オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

嫌な人とはつきあわない

アルコールのない生活―呑み会のない静かな日々。


                                                 special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


 

本来は気持ちのいい気性の人たちとアルコールの香りや味を楽しみ、美味しい料理を味わいながら、ほんわかとした時間を過ごすのが大人の呑み会だと思うのだが。

「呑み会はキライ」と確認するために、いままで散々職場のつきあいや「友情を深めるため」の呑み会に参加していたのかもしれない。

 

アルコールを口にしなくなって6年目を迎え、呑み会を断ることを覚えて10年以上は経つ。

呑み会に誘われた時、誘ってきた人間が初めてなら様子を探るために参加する。
その人間を「コイツ、一緒にいても時間のムダ」と察知すれば、のらりくらりと呑み会の誘いを断る。

断る時に「アルコールやめてるんで」と言えば、ほとんど誘われなくなる。

さらにアルコールをやめた理由に「ドクターストップ」を付け加えれば、まず呑み会に誘われない。

アルコールを呑んでいた頃は、「お金がない」「やることがある」「バスの時間があるから」など適当な理由をつけて断っていた。

 

働き始めてからほとんどの新社会人と同じように、誘われれば呑み会に参加したし企画もした。アルコールや料理を味わいたいのではなく、「大人になった」とかっこつけたかったから酒の席の誘いはまず断らなかった。中身のある話は全くせず、話題は自分語りや仕事の愚痴や不満だった。尻の青い若人には呑み会は必要な儀式だろうが、そのノリを中高年になってまで引きずっている輩はいる。呑み会で全ては解決するほど単純な世の中じゃないことに、気づけなかった輩たちだ。「朝まで呑む」「店をハシゴする」、このふたつのことがステイタスだった覚えがある。
思い起こせば1人でいられない人間もいたと思う。
 

社会人7.8年目になると先輩ヅラして後輩を呑みに誘う。
あるいは仕事で嫌なことがあれば呑み会を開く。楽しい話はなく、仕事の愚痴・上司や同僚の悪口陰口・明るくはない自分の将来のこと。
「職場を辞めたいけど、転職する勇気はないから今のところに定年までしがみつく」「キャリアアップしたいけどお金がない」…粛々と今の職場を勤め上げることは悪いことではないし、キャリアアップしたいならアルバイトしながら学校に通えばいいし資金を貯めればいい。

そういう希望のある話にはならなかった。呑み会には自分の行動力のなさを確認する人たちが集まっていただけだった。

 

呑み会が嫌いになったのは、ただのきっかけだがイヤミを言われたからだ。労働組合の役員をしていた当時、呑み会は全て経費だった。「交流会」という名義のもと、かなりの頻度で関連のある他の労組の支部と呑み会を開いた。
ワタクシの行動を日頃面白くないと感じていたお局様から、「誰のお金で呑んでんだか」とイヤミの攻撃が始まった。

お局様の言うことはご無理ごもっともだ。
組合員の会費を経費にして呑み会を開いていたのだから。
名ばかり労働組合で、労働条件は改善されないし上司は独断で仕事量を増やす。

職場の改善して欲しいことを労組の役員に話してもごまかされていたことに加えて、外からは呑み会しかしてないと見えるのかと思うと、膝から崩れる気分になった。

それから会費を自分で払う呑み会に一切参加しなくなった。

 

健診でアルコールを控えるように言われて禁酒を始めたが、気の合う人たちの呑み会には参加した。ソフトドリンクでも十分楽しめていたが、ある日の呑み会で「こんな3流の職場でしか務まらないわたしたちって」とワタクシの干支ひとまわり下の年若が吐き捨てた。
それを目の当たりにして、二度と呑み会には参加するまいと決心が固まった。

なんでもいいから自分のいるところを良くする努力はせずに、呑んでクダ巻いて気持ちを抑える悪習が脈々と受け継がれていることに脱力した。

呑み会文化が受け継がれているのなら、ワタクシ1人くらいいなくなっても構わないだろう。

クダまく以外に自分の居場所を明るくする方法を知らない人間と、これからもつき合わなくても構わないだろう。
いい大人なのに1人でいられない呑み会に誘う人間から逃れても、もういいだろう。
 

 

昨今のワタクシは、昼間にお茶やランチをしながら友人と話す。

もちろんゴシップ話をするが、お互いの明るい話題を含んだ近況報告や仕事のことなどを脈絡なく話す。

クダを巻きちらす呑み会では得られない気持ちの安らぎを得ることができる。

気の許せる相手と交流するとき、今のワタクシにはアルコールというツールは必要ない。

気の合わない人間と交流し続けたのだから、もうワタクシが好きな人間だけと深くおつきあいすることも許されるだろう。

アルコールを手放した代わりに、お茶とスイーツでも嫌な相手から誘われれば断る厚かましさを手に入れた。 

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。ご覧ください。

動画を見て本読んで、ひとりの時間を楽しみます。

 


他人と距離感がわからないオンナーヤバいと感じたらソッコーで逃げるべし。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。



 人間関係の断捨離がほぼ終わった@やすじろうです。 
新しい出会いはありますが、「こいつ距離感わかってないな」と感じた瞬間、秒で距離を置く習慣ができました。これまでの経験のおかげです。 

 人に関わる職業人は、他人との距離感がわからなくなる人が多いです。 教育・保健医療福祉系の仕事を持つ人は、特にです。 他人と自分の境目がわからなくなって、近づきすぎて支配・被支配・共依存の関係しか作れなくなります。 

 他人と出会う機会は減っていますが、まだまだあります。 適度な距離感で仲良くできる人ばかりではありません。 ケガしないために距離感がわからないオンナと関わって、怪我しないために注意することを書きました。

1.支配・被支配・共依存の関係は職場や友人の間でも成立する

 支配・被支配の関係は、加害者が被害者の心理的・経済的な暴力で被害者を抑圧・虐待します。共依存は相手に自分を頼らせることで相手を支配しようとする人と、その人に頼ることでその人の自由を奪おうとする人との間に成り立つ関係です。

 どちらも配偶者間や親子間で起こるゆがんだ関係ですが、職場のパワーハラスメントや友人の間でも起こります。 ワタクシのプロフィール・ハラスメント地獄期と弊記事穏やかな日々を送りたいなら、感情が安定した人とおつきあいしましょう。をご参照ください。


2.近寄ってはいけないオンナー初対面でカミングアウトするオンナ

 初対面でいきなり、成育歴や自分の深刻な悩みを話す人いますよ。
仲良くなったと勝手に思って、その相手のプライベートなことを他人に話す。健康状態とか、過去にかかった病気とか、職歴とか。

 カミングアウトオンナは、自分はなんでも話すオープンな人間って思ってますが、全然違います。相手のことを全く考えられないのです。聞かされた方は驚くし、どう反応していいのかわからない。 かつてDVサバイバーで、初対面で自分が離婚した経緯とDVのことを自己紹介がわりに話す女がいました。その話を聞いた若人は「どうしていいかわからなかった。聞きたくなかったけど、聞いてた」と嫌な気分を打ち明けてくれました。

 カミングアウトオンナは距離感がわからないから、他人が自分の話を聞いてどう思うかわからないのです。「自分の中では終わったことだから」と勝手にネガティヴな過去を話され続けられ、話題は他になく、仕事ややりたいことの話など全くできないのです。

 DVやハラスメントなどネガティヴな過去は同情しますが、その話ばかりしているのはまだその過去を引きずっているということ。あるいは同情を引こうとしていること。話していいことと控えることの区別がつかないから、他人との関わり方がわからないのです。

3.近寄ってはいけないオンナー巻き込むオンナ

 他人と距離感がわからないオンナは、絶対自分の行動に他人を巻き込みます。
かつての職場は距離感がわからない人が多かった。 他人の机の上を無断で触る、他人の仕事に口出しをしすぎて自分の仕事が回らなくなる、他人を自分の思うように操作する、一事が万事その調子。 他人の都合を考えず、思いつきで行動するので、こちらの仕事が進みません。

 上司や担当部署に注意を受けなければ、全然他人を巻き込む行動が止まらないのです。 体調が悪いので健康管理センターを利用した同僚を、周りに触れ回って物事を大げさにします。 他人を巻き込むオンナは付き合う自分が疲弊するばかりか、仕事の責任所在が曖昧になります。

 他人巻き込みオンナは、いつもことを荒立てたあと、うまく逃げます。取り残された人が後始末をしなければなりません。 だから虫のようにさわさわ動き出しても、巻き込まれないために掘っとくのです。

 ワタクシの同僚は他人巻き込みオンナに、「・・さんに言われたから」とフラフラと寄っていきます。最初は忠告しましたが、放っておきました。散々嫌な目にあって、逃げるチャンスもあるのに逃げようとしません。だけど同僚とも関わるのはやめました。一緒に沈みたくないのでね。

4.近寄ってはいけないオンナー他人をぞんざいに扱うオンナ

 社会的地位のある人にちぎれんばかりにしっぽふって、格下の相手には奴隷のような扱いをする。 あるいは、仕えるように、使われるようにしか人と接することができない。 人をぞんざいに扱ってその人が怒ると、今度は顔色見て必死で機嫌をとる。 ご機嫌が治ったら、またぞんざいに扱って怒らせて…の繰り返し。

 依存する対象は薬物だけでなく、人もなんですよ。 だから、ぞんざいに扱っても絶対その人と離れようとしない。 人間関係が支配・被支配や他人と距離がわからない人は、自分を大切にできないんですよ。 いつも人の顔色見て、怯えて、落ち着かない。 あるいは、いつもイライラ怒ってばかりいる。 こういう人って、落ち着きないですよ。 いつも喋ってるか、人の世話をしようとうろうろしてるか、粗探ししてますから。

 それで日々消耗してるので、身も心も常に疲れています。 だから突然ヒステリックにキレはじめ、不機嫌になるのです。 そんなジェットコースターのような気性の人と付き合うほと、疲れることはありません。

まとめーヤバいオンナとわかったらソッコー逃げろ

 ワタクシ、支配被支配の関係か、人間関係の距離感がわからない人を寄せ付ける能力があります。 うれしくないです。だから、ちょっとでも片鱗があると逃げます。 逃げ足速いです。時々逃げ遅れますが。 支配・共依存関係要素を持つ人は、支配できる・依存できる人を嗅ぎ分ける嗅覚があるらしいです。

 ヤバいオンナは、「他人と自分は違う」「付き合うときは自分も相手も楽しく」がわからないから、忠告しようが何しようが無駄なんです。 いわゆる「友達」の関係が作れないのですよ。 他愛のない会話して、笑って、お互いの嫌がることはしないことがわからない。

だから逃げましょう、避けましょう。 ヤバいオンナと一緒に沈没してはいけません。


やすじろうって何してきた人? 
IMG_0978高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィールはこちら。 

やすじろうがフリーランスになったいきさつは、



                              
職場の人間関係に疲れたら、クラウドソーシングがありますよ。



「わざわざめんどくさい人と関わるのは、バカのすることやで」ー人づきあいで消耗するのはもうおしまい

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


絶賛隠居生活準備中、@やすじろうです。
人生のソフトランディングに必要なのは、まずお金。
クラウドソーシングでちまちま稼ぎ、足りない分はスーパーマーケットでアルバイト。
ブログとnoteではまだまだ稼げません。
できる限り人と関わらない仕事を選びました。

品出し作業なので、人と関わることはほとんどありません。
もちろん人間関係も断捨離しました。
複雑な人間関係から逃れるのは、シニアおひとりさまライフに必要なこと。
これから恋愛はしない予定ですし(でも恋は事故だから突然やってくるので恐ろしいっす)、
出会う人は早めにNGな人か見極めておつきあいする人は増やしません。

NGな人の基準は弊記事私が疎遠にする人の7つの特徴ー男女問わず穏やかな高齢者ライフのためにをご参照くださいませ。

ヒビノケイコさん、イケハヤさんのツイートを通して知りました。
京都から高知に移住して、忙しくて静かな生活を送っておられる方です。
クレヨンで描いたタッチのイラストも好きです。
人間関係で消耗してた時、心の琴線に触れたヒビノケイコさんのブログ記事を紹介しますね。

人との関係も、仕事も。難解なゲームほど攻略したくなるけどその先には何もないことがある


1.気難しい人の理解者になろうとする本当の気持ち

自分が特別な存在であることをアピールしたいから。
たったこれだけのために、気難しい人の理解者になろうとします。
「この人はワタクシにしか心を開かないの!」「ワタクシにこの方のケアを任せて!」と自分しか理解者がいない錯覚に酔いしれたいのです。

その気難しい人が著名人・成功者であるとなおさらちぎれんばかりに尻尾を振って、その人の機嫌を取りまくります。
ワタクシが難解で気難しい人の機嫌を取りまくっていたのは、三十路半ばまで。
自分が特別な存在であることを確認したかったから、たったそれだけの承認欲求です。

「難解で気難しい人」がワタクシに心を許したか、結果は「いいえ」。
難解で気難しい人は、理解者を自分で探して見つけていたのです。
還暦あたりのお年頃の女性が、ちぎれんばかりに尻尾を振って、気難しい人の世話を甲斐甲斐しくして、「わたしがやらなきゃならないの?」と嬉しそうに苦労話をします。
自分より社会的地位がある方ならなおさら機嫌取りに磨きがかかります。

承認欲求の恐ろしさは、自分のことをないがしろにし過ぎても気づかないこと。ちぎれんばかりに尻尾をふるアラカン女性を、他人がどう見ているかわからないのです。人目を気にしては何もできませんが、承認欲求に取り憑かれた人とお付き合いしようとは、絶対に思いません。

「あの人は社会的地位がある人だけしか相手しないんだな」と思われる先には、果てしない孤立が待っているのです。

2.気難しい人と仲良くなった結果

「気難しい人と仲良くなった」と勘違いできました。
それだけです。気難しい人と親しくしてますけど、それは懐に入り込めたのではなく、一緒に乗り越えたことがあったから。
その人の特性を知らずに、えらいことバトルを繰り返しました。
尻尾振るのではなく、立ててましたよ。

他には、都合よく扱われて裏切られました。
気難しい人が勘違いして「この人は都合よく使える人」とワタクシに近寄ってきて、取り扱えないと判断したのです。
詳しくは弊記事穏やかな日々を送りたいなら、感情が安定した人とおつきあいしましょうをご参照ください。 他には果てしない疲れがいつまでも残りました。
だからもう絶対に気難しい人の理解者になることはありません。

3.わざわざ気難しい人と
つきあう必要はない

気難しい人とお近づきになれると、何か自分で見えない世界や知らない考えに触れられるのではないか、と期待していました。
でもそんなことは何にもありません。

面白いこと、知らないことが探せるのは、オトナおひとりさまなら自分でできることです。 他人に頼る必要は全くありません。
ヒビノケイコさんはブログの中で綴っていらっしゃいます。

わたしは、癖で、理解できない人ほど無理して理解しようと頑張ってしまうところがある。
(略)
だけど「何も待っていないこともある」ということに、最近気がついてきた。
理解しようとしたその先に、面白いものなんて特になかったり、深掘りしてみた先に何もなかったり。

気難しい人の理解者になって疲れ果てるより、自分から何か探したほうが絶対に疲れません。疲れたとしても、ちょいとひと休みすれば回復できる程度の疲れ。
ただ消費された感は、回復するのに随分と時間がかかります。

もう先が短いし体力・気力が落ちているのに、わざわざ自分から進んで消費されるのはやめましょう。 気難しいさんが寄ってきたら、直ちに距離を置けばいいのです。

まとめー気難しい人に振り回される手間ヒマを惜しもう

アラフォーすぎると、気力体力の回復に時間がかかります。
しかも人間関係で消費したエネルギー補充にも、手間暇がかかるのです。
だから難解・気難しい人がやってきたら全力で距離を置きましょう。

追いかけて得るものはありません。振り回されて疲れ果てるだけです。
複雑なことは終わりにして、心穏やかにおつきあいができる人と時間を過ごしましょう。
もう自分で面白いものを見つける知恵を持っていますからね、ワタクシたちの世代になれば。



やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。
 
                  
                                                                             面白いものが見つかるかも?
                    


 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう