佳苗上田美由紀)の

リポートものは、 胸が悪くなるくらい
丁寧に取材してらっしゃいます。

岩井志麻子さん、
めっちゃ奇抜なおばさんですが、
エッセイを読むとどんな熟女がモテるか、
女の老いを際立たせることなど、
中庸な熟女についても
よくご存知です。

ワタクシが岩井志麻子さんから学んだ、
イタいおばさんにならない
身だしなみを書きますね。

1.若作りは老いを際立たせる

これは岩井志麻子さんの金言です。
取材でシニア層の合コンに
参加した時、 コギャル(死語)の
格好をした熟女がいらしたんですって。

年若娘さんの履くヒールの高い
ブーツ履いてオシャレしてる熟女さん。
でもね、動作がどうしようもなく
年寄りくさいって。

熟女、膝がやられてるから
高いブーツ履くとよろめいて、
格好が決められない。

洋服もそうです。
熟女は体型が崩れてくるから、
年若娘の洋服を着ると、
肉が服の上に乗る、
服から肉がはみ出すなど、
老いを際立たせるのです。

2.つむじ・おしり・背中で老いは際立つ

後ろ姿は、自分で気づきません。
この3つをおろそかにしていると、
えらい事老けます。

1)つむじ

年若で言えばプリン状態。
白髪染めを忘れていることが、
一発でわかります。

そして、つむじはどうしても
薄くなります。
女性特有の髪の毛の
変化でしょうね。

年若がカラーリングを
おろそかにしても
なんとも思いませんが、

熟女がカラーリングをおろそかにすると、
つむじまで透けて見えて、
一気に年齢を感じさせます。

どんなに洋服・メイク・持ち物が
決まっていても、 後ろ姿のつむじで、
老いを際立たせます。

2)背中

背中が丸くなっているに加えて、
首が短く見えるんです。
これが熟女の後ろ姿。

それに自覚がなく、
サイズの合わないブラ、
この上から洋服を着ると、
肉のミルフィーユができます。

この肉のミルフィーユが
さらに老いを際立たせます。
姿勢も悪くなっているんですよ。
背筋丸みと肉のミルフィーユで、
見た目年齢倍増です。

3)おしり

垂れます、お尻。
ピーマンのように垂れます。

だから選ばずにパンツを履くと、
ショーツのしわ・
はみ出したおしりの肉で、
洋服に無様なしわができます。

よく「ミセスになれば、
ヒップラインがはっきり
見えないように」と
ワイドパンツを
すすめられる理由がこれ。
年若娘の上がったヒップは、
熟女は持っていないのです。

3.美容形成はバランスよく

岩井志麻子さんの、
美容形成のエッセイからです。

四十路の女の初恋相手が
30歳くらい年下の男の子。
その男の子と食事に出かけるけど、
一線は超えない。

四十路の女は年齢の割には
キレイな顔をしていても。

年下男が冷めた理由が
手のシワなんだそうです。

手を見たらそんな気持ちは
なくなりました。
だって、皺くちゃで筋張っていて、
おばあちゃんの手みたい
だったんです。
それで一気に冷めました。

ワタクシが美容整形に手を出さない理由は
これなんです。

顔だけ美しく
若返らせることはできても、
細部に気がつくかどうか。

確かに手で老いはわかります。
他には背中、つむじ、デコルテ、
姿勢など。

顔だけいじくっても、
老いが際立つだけなんです。
見てないようで
見てるんですよね。

いくらババアが若作りしても、
ばれるんです。
っていうか、細かいところも
老けるんですよ。

化粧や服装で取り繕っても、
一発でばれます。

イタくないアラフォーからの身だしなみのために

何をどうしようが、何を着ようが
他人の目を気にしない。
そういう方はそれで
全然構わないのです。

ただ、それが無理した若作りだと、
ものすごくメンタルを
やられます。

安心できないんですよ、
周りが自分を年寄り扱い
してるんじゃないか、
だから若くいなきゃって、
相当な焦りです。

無理しなくて自分の年齢を
受け入れるのも、 自分のメンタルを
平穏に保つために 必要なことです。

だらしなく、
老けていくのではありません。
シニア向けの洋服や化粧品は
随分と垢抜けました。

年若たちの小物も、
違和感ないものがあります。
自分の心の平安のためにも、
他人の目を気にせず、
アラフォーなりの身だしなみをしましょう。


2018.9 記事挿入用イラスト

          やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、

    やすじろうのプロフィールはこちら。
 






 

老いとおしゃれと身だしなみ。

 


岩井志麻子さんの金言「若作りは老いを際立たせる」ですが、
おしゃれは意識しないと自分の一番いい時代の装いになります。

まさに「老いを際立たせる」怖いオンナになります。

 

退職した職場は前期高齢者の女性が多かったんですが、
集まるともう敬老会の旅行会の雰囲気。

おしゃれを知らないおばさんは、
めかしこむとおじさんになります。

ショートカットにすればパンチパーマだし、
服の色は茶色・灰色・黒。体型が崩れているのに
パンツスーツはくから、崩れたヒップラインに
丸い背中が浮き彫りになる。

肌色を合わせずにファンデーション塗るから、
首と顔の色が違うのに加えて濃い色を厚塗りするから、お面をかぶった感じのお顔。
口紅もアイラインも絵の具を塗ったよう。

情弱な上に自分の流行りの時代で時間が止まってるから、
土に帰る雰囲気を撒き散らします。

寄るだけでこちらも老け込むわ。



 

 

ワタクシもアラフィフ、人のことは言えません。

もう調子に乗ってファストファションを選べないのです。

だって、若い子の体型に合わせて作ってる服だから、

肉は乗るわ、はみ出るわ、えらいことになります。

女性誌に助けを求めても、

「明日きて行く服がない」

「元彼に今の格好で会える?」などと、

ワタクシの疑問に答えてはくれません。

アラフォー、アラフィフ向けの女性誌は増えましたが、

「モデルさんがキレイだからだろ!」と
こちらの都合は考えてくれないファッションです。

ついでに懐事情も考えてくれないでしょ、こんな値段買えません。

 

女性誌を頼りにせず、ピーコさんと植松晃士さんのアドバイスが
一番的確なのは言うまでもありません。

流行りのアイテムでも、ダメな点を指摘します。

ガウチョパンツ、まだ履いてらっしゃる方多いですけど、

植松晃士さん は好意的ではなかったです。

「あれは背が高い人じゃないと似合わない。

おまけにウエストから脚のラインが隠れるから、
全然魅力的にならない」とおっしゃってました。

ピーコさんのファッションチェックは最近ないですが、
ご自身の書籍で

「年齢を重ねると、洋服は減らしていきましょう。
仕立てのいいものを少しだけ。」と

書いていらっしゃいます。

どちらも特定のブランドをお勧めしないので、懐にも優しいです。


 

 

ではアラフィフが、
土に帰りかけたおじさんにならないためにどうしたらいいか。

老いを際立たせないためにどうしたらいいか。

まとめて見ましょう。

 

1、服装

体型の崩れを自覚しましょう。
もうボディラインをくっきり見せられないんです。
見苦しいですよ。

体型維持したければ、ジム通いしましょう。

だからダブダブの服を着ると、ただのだらしない人です。

ワタクシはウエストラインは強調して、
他は割とふんわりとしたラインを意識しています。

間違ってもボディラインにぴったりした服は着ません。

あとですね、カーディガンなどのボタンの止め方も注意しましょう。

一番上で止めてAラインにすると、ハラが出ているのが丸見えです。

だからボタンを留めるのはウエスト辺りを3つくらい。

これで印象が違いますよ。

肌見せもいい加減にしときましょう。

だけど見せすぎないのも、野暮ったいです。

手首とか足首とか、控えめに首元は出して見ましょう。

お時間ある方は、ヒルナンデス 植松晃士の格安コーデバトル
をご覧ください。

コーデバトルする人は、だいたいアラフォー以上なので、
参考になりますよ。

基本の

「でかいバッグを持たない」

「合わせる色は3色まで」

「柄に柄を合わせない」

をくれぐれもお忘れなく。

 

2、メイク

絶対に若い娘さんのグッズを使ってはなりません。

特にグロスはやめましょう。

あのツヤツヤプルプル感は、ハリのあるお肌じゃないと映えません。

もひとつ、くすんだ肌にも似合いません。

化粧の仕方も時代がありますから、
あなたがイケてた時代の化粧のままだと、

ただのゾンビです。

年に一度でいいから、百貨店の化粧品売り場に行って、

化粧の仕方と化粧品の選び方を教わりましょう。

お値段張る所に行かなければいいですし、
おすすめアイテムひとつ買うだけで、

別に一揃い買い揃えろとは言ってません。

えらいこと垢抜けて見えますよ。

 

3、爪・髪・手

 白髪が目立つお年頃、カラーリングは欠かせません。

ですが、若い娘さんがしている色はオススメできません。

特にきつい茶色ですと、余計に老けて見えるんですよ。

あと、手入れできてないようにも見えます。

だから美容院で相談して見ましょう。

ワタクシの髪は仕事している時にできなかった、
赤に変えつつあります。

グレーヘアが流行ってますが、これも一つ間違えると、

すごく貧相で清潔感がなくなります。

自分に合うか合わないかも考えましょうね。

爪・手・かかと・髪も、トリートメントは必至です。

ガサついた手や爪、髪の毛は甥を際立たせます。

トリートメント・ハンドクリーム・ボディクリームは、
高価なものでなくていいので、
日頃から使っておきましょう。 


 

 

最近のわたくしのおしゃれ事情は、
服装だけでなく見苦しくないように注意しています。

安くても美容院に行くとか、時々エステに行くとか。

今は、安くて美容サービスがあるから便利ですよ。

他は、基礎化粧と保湿を欠かさずに。

これでなんとか見てくれは整います。

今度、化粧の仕方がわからないので
植松晃士さんのアドバイス通り百貨店の化粧品売り場で
見苦しくない化粧を学んでいます。

 

着る服も減らしてきてますね。

だいたいシャツとパンツとスカートとワンピースを着まわしてます。

コーディネイトが下手なんで、手当たり次第買うと着ない服が増えるだけなんで。

靴も減らしました。

イメルダ夫人のように持ってましたが、フリーランスになるのでそんなに

フォーマルな靴は必要ないですから。

 

ちなみにワタクシが参考にしているサイトです。
50代女性のためのファッション おしゃれ術
植松晃士の美人のたしなみ
 

 

まとめ

身だしなみやおしゃれはしなくても死にません。

ですがね、みっともないのは嫌なんですよ。

高価なものを身につけたいんじゃない、

いつまでも若く美しくなんて思ってない。

ただね、見苦しくなく暮らしたいだけなんです。

自分の格好が「土に帰るおじさん」だと、

気持ちも老けて、余裕がない・つまんない人になります。

今は昔と違って、シルバーラインも充実しています。

懐にも優しいものがあります。

世代によっては使わないアイテム(タイツがそう)も使って見ましょう。

シルバーラインが使えるアイテムも増えています。

おしゃれを楽しむ余裕は持っていましょうね。 

              シュウウエムラがお気に入り。
化粧品は、百貨店の化粧品売り場で見立ててもらった方が絶対いいです。

 

話聞くだけなら、ツイッターでつぶやくよ。



ハラスメント被害者だったころ、何よりもありがたかったのがカウンセラーの具体的な提案でした。
「会議では、加害者の背中側に座る」
「声を聞いてつらいなら、会議中でも何でも中座しろ」
「もし、自分の席によって着たら逃げろ」
「携帯電話は着信拒否に設定すること」
などなど、頭がおかしかったワタクシはこんなことしていいのかと思いましたが、
「避難する」
(逃げるのではなく、この言い方のほうがいいです。
加害者はよく「逃げてるだけ」といって追い詰めていきますから。)
事が大事だったので、冷静に考えるとおかしくない行動でした。
だって、「ちょっときて」と絶対に2人きりになろうとするんですもの。
おかしいですよね。

今回も、怪しい人たちのハラスメントにさらされたので相談に行きました。

はい、話を聞いただけです。

キレて、あんたたちに話すことは何もない、話聞くだけしか能がないのか、と去りました。
あとは、ハートが強くなっているのでリベンジ裏工作などちまちまして身を守っております。

助けを求めてる時点で、かなり追い詰められてるんですよ。
行動に移さない人は支援ポルノがお好きな人です。

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。


WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中






やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう