オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

人づきあい

役割を終えてひとりでいられない人たちー他人に都合よく利用される。

              special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 おひとりさまだけど、これからパートナーを持つ気ものめり込む仕事を持つ気もない、
@やすじろうです。 老親と暮らしていますが、ただ同居してるだけ。いつでもあの世に行っていただいて構いません。 寂しいと思ってないですから。

 子育ても仕事も、いずれはやらなくてよくなるものです。子どもは自立してウチを出て行く、仕事は後任が引き継いで自分は一線を退く。「これで楽になる」と思わない方々がいらっしゃいます。「役割喪失」というとうつになる・感情が不安定になるなど、メンタルヘルス的なものと思っていました。

 ですがワタクシが出会った役割を終えた方々は、マシンガントーク・やたら飲み会に誘うなど他人を巻き込むのです。
 終わった役割にしがみついてもいいことがない、人が離れて余計孤立する人々の様子を紹介します。

1.子どもが自立した人の場合

 マザコンなどと言いますが、本当は母親が子離れできてないんですね。 尻の青い頃は、「コイツ親離れできてねえ、ちっ。」と思ってました。子どもが男だろうが女だろうが関係ないです。  
 子どもがウチを出て結婚して、自分の人生楽しむのかと思えばそうじゃない。定年過ぎても働くんですよ、お金のために。お金持ちのいいおばあちゃんを演じるために。

 60すぎて通勤2時間かけて働くなんて、どれだけお金が欲しいんでしょう。子どもが自立して離れて行くのがたまらなく寂しいから、つなぎとめるためにはお金が一番高価あり。 自分が稼いだお金は、子どもたち家族につぎ込みます。スポンサーになるからと、ハイシーズンの一番高い時に一緒に旅行する。

 孫が産まれるとなると、とんぼ返りで駆けつける。はたから見たらいいおばあちゃんですが、肝心の仕事はというと今の時代の働き方についていけない・わからない。「できないのになんでやりたがるのかしら」と陰口叩かれてます。

 他のケースは、やたら自分語りをするようになります。他人の興味を自分に向けたがるんですね。人の話を聞かずに、延々とマシンガントーク。他の人が話していると、「アタクシは知ってるけど!」と話の横入りをしてきます。

 ひとりになるのが寂しいだけじゃなく、「取り残される」という不安も強くなるようです。だからやたら飲み会に誘います。ワタクシめんどくさいので一切お誘いに乗らないのですが、「ただ呑んだくれてるんじゃない!これからの話をして意見交換してるんだ!」と繰り返して言います。それを世間一般では「飲み会」というのですが。

2.仕事の第一線を退く日が近い人の場合

 めんどくさい仕事から解放されるカウントダウン、ではありません。やたら「アタクシがやらないと、やっぱりダメ!」と恍惚の表情で、しゃしゃり出てきます。いえ、あなたがいなくても、仕事は回るんですが。一つの仕事に何人も人材入りません。  

 特におひとりさまだと、用もないのに休みの日にも職場に顔を出します。たこ焼きやケーキ持って「差し入れ!」と置いていきます。忙しくってお茶してるヒマがないのもわからないようです。仕事場以外にいくところがない、自分の仕事を他人に奪われる。そう考えるともうたまらなくてじっとしていられないようです。  

 学校のクラブ活動で、卒業した先輩がやたら遊びに来るようなもんです。自分の居場所が見つけられないから。

まとめー寂しさを他人で埋めると孤立するか利用されるよ

 子どもが自立する・仕事の引退が近づく。それはいずれ誰でも体験すること。しがみつかない人たちは、ひとりでいられる趣味や他の人間関係を持っているから、役割がひとつ終わってもなんともないんです。「さっぱり、好きにできる!」と楽しそうです。  

 自分が必要とされなくなって、他人にやたらしがみつくと、孤立するか利用されるかどっちかです。あんまりマシンガントークで自分語りすると、うっとうしいのでちょっとずつ悟られないように距離を取られます。なんとか自分に興味を持ってもらいたいから、相手のいいなりになります。「面倒見がいいよね」と嘘くさい褒め言葉で喜びます。  
 
 最悪なのがマルチやトンデモ医療に巻き込まれること。この人たちは絶対あなたを孤独にしませんし、否定もしません。その代わりしっかりとあなたの財産をむしり取ります。  
 ひとりでいるのは寂しいことじゃないし、若い時からひとりでいることに慣れておくべきですね。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。

インターネット、楽しいですよ。





寂しいなら、ネットで簡単にお仕事もできますよ。 

あじさいと老母。

                                         special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 「上手に育てられないからもうしない」と老母は家庭菜園をやめてしまった。 パセリやピーマンを鹿に食べられ、あじさいを咲かせられない老母はかんしゃくを起こしたように不機嫌だった。
 周りのうちはきれいに家庭菜園を管理して、花を咲かせてガーデニング(御歳の方々は「園芸」と言います)を楽しんでらっしゃる。だけど老母は元からの不器用に加えて、「調べる・勉強する」ことができない。ネットが使えないとはいえ、NHKなどで園芸番組を見ればいい。雑誌を買って読めばいい。

 うちの老母は自分で行動しないに加えて、生活に追われた低賃金の未熟練労働者だったので、「生活を楽しむ」ことを知らない。ただただテレビを見ているだけだ。テレビはつまらないが時々生活の知恵や料理の隠し技など、生活の知恵的な番組もある。だけどただ見ているだけだから、せっかくの情報を聞き逃している。だから重曹の使い方も、魚のアラの下ごしらえも知らない。

 娘のワタクシは、家庭を持たずしがらみは極力少なくして、自分の好きなことをして稼いだお金は自由に使ってきた。ICTが大好きなので、わからなければすぐググる。サイトでしばらく遊んでいられる。公立図書館で本を借りて読む。お金をかける遊びもかけない遊びも自分の好きなようにしてきた。

 老いる前から他人まかせな性格の老母に、尻の青い頃のワタクシはずいぶんイラだった。そして老母が大嫌いだった。なぜ自分で決めないのか、なぜ「わからない」で全てを済ませて他人に任せるのか。老母を無意識に反面教師にしていたのか、自律して自分で行動して自分で決めるとがむしゃらだった。遊びにしても仕事にしても、自分で探して自分で見つけることが楽しかった。

 ワタクシも歳を重ねれば老母のように他人まかせな性格になるか・興味のあるものが減っていくのか少々心配だった。その心配は取り越し苦労で、便利になった世の中の仕組みのおかげで行動範囲は広がり、楽しめるものを見つけることはできる。
 とくにICTは随分とワタクシを楽しませてくれるし、好きなことをする手助けにもなる。おまけにお金の稼ぎ方まで教えてくれる。歳を重ねるのも悪くないな、と思える。

 「女子は結婚して家庭を守る」、おなごの一般的な生き方に忠実だった老母が、どうしても幸せに楽しそうに見えなかった。老父が身体を壊して働けなかったので、代わりに老母が生活費を稼がなければならなかった。なんの資格も技術もないので、低賃金の仕事にしかありつけない。生活に疲れ果てて愚痴しか言わない老母を見て絶対に自分で稼げるようになってやる、と手に職をつけて資格を取った。

 老母もヨメにもいかず、転職を繰り返してもお金に困らない気ままな生活を送るワタクシが大嫌いで腹立たしかったのはよくわかった。ワタクシが社会人になってから「あんたは友達がいて、いつでも外に遊びに出られて!」とはっきり嫉妬をぶつけられたことがあった。悲しいとも腹立たしいとも思わなかった。自分の人生自分で決めないから何もできないんでしょ、とあきれただけだった。

 ワタクシが心身壊して実家で揉め事なく暮らせているのは、老母と仲良くなったからではない。お互いが別の人間と思えたからだ。認めるとか和解したとか、美しい話じゃない。ただ考え方が違う生き物がいる、と気づいただけだ。自分と違う生き物と一緒に暮らすには、理解しようとか意見を言うのではなく、ただ見ておくだけで特別なことはいらない。
 認めるのではなく、お互いの邪魔をしないだけだ。

 父の日と母の日のプレゼントを兼ねて、古いあじさいの木を剪定して小さなあじさいの鉢を買った。老母は相変わらずつけっぱなしのテレビの前で、ちんまりと暮らしている。それほど喜びはしなかったが、毎日水やりはしているようだ。

 家庭菜園はすだれや網を張るだけで、鹿は寄ってきません。昼間に鹿は来ないので、夜家庭菜園の周りをすだれや網で囲うだけで大丈夫です。ミントを植えていますが、鹿の口に合わないようで無傷です。

     7月には花を切っておかねば、来年花をつけないそうです。
 
IMG_3918 2
 

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、


お買い物はこちらで。

モッピー!お金がたまるポイントサイト 

 
 

友だち女おひとりさまが病気になった時ー静かにそっと見守ってほしい。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。



 アラフォーからじは健診項目は増え、病気が見つかっても病気を持ってもおかしくない年代です。 ワタクシの親しい人たちはがんや他の病気になった時、打ち明けることはまずありません。話してくれるのは、治療がひと段落してからです。

 理由は自分たちが大変なのに、他の人の対応までできないからだそうです。 「困った時はなんでも話して」というのは、トラブルを抱えた人にとって大きなお世話です。

 NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」の中で、がんになった一人が誰にも会いたくない、というシーンで考えたことを書きますね。

1.深刻な病気になっても他人に言わない理由



 「友だち近居」で仲良く暮らしていた女おひとりさま7人のうちのひとりががんになり、治療を受けることになりました。お見舞いに駆けつけようとしても「誰にも会いたくない」と面会を拒みます。理由は「健康な人から一方的に言われても理解できない」。

 「自分はこれから受ける検査や治療のことで頭がいっぱいだし、これからどうなるかもわからない。頭の中が暗闇なのに、他の人と話はできない」と続けます。結局残りの6人のおひとりさまは、見守ることにしてお見舞いにはいかないと決めました。  

 「入院して治療が必要で、先がどうなるかわからない病気」にかかると、自分のことしか考えられないのは確かです。特に若い時にあまり病気をしていなかったら、動揺の仕方も違うでしょう。ワタクシも親しい人が病気になっても、打ち明けてくれないのは寂しくて相手はそれほど仲良いと思ってなかったと悲しかったです。何かしたい・相談してと押し付けるのは、こっちの勝手な思いやりと気づきました。  

 お見舞いの対応・病気の説明など、ただでさえ入院や治療で忙しいのに相手をすることに疲れるのです。「何かすることない?」と聞かれることすら、返事をするのに疲れるのです。だから治療が落ち着いて、ごく親しい人にだけ今の病状などを打ち明けます。相手のことを考えているつもりが、実は自分の相手に対する善意を押し付ける、恩を売るなど負担をかけまくっているのです。

2.ワタクシはざわつかれるのが大変不愉快

 じゃあワタクシの場合は、といいますと、一切誰にも会いたくないです。今は便利な時代で、LINEやメールでやりとりできます。でもやりとりするのは親しい人だけです。元々具合が悪い時は、静かにほっといてほしいのです。

 身体壊して入院した経験はありますが、親しか面会に来なくても全然寂しくありません。面会に来られても、疲れるだけですから。そして我が親、小さいことでも「大変だ、心配だ」とカサカサ落ち着きないので、それを見るのも腹立たしい。「こっちが落ち着かないから、いちいち言わないで!」とブチ切れたことは、数えきれません。

3.相手から連絡を待つのも思いやり

 こちらからぐいぐい押しつけなくても、相手が落ち着けば連絡をくれます。それで話を聞いて「大変だったね」とねぎらえば、それでいいのです。ワタクシは友人と滅多に会わないので、たまにあった時に近況報告をします。その中で絶対具合悪かったエピソードが出ますが、「大変だったねー」「もうお互い若くないねー」で終わりです。

 病気になると、意外に忙しく疲れます。歳を重ねるとなおさらです。何かあった時は友情ではなく、病院や相談機関が必要なのはお互いわかっているのです。病気になった友人に「困ったことがあったら言って」とゴリ押しするのは、優しさではなく自己満足や相手と親しい関係を確認するため。決して相手のことを思っているわけではありません。

 親しい人が病気やトラブルを抱えた時は、絆を確認する時じゃないのを頭に入れておきましょう。向こうも何も出来ない子どもじゃないので、自分なりに解決するために行動してます。

まとめー騒がず慌てず静かに見守ろう

 世間様の「病気したらお見舞いする」「何かあったら相談に乗る」などは、ただ鬱陶しい負担になる習慣です。困ったことがあれば本人からいってきますし、相談してきます。だから慌てず騒がず見守りましょう。

 治療の途中退屈でLINEやメールをしてきたら、楽しくやりとりしましょう。しんどいけど気を紛らわしたい、退屈と感じられるくらい病状が落ち着いた時でしょう。  

 自分の善意や相手との関係の確認するのは愚かなことですから、親しい人に何かあった時は静かに見守るのがアラフォーからのたしなみです。



やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。



               見守りサービス・悩み相談サービスがありますよ。













 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう