オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

友だち関係を長続きさせるために

役割を終えてひとりでいられない人たちー他人に都合よく利用される。

              special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



 おひとりさまだけど、これからパートナーを持つ気ものめり込む仕事を持つ気もない、
@やすじろうです。 老親と暮らしていますが、ただ同居してるだけ。いつでもあの世に行っていただいて構いません。 寂しいと思ってないですから。

 子育ても仕事も、いずれはやらなくてよくなるものです。子どもは自立してウチを出て行く、仕事は後任が引き継いで自分は一線を退く。「これで楽になる」と思わない方々がいらっしゃいます。「役割喪失」というとうつになる・感情が不安定になるなど、メンタルヘルス的なものと思っていました。

 ですがワタクシが出会った役割を終えた方々は、マシンガントーク・やたら飲み会に誘うなど他人を巻き込むのです。
 終わった役割にしがみついてもいいことがない、人が離れて余計孤立する人々の様子を紹介します。

1.子どもが自立した人の場合

 マザコンなどと言いますが、本当は母親が子離れできてないんですね。 尻の青い頃は、「コイツ親離れできてねえ、ちっ。」と思ってました。子どもが男だろうが女だろうが関係ないです。  
 子どもがウチを出て結婚して、自分の人生楽しむのかと思えばそうじゃない。定年過ぎても働くんですよ、お金のために。お金持ちのいいおばあちゃんを演じるために。

 60すぎて通勤2時間かけて働くなんて、どれだけお金が欲しいんでしょう。子どもが自立して離れて行くのがたまらなく寂しいから、つなぎとめるためにはお金が一番高価あり。 自分が稼いだお金は、子どもたち家族につぎ込みます。スポンサーになるからと、ハイシーズンの一番高い時に一緒に旅行する。

 孫が産まれるとなると、とんぼ返りで駆けつける。はたから見たらいいおばあちゃんですが、肝心の仕事はというと今の時代の働き方についていけない・わからない。「できないのになんでやりたがるのかしら」と陰口叩かれてます。

 他のケースは、やたら自分語りをするようになります。他人の興味を自分に向けたがるんですね。人の話を聞かずに、延々とマシンガントーク。他の人が話していると、「アタクシは知ってるけど!」と話の横入りをしてきます。

 ひとりになるのが寂しいだけじゃなく、「取り残される」という不安も強くなるようです。だからやたら飲み会に誘います。ワタクシめんどくさいので一切お誘いに乗らないのですが、「ただ呑んだくれてるんじゃない!これからの話をして意見交換してるんだ!」と繰り返して言います。それを世間一般では「飲み会」というのですが。

2.仕事の第一線を退く日が近い人の場合

 めんどくさい仕事から解放されるカウントダウン、ではありません。やたら「アタクシがやらないと、やっぱりダメ!」と恍惚の表情で、しゃしゃり出てきます。いえ、あなたがいなくても、仕事は回るんですが。一つの仕事に何人も人材入りません。  

 特におひとりさまだと、用もないのに休みの日にも職場に顔を出します。たこ焼きやケーキ持って「差し入れ!」と置いていきます。忙しくってお茶してるヒマがないのもわからないようです。仕事場以外にいくところがない、自分の仕事を他人に奪われる。そう考えるともうたまらなくてじっとしていられないようです。  

 学校のクラブ活動で、卒業した先輩がやたら遊びに来るようなもんです。自分の居場所が見つけられないから。

まとめー寂しさを他人で埋めると孤立するか利用されるよ

 子どもが自立する・仕事の引退が近づく。それはいずれ誰でも体験すること。しがみつかない人たちは、ひとりでいられる趣味や他の人間関係を持っているから、役割がひとつ終わってもなんともないんです。「さっぱり、好きにできる!」と楽しそうです。  

 自分が必要とされなくなって、他人にやたらしがみつくと、孤立するか利用されるかどっちかです。あんまりマシンガントークで自分語りすると、うっとうしいのでちょっとずつ悟られないように距離を取られます。なんとか自分に興味を持ってもらいたいから、相手のいいなりになります。「面倒見がいいよね」と嘘くさい褒め言葉で喜びます。  
 
 最悪なのがマルチやトンデモ医療に巻き込まれること。この人たちは絶対あなたを孤独にしませんし、否定もしません。その代わりしっかりとあなたの財産をむしり取ります。  
 ひとりでいるのは寂しいことじゃないし、若い時からひとりでいることに慣れておくべきですね。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。

インターネット、楽しいですよ。





寂しいなら、ネットで簡単にお仕事もできますよ。 

友だち女おひとりさまが病気になった時ー静かにそっと見守ってほしい。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。



 アラフォーからじは健診項目は増え、病気が見つかっても病気を持ってもおかしくない年代です。 ワタクシの親しい人たちはがんや他の病気になった時、打ち明けることはまずありません。話してくれるのは、治療がひと段落してからです。

 理由は自分たちが大変なのに、他の人の対応までできないからだそうです。 「困った時はなんでも話して」というのは、トラブルを抱えた人にとって大きなお世話です。

 NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」の中で、がんになった一人が誰にも会いたくない、というシーンで考えたことを書きますね。

1.深刻な病気になっても他人に言わない理由



 「友だち近居」で仲良く暮らしていた女おひとりさま7人のうちのひとりががんになり、治療を受けることになりました。お見舞いに駆けつけようとしても「誰にも会いたくない」と面会を拒みます。理由は「健康な人から一方的に言われても理解できない」。

 「自分はこれから受ける検査や治療のことで頭がいっぱいだし、これからどうなるかもわからない。頭の中が暗闇なのに、他の人と話はできない」と続けます。結局残りの6人のおひとりさまは、見守ることにしてお見舞いにはいかないと決めました。  

 「入院して治療が必要で、先がどうなるかわからない病気」にかかると、自分のことしか考えられないのは確かです。特に若い時にあまり病気をしていなかったら、動揺の仕方も違うでしょう。ワタクシも親しい人が病気になっても、打ち明けてくれないのは寂しくて相手はそれほど仲良いと思ってなかったと悲しかったです。何かしたい・相談してと押し付けるのは、こっちの勝手な思いやりと気づきました。  

 お見舞いの対応・病気の説明など、ただでさえ入院や治療で忙しいのに相手をすることに疲れるのです。「何かすることない?」と聞かれることすら、返事をするのに疲れるのです。だから治療が落ち着いて、ごく親しい人にだけ今の病状などを打ち明けます。相手のことを考えているつもりが、実は自分の相手に対する善意を押し付ける、恩を売るなど負担をかけまくっているのです。

2.ワタクシはざわつかれるのが大変不愉快

 じゃあワタクシの場合は、といいますと、一切誰にも会いたくないです。今は便利な時代で、LINEやメールでやりとりできます。でもやりとりするのは親しい人だけです。元々具合が悪い時は、静かにほっといてほしいのです。

 身体壊して入院した経験はありますが、親しか面会に来なくても全然寂しくありません。面会に来られても、疲れるだけですから。そして我が親、小さいことでも「大変だ、心配だ」とカサカサ落ち着きないので、それを見るのも腹立たしい。「こっちが落ち着かないから、いちいち言わないで!」とブチ切れたことは、数えきれません。

3.相手から連絡を待つのも思いやり

 こちらからぐいぐい押しつけなくても、相手が落ち着けば連絡をくれます。それで話を聞いて「大変だったね」とねぎらえば、それでいいのです。ワタクシは友人と滅多に会わないので、たまにあった時に近況報告をします。その中で絶対具合悪かったエピソードが出ますが、「大変だったねー」「もうお互い若くないねー」で終わりです。

 病気になると、意外に忙しく疲れます。歳を重ねるとなおさらです。何かあった時は友情ではなく、病院や相談機関が必要なのはお互いわかっているのです。病気になった友人に「困ったことがあったら言って」とゴリ押しするのは、優しさではなく自己満足や相手と親しい関係を確認するため。決して相手のことを思っているわけではありません。

 親しい人が病気やトラブルを抱えた時は、絆を確認する時じゃないのを頭に入れておきましょう。向こうも何も出来ない子どもじゃないので、自分なりに解決するために行動してます。

まとめー騒がず慌てず静かに見守ろう

 世間様の「病気したらお見舞いする」「何かあったら相談に乗る」などは、ただ鬱陶しい負担になる習慣です。困ったことがあれば本人からいってきますし、相談してきます。だから慌てず騒がず見守りましょう。

 治療の途中退屈でLINEやメールをしてきたら、楽しくやりとりしましょう。しんどいけど気を紛らわしたい、退屈と感じられるくらい病状が落ち着いた時でしょう。  

 自分の善意や相手との関係の確認するのは愚かなことですから、親しい人に何かあった時は静かに見守るのがアラフォーからのたしなみです。



やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。



               見守りサービス・悩み相談サービスがありますよ。













 

NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」ーひとくくりにできないおひとりさまライフ。

             special thanks 山本あすか
               ふるさと納税お得です。



 スーパーマーケットのアルバイトが、思った以上に楽しい@やすじろうです。 
 どういう経緯か覚えてないけど、ネットで知り合ったサカキミヤコさん。 

 彼女から「NHKでやすじろうさんが興味ありそうな特集するよ!」と教えていただいた、NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」。


 同じマンションの部屋を買って、同居ではない「近居」をしている暮らしを、元アナウンサーの村田幸子さんのナレーションで進めていく番組でした。ワタクシ「テレビの高齢者生活特集は興味ない」と決め込んでいたのですが、食わず嫌いはいけません。

 この番組を見終わって、ワタクシには絶対無理なおひとりさまライフだ、と確信しました。「友だち近居」は否定しませんが、ワタクシには向いていないだけの話です。 
おひとりさまライフ、多様化していくんでしょうね。

1.同じマンションの部屋を買う財力がない

 新築マンションを買うお金がありません。同じ時期に分譲マンションを7人同時に購入して「友だち近居」という形態で住んでらっしゃいます。見た限りかなり立地条件がよく、内装もキレイなので新築なのでしょう。おひとりさまですから財産は自分の自由に使えるので、不動産にかけるお金も自分で決められます。

 この7人の方々は資産に恵まれた方々です。 もし、「友だち近居」をしたいけどお金がない、というのであれば賃貸なら可能ではないでしょうか。 同じアパートメントに友だち同士で近所に住みたい人たちが、賃貸するのは可能でしょう。 保証人がいないのなら、保証人代行システムを利用すれば賃貸住宅を利用できます。

2.息苦しい人間関係

 この7人のおひとりさまたち、どういうご縁なのかわかりませんが相当交流が濃いです。部屋が別なだけで、同居に近いのではないかというくらい。一緒に食事する・お茶する・おしゃべりする…近くに住んでいるからお互い出入りしやすい。

 安心な人は安心でしょう。寂しいと感じれば、訪ねて行ってお茶ができるし、困ったことがあればすぐ対面で相談できる。 ワタクシ、濃い人間関係はもう無理なので、しょっちゅう他人がワタクシの生活に入り込んできたら、不愉快かつ疲労感倍増です。

 複数名固まって住んでいるのですから、「今ちょっと…」と断った後が怖いですし、他の人になんて言われるかもわかりません。何かあったんじゃないかと気を遣われるのも煩わしい。濃い人間関係に疲れたから、ゆるく細いつながりで交友関係を保っているのです。

3.人間関係が壊れた後の住むところ

「友だち近居」の女おひとりさま7人様、もしメンバーが欠ける時は他界する時というくらい大変仲が良いです。些細な揉め事はあるかもしれませんが、決定的な亀裂が入ることはなさそうという印象が強かったです。  
 さて、そこまで仲が良いまま暮らしていける相手が見つかるでしょうか?女おひとりさまが集まって、「友だち近居しよう!」と同じマンションを買ったとしましょう。人間関係、いきなり終わりが来るのではありません。少しのひずみがたまって、満期になった時に決裂するのです。

 賃貸アパートなら、引っ越すのは簡単です。ですが分譲マンションを購入した人は、不動産の処分という面倒くさい手続きが待っているのです。しかもそのマンションはいつ売れるかわからない。次の住処のための資金が残っているか。  
 
 人間関係が壊れる可能性があるのは、絶対考えておかなければならないことですね。仲良くしていられるのはきっと最初だけでしょうから。

4.「お互い様」の関係が維持できない

「友だち近居」の女おひとりさま7人様、具合が悪くなれば救急車より先に仲間に電話して助けを呼ぶ。昔ながらの「お醤油貸して」的なやり取り。支えて・支えられて、というバランスが半分ならいいのですが、依存的・自分で決められない人だと、一方的に頼られてくる可能性大です。  

「友だち近居」は集団生活ではないですが、全員親しい者同士の小さい地域のようなもの。知らない人だと断れることでも、親しく交流していれば断りにくいこともあります。この番組のおひとりさまたちは、若い頃から「自分で決める」「自分でできる事は自分でする」と生活を送ってこられた方々。だから一緒にいても議論をしていても、できる事は自分でして自分の意見を述べられるのです。

まとめー高齢者おひとりさまの生活はひとくくりにできない

 ワタクシには絶対無理なおひとりさま高齢者ライフです。財力がないのが一番の理由。同居してないのに、お互い毎日顔を合わせる濃い人間関係を続ける気力体力がないから。だから「友だち近居」という高齢者ライフスタイルは、向かないしやりたくありません。

 番組を見て向き不向きはあるけど、高齢者ライフスタイルはひとくくりにできない世の中になりました。昔の独居・子どもと同居・施設に入居の3択ではあリません。 独居・複数の住むところを持つ・半分同居など。「友だち近居」もマンションを買わなくても、賃貸住宅でできますよね。

「おひとりさまはさびしい」と心配されるのは大きなお世話。おひとりさま同士、知恵を絞って自分にあった暮らし方を作り出せる時代です。


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。




                       

               自分のおひとりさまの暮らし方、探してみましょう。







 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう