オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

人づきあい

アルコールのない生活―呑み会のない静かな日々。


                                                 special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


 

本来は気持ちのいい気性の人たちとアルコールの香りや味を楽しみ、美味しい料理を味わいながら、ほんわかとした時間を過ごすのが大人の呑み会だと思うのだが。

「呑み会はキライ」と確認するために、いままで散々職場のつきあいや「友情を深めるため」の呑み会に参加していたのかもしれない。

 

アルコールを口にしなくなって6年目を迎え、呑み会を断ることを覚えて10年以上は経つ。

呑み会に誘われた時、誘ってきた人間が初めてなら様子を探るために参加する。
その人間を「コイツ、一緒にいても時間のムダ」と察知すれば、のらりくらりと呑み会の誘いを断る。

断る時に「アルコールやめてるんで」と言えば、ほとんど誘われなくなる。

さらにアルコールをやめた理由に「ドクターストップ」を付け加えれば、まず呑み会に誘われない。

アルコールを呑んでいた頃は、「お金がない」「やることがある」「バスの時間があるから」など適当な理由をつけて断っていた。

 

働き始めてからほとんどの新社会人と同じように、誘われれば呑み会に参加したし企画もした。アルコールや料理を味わいたいのではなく、「大人になった」とかっこつけたかったから酒の席の誘いはまず断らなかった。中身のある話は全くせず、話題は自分語りや仕事の愚痴や不満だった。尻の青い若人には呑み会は必要な儀式だろうが、そのノリを中高年になってまで引きずっている輩はいる。呑み会で全ては解決するほど単純な世の中じゃないことに、気づけなかった輩たちだ。「朝まで呑む」「店をハシゴする」、このふたつのことがステイタスだった覚えがある。
思い起こせば1人でいられない人間もいたと思う。
 

社会人7.8年目になると先輩ヅラして後輩を呑みに誘う。
あるいは仕事で嫌なことがあれば呑み会を開く。楽しい話はなく、仕事の愚痴・上司や同僚の悪口陰口・明るくはない自分の将来のこと。
「職場を辞めたいけど、転職する勇気はないから今のところに定年までしがみつく」「キャリアアップしたいけどお金がない」…粛々と今の職場を勤め上げることは悪いことではないし、キャリアアップしたいならアルバイトしながら学校に通えばいいし資金を貯めればいい。

そういう希望のある話にはならなかった。呑み会には自分の行動力のなさを確認する人たちが集まっていただけだった。

 

呑み会が嫌いになったのは、ただのきっかけだがイヤミを言われたからだ。労働組合の役員をしていた当時、呑み会は全て経費だった。「交流会」という名義のもと、かなりの頻度で関連のある他の労組の支部と呑み会を開いた。
ワタクシの行動を日頃面白くないと感じていたお局様から、「誰のお金で呑んでんだか」とイヤミの攻撃が始まった。

お局様の言うことはご無理ごもっともだ。
組合員の会費を経費にして呑み会を開いていたのだから。
名ばかり労働組合で、労働条件は改善されないし上司は独断で仕事量を増やす。

職場の改善して欲しいことを労組の役員に話してもごまかされていたことに加えて、外からは呑み会しかしてないと見えるのかと思うと、膝から崩れる気分になった。

それから会費を自分で払う呑み会に一切参加しなくなった。

 

健診でアルコールを控えるように言われて禁酒を始めたが、気の合う人たちの呑み会には参加した。ソフトドリンクでも十分楽しめていたが、ある日の呑み会で「こんな3流の職場でしか務まらないわたしたちって」とワタクシの干支ひとまわり下の年若が吐き捨てた。
それを目の当たりにして、二度と呑み会には参加するまいと決心が固まった。

なんでもいいから自分のいるところを良くする努力はせずに、呑んでクダ巻いて気持ちを抑える悪習が脈々と受け継がれていることに脱力した。

呑み会文化が受け継がれているのなら、ワタクシ1人くらいいなくなっても構わないだろう。

クダまく以外に自分の居場所を明るくする方法を知らない人間と、これからもつき合わなくても構わないだろう。
いい大人なのに1人でいられない呑み会に誘う人間から逃れても、もういいだろう。
 

 

昨今のワタクシは、昼間にお茶やランチをしながら友人と話す。

もちろんゴシップ話をするが、お互いの明るい話題を含んだ近況報告や仕事のことなどを脈絡なく話す。

クダを巻きちらす呑み会では得られない気持ちの安らぎを得ることができる。

気の許せる相手と交流するとき、今のワタクシにはアルコールというツールは必要ない。

気の合わない人間と交流し続けたのだから、もうワタクシが好きな人間だけと深くおつきあいすることも許されるだろう。

アルコールを手放した代わりに、お茶とスイーツでも嫌な相手から誘われれば断る厚かましさを手に入れた。 

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。ご覧ください。

動画を見て本読んで、ひとりの時間を楽しみます。

 


穏やかに老親と同居するために必要な、たったひとつの心がまえ。

             special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


 

 老親と同居で一番大切な心構えは、自分が振り回されないこと。特にワタクシの老親のようなビビリは、くしゃみ一つで大騒ぎします。ささいな身体の不調で大騒ぎする老親に巻き込まれると、心身ともに疲れ果てます。

 うちの老親、この夏も無事に乗り越えられました。冬はインフルエンザや肺炎が心配で、夏は熱中症と脱水が心配です。ビビりな性格なので予防接種は欠かしませんし、暑いときの水分補給と涼しいところにいることは徹底しております。
 
 そんな老親のうろたえポイントは、年齢が原因でいつもと違う体調になること。痛さじゃなくて食べ物をむせたとかめまいがした時に、めちゃめちゃうろたえます。それがワタクシにとって大変負担なのです。
 ワタクシが老親に振り回されないように、生活を共にする心構えを説明しますね。

1.老親の衰えは見て見ぬ振りをする

 老親に衰えを指摘すると、神経質になって落ち着きません。だからあえて「耳聞こえてないでしょ」「忘れすぎる」など老化のことは一切言いません。一番「歳とったな」と感じるのは、耳が遠くなる・物忘れが多くなる(認知症ではない)ことです。

 時々インターフォンが聞こえない・冷蔵庫の開けっ放しアラームが聞こえない・ワタクシの声が聞こえない、こういうところで耳が遠くなったことがわかります。どこに物を置いたかわからない・置きっ放しにしているなどで、記憶力が落ちたことがわかります。

 老化が進んでいるのは本人が一番よくわかってるし、認めてくないのです。だからいちいち言いません。置きっ放しになっているものはどうするのか尋ね、買い忘れがあればワタクシが買い物します。


2.病院に行っても気にしない

 いちいち具合を聞いていたら愚痴大会になり、延々と身体の不調を聞くハメになります。些細なマイナートラブル(膝が痛いとか白内障とか)で、ちょくちょく病院に行っていますが絶対に「どこが悪いのか」とは聞きません。70歳過ぎればかかりつけのクリニックの一つや二つあって当然、命に関わることではないのです。  

 本当に具合が悪い時(熱出た・風邪ひいたなど)には、向こうから具合が悪いと言ってきます。そういう時にだけ、病院行ったのか・ご飯は食べられるか・ご飯作れないならワタクシがなんとかしようか、と聞きます。


3.看護師モード全開にする

 もちろん優しく接するのではありません。「医者はあなたの話を聞くのが仕事じゃない」と受診前に釘を刺し、自分の症状を説明できるように紙にメモをさせます。そうしないと延々体調が悪い話を、ワタクシが聞かなければならないからです。

 先日ガチギレしたのが、老父のうろたえでした。「ご飯食べてるつっかえた」と大騒ぎして耳鼻科に受診、病気ではないと言われて帰ってきました。夜眠れてるし、その後も普通に飲み食いできてるし、そもそも痩せてないのです。

 「食べ物が喉につかえる」のなら、食事の量も減り他に症状もあるはずです。 ドクターショッピングを始める勢いだったので、母のかかりつけの耳鼻科に受診、「歳とったから飲み込みが少し悪いだけ」という結果。それでも「薬がなくなったら、受診しなきゃならないか」などと理由をつけて受診しようとする老父。

 「歳とってあちこち衰えるのは仕方がない!第一、人の話を聞いてない!自分の言いたいことだけで頭がいっぱいだから、何言われてるか聞いてない!病気でもないのにしょうもないことで病院に行って、本当に病気の人が困ったらどうするんだ!」と言い放ちました。

  歳をとってくると身体にガタがくるのは仕方がない。それは病気ではないし、普段自分で気をつけることができる。不必要な受診で医療費がかかるだけじゃなく、本当に治療が必要な人が受診できなくなる。高齢者が不必要に受診するデメリットも話すのです。
 しゅんとしてますが、おとなしいくらいがちょうどいいのです。


まとめー老親で消耗すると同居はムリ

 病気になって寝たきりにならないか・苦しんで死ぬのではないか、このふたつを老親は一番心配しています。だから些細な不調にうろたえるのですが、それに同調して「本当に具合が悪いんじゃないか・自分がなんとかしなければ」などといちいち考えていたら身が持ちません。  
 歳をとれば心身は衰え、お迎えが来る。これは自然なことですから、老親が騒いでも放っておいていいのではないでしょうか。わざわざ巻き込まれて消耗する必要はありません。
 うろたえている老親に巻き込まれていたら、あなたが潰れてしまいますよ。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。
 
 相談窓口を有効に使いましょう 



 

できること・できないことー老親と折りあいをつけながら暮らす。


              special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 80歳代に到達した老親と同居している@やすじろうです。 同居前は帰省のたびに特に母親にガチギレしていましたが、今はほとんどワタクシがキレることなく暮らしております。父親とは口論もなく、まあまあおだやかな関係です。

 元々仲の悪い親子でしたから、同居しなければならないと決めた時はゆううつでした。ですが同居前に自分で決めたこと、同居が始まってから老親と話すことでそれほどストレスなく生活ができています。
 
 仲の悪い親子関係のワタクシが老親と何を話し合っているか・何に気をつけているか、折り合いをつける日々を説明いたしますね。

1.老親の衰えを口に出さない

 目が悪くなる(白内障が原因なら、カジュアルに日帰り手術を受ける方は多いです)・耳は遠い・所作が遅い・ものが覚えられない…教科書通りの衰え方をする老親。同居前は帰省した時に「耳聞こえないでしょ?」「覚えられないなら、メモして!」などと、たたみかけるように老いの衰えを指摘していました。  

 同居してからは一切、衰えていることは指摘しません。インターフォンやアラームが聞こえてないこともわかります。テレビの音量が大きいこともわかります。重いものが持てないのと、忘れっぽいので、生活用品の買い忘れが多いです。  

 言ったところで直るわけがないのです。それが老いだから。

2.老親のできないことは黙ってフォローする

 元々掃除片付けが苦手な老親ふたり、老いると苦手なことは放り出すようです。忘れっぽい・視力が落ちる・重いものが持てない。生活できないほどではないけど、衰える不便さは感じています。そこは黙ってフォローする。

 例えばワタクシの担当は拭き掃除・重いもの(醤油などの調味料や洗濯洗剤など)を買う・インターフォンやアラームが聞こえない時は対応すること。 その後必ず老親たちはできない言い訳をしますが、そこも「言い訳しなくていい」とは言わずに聞いておきます。

3.まず自分が落ち着く

 冷蔵庫開けっ放しのアラームが鳴り続く、テレビの音量が大きすぎて耳障り、冷蔵庫の中に忘れ去られた食材を発見した時。ワタクシの体調が悪い・機嫌が悪い時に起これば、めっちゃイラつきます。うっかりすると、「聞こえないのか」「整理できないなら買うな」「忘れっぽいならメモしろ」と激ギレしそうになります。  

 ですがそれでお互い不愉快な思いをしたことを学んだので、激ギレしそうな時は自分の部屋から出ません。あるいは皿洗いなどして自分の気持ちを静めます。冷静になれば起こったことは大したことではなく、誰もダメージを受けることでもありません。  
 買い忘れたものはワタクシが買えばいいのだし、冷蔵庫は締めればいいことだし、テレビの音量は耳栓をすればいいのです。

まとめーキレなければ折り合いがつけられる

 ワタクシが老親の衰えにイラ立つことがなければ、老親からできること・できないことを言ってきます。たとえばご飯の支度が面倒なとき・収納スペースを作りたとき・買い忘れたものがあったとき。

 ワタクシは在宅ワークを軌道に乗せるために自宅で過ごす時間が長いので、負担になる作業ではなく気分転換にできることばかりです。 そうすると自然に役割分担ができるので、イライラと相手の落ち度を責めて不愉快になることはありません。  

 ワタクシも気力・体力がなくなってきているので、揉め事で消耗したくないのです。仲の悪い老親と機嫌よく過ごせなくても、わざわざ不機嫌になることはないですよね。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。


 代行サービスやネットショップを利用して穏やかな生活を送りましょう




 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう