おひとりさまで、やってやる!

ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

家族とつきあうか・かかわらないか

老親との同居は、気遣いでなくモノでうまくいくーワタクシが買い揃えたもの3点。


                 special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                     

なりゆきで老親と同居して
3年目になります。
一緒に住んでみると、
老親不便な生活をしています。

元々の性格が保守的なので、
新製品や便利なものを試せない。
おまけに店員さんに遠慮して、
欲しいものがどこにあるのか
聞けないのです。

不便な生活を続けているから、
別に不自由を感じていないのです。
ワタクシが一人暮らしの時、
全自動洗濯機をみて、便利さに驚き
ずっと二層式洗濯機だったのを
買い換えました。

これくらいです、自分で
便利なものを買ったのは。
同居して老親に
買いそろえたものは3点。
それを紹介しますね。


1.泡のボディソープ

 

年寄りらしく、
肌が乾燥して痒い父親。
 

泡のボディソープが
好きなことが判明しました。

固形石鹸を使って、
ボディタオルでこすると、

もちろんかゆみはひどくなります。
 

皮膚科でクリームを
もらっていますが、

かゆいのだそうです。
 

泡のボディソープだと、

泡でなでるように洗えばいいので、

こすらなくてすみます

泡であればいいので、
メーカーはどれでもいいと
言っております。

うちには娘さんの匂いのする
おじいさんがいます。

2.ブルックスのお茶

posted with カエレバ 



お気に入りがブルックスの
ティーバッグの日本茶です。


急須に葉っぱ入れて飲むのが
面倒らしいです。
おまけにコーヒーも
インスタントコーヒー。

ドリップするのが面倒なのです。
 

一人暮らしのアパートメントを
引き払った時、

捨てずに持って帰った
ブルックスのお茶がえらく気に入り、

じゃぶじゃぶ飲んでます。

ティーバッグだから、
お茶の葉の後始末も楽なんです。

3.ダイソンの掃除機

これは以前帰省した時に
買いました。
高齢でも使いやすいのは
ダイソンです。
しかもコードレス。

軽くて丈夫で使いやすくて、
父親も使ってます。

サイクロン式は紙パック
買わなくてもいいから、

それも使いやすいんですよ。
 

掃除機が壊れてどれ買っていいか、
わからなかったんですって。
 

紙パックの掃除機しか知らない母親、

家電量販店の店員さんと
話しするのがイヤらしく、

さらに商品がありすぎて選べない。
 

いつまでたっても買う様子がないので、

母の日・父の日合わせての
プレゼントにしました。

まとめ

親孝行のつもりは
全然ありません。
 

老い先短いですから、
必要なものは知れてますし、

長持ちする商品を買っておけば、
買い換える必要はありません。
 

年代的に浪費するよりも、

始末して生活する人たちですから。

高価なものは欲しがりません。
 

好きなものと便利なもので
暮らしていけば、

わりかしご機嫌にしております。
 

老親がご機嫌であれば、

ワタクシが好きなことが
できるのです。

 
2018.9 記事挿入用イラスト 

      やすじろうって何してきた人?

    高齢者おひとりさま生活をハックする、
    やすじろうのプロフィール。 はこちら。 






お買い物はこちらが便利 


 

若くして親に逝かれるということ。




 

このエッセイ集で「母を早くに亡くすということ」で思うところがありました。

結婚・育児以外ならなんでも経験していてよ!とうそぶいて見るんだが、
年若が、特に母親と死別したと聞くとオロオロするんである。

父親であれば「気楽でいいよね」などというんだが、
母親であればかける言葉が見つからないんである。

ジェーン・スーさんは24歳の時、お母様を亡くされたそうです。

24歳と言えば立派な大人ではないか、親離れしてるではないかと
お思いでしょうが違いますよ。
 

子どもは親離れしていても、父親が妻離れできていないのです。

イマドキのお父さんはどうか知りませんよ。

仕事ばかりしてうちのことは母親に任せきり、
子どもと向き合うのは母親がいる時だけ、
というお父さんは多いのではないでしょうか。

ワタクシの世代は、仕事しかしない父親が大半です。

さて残された父娘はどう生活していいのかわかりません。

コミュニケーションのとり方すらわからないのです。

同居していても未知の存在同士が取るコミュニケーションは、ケンカです。

毎日些細なことでいさかいが絶えなくなるのです。

母親がいない、ということは
いさかいの絶えない生活の連続になる可能性が高いのです。

結果、ジェーン・スーさんは父親と別居して、
時々会う生活をしておられるそうです。

それでいいんです。

親子仲良くなくて良しですよ。


オマエはどうなんだと言われると、うちはまだ両親健在ですが
母親がいなくなってもなんとかなるだろうと思っています。
幸いなことに父親は地域の自治会で何やら活動しております。
家庭以外に居場所があれば、
割と娘のワタクシと過干渉にならないのではと考えております。

もう一つ、いさかうほどの体力と気力が父親にはもう残っていないのです。

どちらかの親と死別して、
どちらかの親と生きてかなければならない時は来るでしょう。

無理に同居しなくても、しょっちゅう会わなくても、それはそれでいい気がします。

たまに会って世間話をして、別々のところへ帰る。

それでもいいのではないでしょうか。

無理に親と仲良くしようとすると、破綻しますし、お互いにとって良くないのです。

親と距離の取り方も、老いじたくの一つですね。

 

みなさまにとって、今日がよい1日でありますように。

 


 

 

ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう