オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

安全にくらす

「イケハヤ先生の情報商材は稼げない」と消費者センター相談してきました。

               special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。


ワタクシでよければお話聞きます。
Twitter @やすじろうまでDMください。
お返事は後々返します。
もちろん匿名でいいですよ。

 
情弱養分@やすじろうです。
イケハヤ先生との熱い日々をつづったブログ
【10万4580円の養分】イケハヤ先生、まだ情報商材で消耗してるの?を読んでいただき、
次のようなリプをいただきました。

2名称未設定

IMG_5621
名称未設定
名称未設定4

悲しい、悲しすぎる。 

やはりカモられる情弱養分は愚かなのでしょうか。 
気がついたら消費者センターに足を運んでいました。 
イケハヤ先生に少額でも持っていかれたあなた!
これ読んで消費者センターに相談しましょう!
 

1.誰にどのように騙されたのかを説明

「イケダハヤト氏のブログで稼げるサロンに入会して、会費を払い続けたけど講義も指導もなかった。ブログを書けば月2〜3万円は稼げると言われたが、全然稼げなかった」と伝えました。
ワタクシの場合はブログ記事を提示しながら経過を説明しましたね。

2.質問:イケダハヤト氏のどの商材にお金を払ったか

ワタクシの場合は「イケハヤメディアラボ」の会費でした。
今イケハヤ先生が売り出しているのはイケハヤ大学【ブログ版】 YouTube「イケハヤ大学「YouTubeでメシを食う方法。」です。

他にもメルマガや限定サロンもありましたよね。
自分が引っかかった商品の名前・買った情報商材・有料チャンネルなどならリンクを提示しましょう。そしていくら払ったか金額も提示しましょう。
クレジットカードの明細などがあれば持参して、なければ口頭で金額を伝えられます。

3.質問:退会・契約はいつでも解消できるのになぜしないのか

イケハヤ先生の情報商材は、基本入退会は自由だと思います。
なぜ辞めなかったのか、あなたの事情を話してみましょう。

ワタクシは「『ブログで稼ぐには3年かかる』と説明文があったので、退会は考えてなかった」と答えました。そしてサロン入会者に何の説明もなく突然サロンは解散したので、会費を払う必要がなくなったとも説明しました。

例えばYouTubeの有料会員の方だと、「会費が負担にならなかったから払い続けた」も十分な理由になります。

4.質問:情報商材の内容

イケハヤメディアラボは、Facebookで展開していたこと・ブログを書く課題のスレッドがあったこと・サロン生は黙々と自分でブログ記事を更新し続けていたことを説明しました。
イケハヤ先生から直接指導・講義を受けなかった理由も聞かれました。

サロン生が多くて順番待ちだろうと思っていた・まだ自分は質問するレベルではないことと判断して、イケハヤ先生の御教えを賜らなかったと答えました。

あなたがイケハヤ先生から購入した情報商材の内容を、相談員に説明しましょう。
現物があれば持参しましょう。YouTubeの有料会員ならサイト名を伝えましょう。

5.質問:「絶対に稼げる」と謳ってあったか

イケハヤメディアラボは「絶対に稼げる」とはいってないけど、「月2〜3万円は稼げるようになる」とうたってあったと答えました。

YouTubeを見ると「ゼロからお金持ちに 王道の方法」という有料チャンネルがあります。 こういうタイトルだけでもいいので、スクショで提示してみましょう。
イケハヤ先生のTwitterのトップを見せてその場でリンクしてみてもいいでしょう。

3名称未設定



おそらくYouTubeから得られる月収が100万円ほどで、それがほぼ利益。
副業で1000万円稼ぐという、わかりやすい事例じゃないかな。
しかも、こういう意外なものがウケるというケースが、YouTubeにはけっこうあるんですよ。
それを引き当てれば、副業で年収1000万円も夢ではありません。 

と語っておられます。

これもスクショして提示するのもOKです。

6.質問:実際に稼げるようになったか

正直に答えていいのです。

「全然稼げませんでした。 」

この一言を言えばいいのです。

イケハヤ先生にかすめとられたあなたへー通報が多ければ機関は動く

消費者センターへの相談件数が多いほど、調査や法律に抵触してないか、動いてくれる可能性が出てきます。
イケハヤ先生の情報商材を買ったみなさま、自分が住んでいる都道府県の消費者センターに電話して相談してください。

Twitterの民のように「情弱のカモ」と嘲られることはありません。
ワタクシが相談に行った消費者センターの相談員は、「ブログなどで各都道府県の消費者センターに情報提供を、と呼びかけて構わない」とアドバイスしていただきました。

繰り返しますが返金は不可能ですが、このまま泣き寝入りしたくないならあなたが消費者センターに相談してください。
それで今の状況が変わる可能性が大きくなるのです。

消費者センターに相談できれば、あなたは情報弱者でなくなる一歩が踏み出せます。
あと説明するときは、「イケハヤ先生」じゃなく「イケダハヤトさん」と言ってくださいね! 健闘を祈ります。
そして消費者センターの相談員は親身になって聞いてくれましたよ。




やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。ご覧ください。

 
本を読んで商いの勉強をしましょう。


地味に稼ぐ方法を見つけましょう。





  

【10万4580円の養分】イケハヤ先生、まだ情報商材で消耗してるの?

              special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税お得です。



情弱養分だった@やすじろうです。
この歳になって情報商材屋の養分になるとは、思ってもいませんでした。

ワタクシの場合はイケハヤ大先生の養分になり、収めた会費15万9360円は情弱御殿の床板にでもなっているのでしょう。
ではイケハヤ先生を知り、「こいつやべえヤツ認定」をした経過を白状します。
(VALUで30万円溶かした方が悔しいのですが)

1.イケハヤ先生との出会いとブログサロンへの入会

2015年、ワタクシは心身クラッシュして療養生活をしておりました。
ネットは仕事や趣味で利用する程度でしたが、有り余る時間を持て余しSNSなど漁るようになりました。 その時見つけたアカウントがイケハヤ先生でした。
「まだ東京で消耗してるの?」とサラリーマンを煽り、地方で心豊かに暮らすツイートは年若が新しい生き方を提示していると魅力的でした。

既存の高度成長期バブルゾンビを蹴散らしながら、ビッグイシューフローレンスに寄付をして社会に出ていくことをためらう大学生を塾生として面倒を見る。
「失敗してもやり直せる場所を作りたい」と、メンタルやられた会社員が療養できる場所づくり・農園経営・温泉を掘るなど、ただお金儲けだけじゃなく社会貢献も考えているキレ者とイメージしておりました。

働くことに疲れてもう人と関わる仕事はしたくない、そんなことを考えていたワタクシは、「ネットで稼げる方法がある」と知ってイケハヤ先生のサロンに入会したのでした。

2.イケダハヤトのブログ塾(後イケハヤメディアラボに改名)の活動内容

会費は1ヶ月4980円、懐が痛む金額ではないのがミソです。
サロンはFacebookで運営していました。
まず自己紹介スレッドで、なぜブログで稼ぎたいかなど書きました。
その後「ブログ記事を書くステップ」のスレッドが数種類あり、その書き方でブログ記事書いて更新していました。

SEOやアナリスティクスなど全くわからないワタクシですので、ただだらだらと記事を更新するのみでした。 もちろん稼ぎにはなりません。
でも「ブログで稼ぐには3年はかかる」イケハヤ先生の御教えを信じてブログを書き続けていました。

ではイケハヤ先生のご指導が賜われたか、いいえ全くありません。
それでもnoteがサービスを開始した時は、「サロン生のnote買います」コーナーがあり、今週の予定記入欄ありでイケハヤ先生がサロン内に降臨することもありました。
でも基本はサロン生が黙々と自分の書いたブログ記事を貼り付けるだけで、サロン生同士の交流はほとんどなかったです。

3.サロン閉鎖は突然に

2017年7月だったと思います。
突然サロン内で「サロンを閉鎖する」と解散宣言がありました。
解散宣言する数ヶ月前から全くサロンに書き込むことがなくなり、ツイートの埋め込みだけでブログ記事を更新していたイケハヤ先生です。
「サロン生には十分説明をして納得してもらった」とブログに書いてありましたが、そんなものは全くありません。(サロン解散の記事は削除してありました)
IMG_5601


仮想通貨バブルが始まり、サロン生はおそらく200人くらいで新規会員は望めないので損切りをしたわけです。
ブログのアフィリエイト以外にサロンの会費という収入もあったので、新規会員が増えなくても懐は潤っていたはずです。

今考えると、労力の割には稼げないからサロンを閉鎖したのでしょう。
有料noteを始めていたのでサロンを解散しても、サロン生を有料noteへ誘導していたのでうまみはあったと思います。

4.イケハヤ先生をウォッチング

失業保険で暮らしていましたが、仕事を紹介してもらい安定した収入を得る日々を送っていたので、サロン解散はワタクシにとって痛くも痒くもなかったです。
ブログとnoteを続けていたのは、定年になっても社会保障に依存せずに月20万〜30万のゆるい収入が続くビジネスをしたいからです。

サロン解散した後は、Twitterでイケハヤ先生をチェックしていました。
サラリーマンdisは相変わらずですが、様子が変わったのがお金のツイートしかしなくなったことです。 売り上げがいくらだ・月収数百万円・仮想通貨の利益など。
人間って人気があっても一気につまらなくなるのだなあ、と悪食が趣味のワタクシはウォッチを続けておりました。

そして子どもの学資保険を解約したなど物騒なツイートもあり、この人保険と投資の区別もついてないのかと驚きました。保険も否定しておられますが、掛け捨てで少額の都道府県民共済かんぽ生命を知らないのも驚きでした。
(物騒なこともありましたが、かんぽ生命は貯金と生命保険が一緒になったかなりお得な商品です)

この頃からイケハヤ先生のツイートから、お金に困り始めた匂いがしていました。
そしてCAMPFIREがコミュニティサービスを始めて、イケハヤ大先生・ミューズはあちゅう・怪しい輩の正田様で脱社畜サロンを始めました。
絶対会費をかすめ取られるだけのサロンの匂いがしたのでただ眺めているだけでしたが、入会員が殺到していたのは覚えています。

イケハヤ先生詰めの甘さがここで露呈、主催者のプロフィール詐称がわかったのに謝罪もせず力になる人をブロックして自分の落ち度を認めません。
あっという間にサロンは「スキルシェアサロン」と名を変えて、寂れていきました。

その後農園経営を始めるわけでなく・家を建てるわけでなく、「限定人数で稼げる講座を開きます」と情報商材を売るだけの人になりました。
メルマガに登録しましたが、ほとんど配信はありません。
ワタクシは「リスト入り」したのか、メルマガ登録しても配信がありません。

よほど疲れているのかあれだけdisっていた企業に、「広報として働けないかな」などサラリーマンになりたいオーラを出しまくりの時もありました。


ワタクシの現在は有志で集まって、ゆるく在宅ビジネスの勉強会をしています。


イケハヤ先生のサロン生で、稼げるレベルになった人はみたことも聞いた事もありません。 
イケハヤ先生と関わってたくさん稼げるようになった人は、自分で努力した人です。
イケハヤ先生はただ情報商材を売っていただけなのです。
イケハヤ先生は詐欺をやらかしたとワタクシは考えています。

ワタクシのように全く稼げず数千円を使い続けた人は多いのではないでしょうか。
少額であるがゆえ、失敗した・勉強代だと泣き寝入りしている人も多いでしょう。
少なくとも「イケハヤメディアラボ」のサロン生は少額詐欺に引っかかったのです。

最後にー人生に行き詰まっているあなたを狙っている

ネットネイティヴの世代が、簡単に騙される世界がインターネットに広がっています。
アラフォー以上のネットノンネイティヴなら、簡単に騙せます。
先日もNHKの情報番組あさイチで、アラフォー以上を対象にしたネットビジネスの講座を特集していました。 (Twitterで #あさイチ #
自営型テレワーク で検索してみてください)

あなたの財産を狙っているのは、マルチだけではありません。
ネットの情報商材商法は金額が1000円〜2万円と少額なので、引っかかっても「まあいいや」で済ませられるのが悪どいところです。
ひとりから巻き上げる金額は少なくても、人数を増やせば10万円くらいは稼げます。

副業したいなら、正規のプログラミング教室やリモートワークの会社を探してください。
詐欺はあなたのすぐそばに忍び寄っています。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。ご覧ください。

 
情報商材でなく本を読んで勉強しましょう。



地味に稼ぐ方法を見つけましょう。





 

支配・非支配・共依存ー他人をコントロールしない・されないために。

            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。


「支配・非支配・共依存の人間関係は直ちに断ち切れ」
同じことを何度も言っている@やすじろうです。
 理由はトンデモ医療・マルチ商法・新興宗教などの入り口に簡単に立たされるからです。

 人づきあいがややこしくなるだけでなく、財産を持っていかれ・まともな人間関係をなくし・自分の心身が危険にさらされます。これは他人をコントロールする側・される側のどちらにも起こる危険なことです。

 支配・被支配の関係
は、加害者が被害者の心理的・経済的な暴力で被害者を抑圧・虐待します。共依存は相手に自分を頼らせることで相手を支配しようとする人と、その人に頼ることでその人の自由を奪おうとする人との間に成り立つ関係です。トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教は、支配・非支配・共依存の関係を巧妙に作り、信者を増やします。

 アラフォーすぎると気力体力が落ちます。だからいざ支配・非支配・共依存の関係になったら振り切るために、尻の青いころの何倍も労力を使います。おまけに冷静な判断力も無くなるのです。だから「これはヤバイ」と感じたら、何のためらいもなくその人と関係を断ち切っていいのです。

 自分の生活を脅かされないために、支配・非支配・共依存の入り口をまとめてみました。

1.他人への指導やアドバイス

 仕事で後輩・部下などを指導しているつもりが、自分の思い通りに行動するようにコントロールしています。反対に後輩から「先輩・上司はこうあるべき」とコントロールされることもあります。

 指導やアドバイスをしている時「なぜ自分の意見や考えを参考にしないのか」、「先輩・上司がしっかりしてくれたら私は気持ちよく働けるのに」と思った時が入り口です。 ちょっとでも自分の意見や望む役割を期待する感情を持つと、少しずつ行動に移していくのです。相手が自分の思い通りに行動しないと腹立たしくなり、言葉の暴力が始まります。  

 プライベートでも同じです。自分が試してよかった商品や健康法などを会話の話題にあげます。「ふーん、そうなんだー」で、その話題を流してはくれません。次に会った時に「こないだ話したことやってる?」などと問い詰められます。自分がいいと思ったものは、相手もいいと思わなければならないのです。
 これも支配・非支配・共依存の入り口なのです。

2.他人の相談に乗る・困り事を解決する

 「私の周りの人はいつも困ってるから、私がいなきゃ!」と思ってる人、共依存関係が完成してます。共依存は一見仲が良いと思われがちですが、世話を焼くことでしか自分の存在を確認できません。相手は問題を起こすことで相手の注意を自分に引き付けます。

 困ったことが起これば、ほっとけばいいのです。いい大人だから自分で解決できます。ですがそれを割り込んできて、「私がいないとダメなんだから!」と世話を焼くのです。
 これもトンデモ医療・マルチ商法・新興宗教の主催者・信者が利用する人間関係です。
 いったんハマると足抜けできないのは、共依存関係にあるからです。

3.個性的な他人と出会う

 「この人をわかってあげられるのは私だけ!」と、厨二病をこじらせている人がよく言います。気難しい人は自分にだけ笑顔を見せる・本音を話すなど本心を打ち明けていると勘違いさせます。

 気難しい人は支配したい人だから、8割罵倒して2割本心を打ち明けるふりをして、相手を支配していきます。本当の本心は絶対に話しません。もし気難しい人に接して「この人の理解者になろう」という感情が少しでも湧いたなら、直ちにもみ消しましょう。
 相手は息を吸うように人を支配していきますから、あっという間に取り込まれます。

まとめー支配・非支配・共依存はまともな判断力がなくなります

 パワハラ、モラハラ、アカハラを受けたワタクシに足りなかったものは、スルー力でした。  ガッツリ支配・被支配の関係が出来上がる前にスルーしなかったから、まともな判断力がなくなり心身にダメージを受けました。  

 それでも幸いなのが、トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教関係の人たちと支配・被支配の関係にならなかったことです。この3つに取り込まれていたら、絶対に足抜けできずに少ない財産と大切な人間関係を失っていました。  

 トンデモ医療・マルチ商法・新興宗教の勧誘は、素人ではとても断わりきれません。まともな判断力がなくなります。だからこの3つが近寄ってきたら、全力で逃げましょう。
 逃げなければ相手は人数を増やしてあなたを追い込み、簡単に巻き込んで搾り取られてしまいます。  


やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 


やすじろうがフリーランスになったいきさつは、
フリーランスになるまでのこと。をご覧ください。


自分の人間関係を見直すために、情報を集めるのもよいですよ。
 
ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう