おひとりさまですがなにか?

ーおひとりさまの老後ライフを考えるブログー

この世の去り方を自分で決める

【閲覧注意】オンナおひとりさまの死に支度ーエンディング産業展の孤独死ミニチュア。

                special thanks 山本あすか

                    ふるさと納税、お得です。
                      

エンディング産業展
今年で4回目を迎えたそうです。

一度は行っておきたいです。
 

お葬式・お墓など、おひとりさまでも
誰でも人生の終い方の準備に、
触れることができる展示会です。
 

一番興味深いのが
遺品整理業者の孤独死のミニチュア展示。

以前から遺品整理業には興味があり、

最後はお世話になるところだなと
考えておりました。
 


これを見て、おひとりさま独居で最期を
迎える予定のワタクシは

「死体がえらいことになる前に、
 早く発見してもらって、

 ちゃっちゃと始末してもらうには、
どうすればいいか」を考えました。

孤独死・孤立死・人付き合いなど、
ワタクシなりに調べて書きますね。


 


1.孤独死とは・孤立死とは

同じ意味で使ってますが、
実は違うようですね

1)孤独死とは
遺品整理ドットコムブログでは
「『孤独死』とは、誰にも看取られることなく、
自宅でたった一人死を迎えること」と
定義してあります。

死んだ後すぐ発見されること、と
付け加えている方もいらっしゃいます。

2)孤立死とは
孤立死には、法律上明確にされた
定義というものは存在しません。

孤立死は、酷く環境の悪い状況下や、
社会や住んでいる地域において、
1人暮らしの高齢者の方が孤立して
亡くなることと、
孤立死の定義を定めている
地域や自治体もあります。
遺品整理ドットコムブログより抜粋


2.孤独死と孤立死の違い

どっちも同じ意味で使われる
孤独死と孤立死。
誰にも見守られずに死ぬのは同じ
だけど、死ぬまでのライフスタイルに
違いがあるそうです。

孤独死は生前から、何らかの形で
他人と関わっています。
家族でなくていいのです。
ご近所さん、訪問診療・看護・介護を
受けてらっしゃる、友達がいるなど、
だれかと関わっているのです。

特に今では携帯のメールやSNSが
ありますから、ぱったり更新や連絡が
途絶えたら、何かあったと
心配して行動しますし、
自宅療養している方だと
訪問した方が第一発見者になります。
おそらくそれは数日後でしょう。

孤立死は、生前から孤立しています。
年齢関係ありません。
失業者、引きこもり、ニート、依存症など、
社会からこぼれ落ちた人や
本人の立ち振るまいが原因で、
人が離れて孤立していきます。

もともと人と交流を持たないので、
自宅で息を引き取ったとしても、
誰も気づかないでしょう。

何かあったと気づくのは、異臭がする、
公共料金(光熱費や通信費など)の
支払いが
止まるなど、かなり時間が経って
発見されるそうです。
孤立死ではなく
「孤立化している生活スタイル」
問題があるのです。

3.後始末を考えて早く発見してもらおう

ワタクシが抜け殻になったことが
わかるつながりを、 今探しております。

「ひとりで死ぬのはさびしくないか」と
聞かれると、
ワタクシは「大きなお世話」と答えます。

普段付き合いのない人や関わりたくない人に
見守られて死ぬのなら、 ひとりでちゃっちゃと
あの世に行きたいです。

ワタクシが死を迎えるのなら、
親族は疎遠のままです。
無理やり来てもらう方がお互いの迷惑。
だから、死んでしばらくして
部屋と抜け殻がえらいことになる前に、
後始末をしてもらえれば、
それでいいのです。

そのために、何をしておこうか
今考えております。
これから移住する土地のネットワーク・
自治体の運営・社会福祉協議会など、
調べていざという時の備えを話さねば、と
ノートに書き留めております。

まとめ

ワタクシ、死ぬことは怖くありません。
死ぬまでに苦しいこと・痛いことを感じること、
時間が立って発見された時に
えらいことになっているのが怖いのです。

産まれ方は選べなかったけど、
死に方くらい決めさせてほしいのですよ。
それがたとえひとりで死にゆくとしても、
それでワタクシは満足です。

だから後始末に困らないよう、
死にゆく準備をぼちぼちとしているのです。



2018.9 記事挿入用イラスト
     やすじろうって何してきた人?
   高齢者おひとりさま生活をハックする、
    やすじろうのプロフィール。 はこちら。 





                                                    遺品整理業者さんのサイトは、
参考になりますよ。 




 

死に時を自分で選びたいー安楽死と自殺幇助。



自分もだけど、家族も痛くないように・苦しまないように、
安らかにいかせてほしいと願う。
ただ疑問なのが、妻が生前自分が寝たきりになって
周りがわからなくなった時は、どうして欲しかったのかが、
全然伝わってこないのです。
本人の希望ではなく、夫の希望。
記事のテーマと内容がずれているのは、
主介護者の夫の話をしているからです。
妻を介護して、苦しそうになったから、楽にしてくれ。
これはわかるのですが、病気になる前の妻の意志は、
全然伝わってこない。
妻はどうしたかったのかわかりませんが、
夫の都合で生かされた可能性はあります。
自分で決めてない死に方ですよね。



西部邁さんが自死なさったのは、驚きでした。
ですが自分が衰えを感じた時、特に評論家であれば、
議論ができなくなった時、隠居しようではなく
自死を選ぶのはなんとなく納得ができます。
ですが自分の命を絶つのは
難しい状況だったのでしょう。
自死を手伝う人がいたとのこと。
高須克弥さんは、自死を手伝った二人を
「切腹の介錯人」と例えておられたようです。

死ぬ時期が選べなくても死に方は自分で選びたい。
そのためにもワタクシは、
公証役場で遺書などを書いて、
何かあった時には延命処置なく
そのまま逝かせてくれと、
はっきり意志表示をしておきたいのです。

 



死に方くらい自分で決めさせろ。


 
おひとりさまが自宅で命尽きた時、一番の心配が
死体がずっと放置されることです。
これの後始末大変だし、不動産の価値も心配。
これだけですよ。
だけど、遺品整理屋さんと話をして、
訪問医療を活用すれば、
遺体発見は早いと思いますよ。
腐敗してなんか染み出してるまでほっとかれることは、
まずないでしょう。

子どもいませんしね、
もし両親より先に死にそうだったら、
ちゃっちゃと施設に入れるか、
ワタクシがいなくても暮らしていけるように手配します。
順番通りであれば、両親が先に逝くでしょう。

「一人で寂しくないの?」と言われたら、
「せっかく静かに最後の時を過ごしてるのに、
わけわからん見舞客の相手せねばならないのかね?」と
答えます。
最後は一人でいいや。
在宅だったらヘルパーさんか看護師さんが、
一日一回は来てくれるでしょ。
それで十分。

孤独死しないために結婚するって、
ものすごいリスキーよ。
だって子どもが面倒見てくれるなんて、
いつの時代の話よ。


 
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう