オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

人づきあい

友だち女おひとりさまが病気になった時ー静かにそっと見守ってほしい。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。



 アラフォーからじは健診項目は増え、病気が見つかっても病気を持ってもおかしくない年代です。 ワタクシの親しい人たちはがんや他の病気になった時、打ち明けることはまずありません。話してくれるのは、治療がひと段落してからです。

 理由は自分たちが大変なのに、他の人の対応までできないからだそうです。 「困った時はなんでも話して」というのは、トラブルを抱えた人にとって大きなお世話です。

 NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」の中で、がんになった一人が誰にも会いたくない、というシーンで考えたことを書きますね。

1.深刻な病気になっても他人に言わない理由



 「友だち近居」で仲良く暮らしていた女おひとりさま7人のうちのひとりががんになり、治療を受けることになりました。お見舞いに駆けつけようとしても「誰にも会いたくない」と面会を拒みます。理由は「健康な人から一方的に言われても理解できない」。

 「自分はこれから受ける検査や治療のことで頭がいっぱいだし、これからどうなるかもわからない。頭の中が暗闇なのに、他の人と話はできない」と続けます。結局残りの6人のおひとりさまは、見守ることにしてお見舞いにはいかないと決めました。  

 「入院して治療が必要で、先がどうなるかわからない病気」にかかると、自分のことしか考えられないのは確かです。特に若い時にあまり病気をしていなかったら、動揺の仕方も違うでしょう。ワタクシも親しい人が病気になっても、打ち明けてくれないのは寂しくて相手はそれほど仲良いと思ってなかったと悲しかったです。何かしたい・相談してと押し付けるのは、こっちの勝手な思いやりと気づきました。  

 お見舞いの対応・病気の説明など、ただでさえ入院や治療で忙しいのに相手をすることに疲れるのです。「何かすることない?」と聞かれることすら、返事をするのに疲れるのです。だから治療が落ち着いて、ごく親しい人にだけ今の病状などを打ち明けます。相手のことを考えているつもりが、実は自分の相手に対する善意を押し付ける、恩を売るなど負担をかけまくっているのです。

2.ワタクシはざわつかれるのが大変不愉快

 じゃあワタクシの場合は、といいますと、一切誰にも会いたくないです。今は便利な時代で、LINEやメールでやりとりできます。でもやりとりするのは親しい人だけです。元々具合が悪い時は、静かにほっといてほしいのです。

 身体壊して入院した経験はありますが、親しか面会に来なくても全然寂しくありません。面会に来られても、疲れるだけですから。そして我が親、小さいことでも「大変だ、心配だ」とカサカサ落ち着きないので、それを見るのも腹立たしい。「こっちが落ち着かないから、いちいち言わないで!」とブチ切れたことは、数えきれません。

3.相手から連絡を待つのも思いやり

 こちらからぐいぐい押しつけなくても、相手が落ち着けば連絡をくれます。それで話を聞いて「大変だったね」とねぎらえば、それでいいのです。ワタクシは友人と滅多に会わないので、たまにあった時に近況報告をします。その中で絶対具合悪かったエピソードが出ますが、「大変だったねー」「もうお互い若くないねー」で終わりです。

 病気になると、意外に忙しく疲れます。歳を重ねるとなおさらです。何かあった時は友情ではなく、病院や相談機関が必要なのはお互いわかっているのです。病気になった友人に「困ったことがあったら言って」とゴリ押しするのは、優しさではなく自己満足や相手と親しい関係を確認するため。決して相手のことを思っているわけではありません。

 親しい人が病気やトラブルを抱えた時は、絆を確認する時じゃないのを頭に入れておきましょう。向こうも何も出来ない子どもじゃないので、自分なりに解決するために行動してます。

まとめー騒がず慌てず静かに見守ろう

 世間様の「病気したらお見舞いする」「何かあったら相談に乗る」などは、ただ鬱陶しい負担になる習慣です。困ったことがあれば本人からいってきますし、相談してきます。だから慌てず騒がず見守りましょう。

 治療の途中退屈でLINEやメールをしてきたら、楽しくやりとりしましょう。しんどいけど気を紛らわしたい、退屈と感じられるくらい病状が落ち着いた時でしょう。  

 自分の善意や相手との関係の確認するのは愚かなことですから、親しい人に何かあった時は静かに見守るのがアラフォーからのたしなみです。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 






               見守りサービス・悩み相談サービスがありますよ。











 

他人と距離感がわからないオンナーヤバいと感じたらソッコーで逃げるべし。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。



 人間関係の断捨離がほぼ終わった@やすじろうです。 
新しい出会いはありますが、「こいつ距離感わかってないな」と感じた瞬間、秒で距離を置く習慣ができました。これまでの経験のおかげです。 

 人に関わる職業人は、他人との距離感がわからなくなる人が多いです。 教育・保健医療福祉系の仕事を持つ人は、特にです。 他人と自分の境目がわからなくなって、近づきすぎて支配・被支配・共依存の関係しか作れなくなります。 

 他人と出会う機会は減っていますが、まだまだあります。 適度な距離感で仲良くできる人ばかりではありません。 ケガしないために距離感がわからないオンナと関わって、怪我しないために注意することを書きました。

1.支配・被支配・共依存の関係は職場や友人の間でも成立する

 支配・被支配の関係は、加害者が被害者の心理的・経済的な暴力で被害者を抑圧・虐待します。共依存は相手に自分を頼らせることで相手を支配しようとする人と、その人に頼ることでその人の自由を奪おうとする人との間に成り立つ関係です。

 どちらも配偶者間や親子間で起こるゆがんだ関係ですが、職場のパワーハラスメントや友人の間でも起こります。 ワタクシのプロフィール・ハラスメント地獄期と弊記事穏やかな日々を送りたいなら、感情が安定した人とおつきあいしましょう。をご参照ください。


2.近寄ってはいけないオンナー初対面でカミングアウトするオンナ

 初対面でいきなり、成育歴や自分の深刻な悩みを話す人いますよ。
仲良くなったと勝手に思って、その相手のプライベートなことを他人に話す。健康状態とか、過去にかかった病気とか、職歴とか。

 カミングアウトオンナは、自分はなんでも話すオープンな人間って思ってますが、全然違います。相手のことを全く考えられないのです。聞かされた方は驚くし、どう反応していいのかわからない。 かつてDVサバイバーで、初対面で自分が離婚した経緯とDVのことを自己紹介がわりに話す女がいました。その話を聞いた若人は「どうしていいかわからなかった。聞きたくなかったけど、聞いてた」と嫌な気分を打ち明けてくれました。

 カミングアウトオンナは距離感がわからないから、他人が自分の話を聞いてどう思うかわからないのです。「自分の中では終わったことだから」と勝手にネガティヴな過去を話され続けられ、話題は他になく、仕事ややりたいことの話など全くできないのです。

 DVやハラスメントなどネガティヴな過去は同情しますが、その話ばかりしているのはまだその過去を引きずっているということ。あるいは同情を引こうとしていること。話していいことと控えることの区別がつかないから、他人との関わり方がわからないのです。

3.近寄ってはいけないオンナー巻き込むオンナ

 他人と距離感がわからないオンナは、絶対自分の行動に他人を巻き込みます。
かつての職場は距離感がわからない人が多かった。 他人の机の上を無断で触る、他人の仕事に口出しをしすぎて自分の仕事が回らなくなる、他人を自分の思うように操作する、一事が万事その調子。 他人の都合を考えず、思いつきで行動するので、こちらの仕事が進みません。

 上司や担当部署に注意を受けなければ、全然他人を巻き込む行動が止まらないのです。 体調が悪いので健康管理センターを利用した同僚を、周りに触れ回って物事を大げさにします。 他人を巻き込むオンナは付き合う自分が疲弊するばかりか、仕事の責任所在が曖昧になります。

 他人巻き込みオンナは、いつもことを荒立てたあと、うまく逃げます。取り残された人が後始末をしなければなりません。 だから虫のようにさわさわ動き出しても、巻き込まれないために掘っとくのです。

 ワタクシの同僚は他人巻き込みオンナに、「・・さんに言われたから」とフラフラと寄っていきます。最初は忠告しましたが、放っておきました。散々嫌な目にあって、逃げるチャンスもあるのに逃げようとしません。だけど同僚とも関わるのはやめました。一緒に沈みたくないのでね。

4.近寄ってはいけないオンナー他人をぞんざいに扱うオンナ

 社会的地位のある人にちぎれんばかりにしっぽふって、格下の相手には奴隷のような扱いをする。 あるいは、仕えるように、使われるようにしか人と接することができない。 人をぞんざいに扱ってその人が怒ると、今度は顔色見て必死で機嫌をとる。 ご機嫌が治ったら、またぞんざいに扱って怒らせて…の繰り返し。

 依存する対象は薬物だけでなく、人もなんですよ。 だから、ぞんざいに扱っても絶対その人と離れようとしない。 人間関係が支配・被支配や他人と距離がわからない人は、自分を大切にできないんですよ。 いつも人の顔色見て、怯えて、落ち着かない。 あるいは、いつもイライラ怒ってばかりいる。 こういう人って、落ち着きないですよ。 いつも喋ってるか、人の世話をしようとうろうろしてるか、粗探ししてますから。

 それで日々消耗してるので、身も心も常に疲れています。 だから突然ヒステリックにキレはじめ、不機嫌になるのです。 そんなジェットコースターのような気性の人と付き合うほと、疲れることはありません。

まとめーヤバいオンナとわかったらソッコー逃げろ

 ワタクシ、支配被支配の関係か、人間関係の距離感がわからない人を寄せ付ける能力があります。 うれしくないです。だから、ちょっとでも片鱗があると逃げます。 逃げ足速いです。時々逃げ遅れますが。 支配・共依存関係要素を持つ人は、支配できる・依存できる人を嗅ぎ分ける嗅覚があるらしいです。

 ヤバいオンナは、「他人と自分は違う」「付き合うときは自分も相手も楽しく」がわからないから、忠告しようが何しようが無駄なんです。 いわゆる「友達」の関係が作れないのですよ。 他愛のない会話して、笑って、お互いの嫌がることはしないことがわからない。

だから逃げましょう、避けましょう。 ヤバいオンナと一緒に沈没してはいけません。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 





                              職場の人間関係に疲れたら、クラウドソーシングがありますよ。

ひとりでいられるのなら、友だちはいらない。

            special thanks 山本あすか

ひとり遊び上手に磨きがかかる@やすじろうです。
「歳を重ねると一人がつらくなる」と孤立を煽られましたが、全然そんなことはありません。 寂しがり屋の人もいますが、それは元々の性格と思います。

「一番寂しいのは老年期じゃなくて思春期」と、お姉さまとお話ししましたねえ。 20代の頃は、男女問わず誰かと一緒にいる時間が多かったです。 お泊まり会をしたり、飲み会をしたり、大勢で長く誰かと過ごすのが楽しかった。

だけど本当に楽しかったかと振り返ると、そうでもなかったなあ。 他人に話すためのリア充と孤独に耐えられないから、さほど仲良くない人と一緒に遊んだ、というのが正解。

付き合いが長くても、ワタクシが不愉快に感じた人とは疎遠にしました。はい、人間関係の断捨離です。それができたのは、自分がひとりでいることを辛く感じなくなったからです。 リア充アピールのために人付き合いをしていた尻の青い頃のワタクシを、「ちったあ孤独に耐えれられるようになれ!」と説教したいです。

上野千鶴子さんの「みんな『おひとりさま』」を読んで、アラフォーからの友達とパートナーについて考えたことを書きますね。


上野千鶴子さんが何者かは、弊記事親の介護に突入する前に読んでおきたいオススメ本3冊をご参照くださいませ。

1.友だちで消耗してませんか?

「アラフォーすぎてひとりでいるのはさびしい」と思い込まされること、「友達は大切」という呪いから解き放たれたのです。

最近、私は気持ち悪い人と義理で愛想笑いしながら
ご飯を食べることがなくなりました。

ワタクシ、10年前からおつきあいで食事をする機会を減らしてきました。理由は簡単、痛くもない腹を探られるのはイヤだし、疲れるから。知り合いになった人とは、ファーストコンタクトで「こいつNG」と判断したら、何があっても一緒に食事しません。ワタクシの人付き合いのNG基準は弊記事私が疎遠にする人の7つの特徴ー男女問わず穏やかな高齢者ライフのために。をご参照ください。

「友だち」になったら、こまめに連絡しなければならない、話題を探さなければならない、月に何回か会わなければならない…この労力を使うほど、「友だち」が必要でしょうか。 もう先が短いし体力・気力が落ちてますから、付き合うのに消耗する「友だち」なら必要ありません。労力が必要な友だちづきあいは時間も費用も浪費します。

2.ワタクシのゆるい友だちづきあい

ワタクシは友だちが少ないです。5人くらい。友だちというより仲間かな。 しかも学生時代の人間関係はすべて消滅。働き始めてから知り合った友だちばかりです。ICTノンネイティヴなので、メールをいまだに使い、しかも返信は遅い。 LINEは、既読無視基本。だからストーカーのようにこっちも向こうも一方的に送信することがある。 それで誰も怒りません。

過ごす時間は、食事やお茶など時間が短くなりました。 しょっちゅう会うことはなく、年に1度会うか会わないかです。 理由はお互いに生活があるからです。 仕事や家庭がありますし、一人で過ごす大切さも必要です。 だから必要以上に連絡を取らず、会わないのです。 思春期ような「いつも一緒!」という、熱いつながりはないです。ゆるーく、時々安否確認をするようなつきあいかたです。

3.ひとりでいられるのなら、おひとりさまを楽しもう

私は友達なんてそのときに必要があればできると思っているの。
(略)
友達ができないと悩んでいる人がいるけど、 それはなくてすむ人なんでしょう。

私は、友情が一生ものだとは思っていません。
「一生の友だちは?」という質問に「学生時代の友だち」と答えているようなインタヴューを読むと、アホちゃうって。

ずっと続く友情なんて、幻想ですよ。 長く付き合いがあっても、話していてきついなと感じるとだんだん疎遠になります。 疎遠になれば寂しいけれど、また仲良くしようとは思いません。 きつい思いまでして、人付き合いはするものではありませんから。

友だちがいなくても、それ以外に交流のある人がいればいいんじゃないですか? 友だちができないことでなぜ悩むのか、ちょっと考えてみましょう。さびしいと思われるんじゃないか、必要とされてないんじゃないかなど、思春期の群れてないとイヤな気持ちと承認欲求の続きじゃないですか?

よく考えて、ひとりがイヤで誰かに必要として欲しいなら、パートナーでも友だちでも作ればいい話。ひとりでいられるのなら、無理して友だち作らなくても大丈夫。おひとりさまで旅行に映画に買い物に引きこもって動画三昧、自分のやりたいことを楽しみましょう。

まとめー「ひとりでさびしいでしょう」なんて大きなお世話

もう嫌な人とは付き合いたくないんですよ。つきあいでご飯食べるのもイヤ。そんな時間があったら、ウチ帰ってテレビ見て動画見て本読んで、好きに過ごしたい。食べたいものがあれば自分で作るし、外食します。

嫌な人と無理して一緒にいるのは、身体にも心にも悪い。 周りが勝手に「ひとりはさびしい」と思ってるだけですから、ほっときましょう。 おひとりさまが苦どころか楽しいのですから、世間様の憐れみは大きなお世話なのです。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 






                       ふるさと納税お得です。 

                 おひとりさまで泊まれる宿が増えて欲しいです。  

 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう