オンナオンフィフおひとりさま道

ーオンナおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー

高齢者の生活スキル

やる気のない食器屋の大将の思い出。


            special thanks 山本あすか
                    ふるさと納税お得です。

7年間長崎に住んでいたことがある@やすじろうです。
職場から路面電車で20分くらいの、便利のいい場所でした。
スーパーマーケット・ドラッグストア・市役所出張所・市場のある商店街もありました。
長崎の思い出の1つで、商売する気が全く感じられなかった食器屋の大将ことを書きます。

1.やる気のない食器屋の大将との出会い

 食器屋の大将は60歳以上、おそらく子どもは独立してガシガシ稼ぐ必要はもうない感じでした。その食器屋は、商店街の大通りに面したところにありました。人通りが多くて立地がいいのです。 長崎に引っ越して生活用品を買い揃えていた時に、食器がざっくりと陳列してあったのがその食器屋でした。

 そこで蓋つきの保存容器を買ったのですが、流行りの食器や有田焼や伊万里焼(長崎と佐賀の焼き物)を置いているわけでもなく、普段使いの食器や鍋などが並べてありました。 お店に入っても商品を進めずに新聞か何か読んでいた気がします。ゴリ押しで商品をすすめない大将でした。

2.やる気のない食器屋の大将の商売

 女の子が好きな雑貨の食器や、調理小物、高価でないけど手頃な値段の波佐見焼や伊万里焼の食器を置いて、お店のレイアウトを考えると、商売繁盛する食器屋でした。人通りはある・近くに住宅地がある・大学生が多い場所だから、好条件な場所にあるのです。  

 ですが大将は、流行に全く関心のない品揃えで、レイアウトも無関心。ざっくりとお皿や急須などを並べていました。気が向いたらほこりを取っていたくらいで、まったく商売っ気がなかったです。時々レジにいないので、ちょっと声をかけながら奥を覗くと、お店と自分の部屋の境目のところで友だちと一杯引っ掛けながらお寿司をつまんでくつろいでました。

 よくお店に友だちが来ていて、お茶を飲んで世間話をしていました。 それでも全然感じ悪いと思わなかったのは、「すみませーん!」と声をかけると飛んできてくれたのと、いつも笑顔で話をしてくれたからでしょう。  
 そんな感じのゆるーい経営をしている食器屋でした。

3.満を持しての店じまい

 地元に帰る1年前くらいから、閉店セールが始まりました。大将、身体悪くしたのかと心配しましたが、見た感じ元気そうでした。自営業だしもういいだろう、と閉店を決心したのでしょう。 閉店セールの時は、張り紙が華やかだった覚えがあります。  

 2ヶ月後くらいに、きっちり店じまいをしていました。大将はどうなったかというと、店舗と自宅が一緒なので店を閉めてもそこに住み続けていました。商店街のイベントがあれば参加して、商店街の馴染みの人たちとお付き合いをしていました。ずっとそこで商売してこられたんだから、昔から付き合うがあるご近所さんはが多かったんでしょうね。  

 
 食器屋の大将のことは自営業のメリットを見た感じがしたので、覚えているのでしょう。 勤め人は定年退職した後どうするか、ビジョンがない人は必死で考えています。ですが自営業だと定年がありません。自分おペースでゆるゆると働き続けることができます。

 子どもに店を継がせることもない、自分が食べていくだけでいいから、別に店を続ける理由はなかったと勝手に思っています。 なかなかうらやましい高齢者生活を送る大将、元気でいらっしゃるかなあと今でも時々思い出します。

やすじろうって何してきた人? IMG_0978
高齢者おひとりさま生活をハックする、 
やすじろうのプロフィール
はこちら。 



 



お買い物、色々できますよ。お仕事もできますよ。



 

失うことを嘆くより、ゆるくて弱い繋がりをたくさん持とうー喪失の年代を迎えて

               special thanks 山本あすか

ぼっち大好き、年末はクリスマスよりも大掃除とテレビ番組が気になります。
忘年会、クリスマスパーティ、なぜ参加せねばならないのか疑問です。

喪失の年代にさしかかりました。
尻の青い頃、老年看護について話すとき、 必ず「歳とったら失うばっかりなんだって」と 
知ったかぶったことを言っておりました。 
失うものが多いからウツになるんだと、したり顔で語ってましたよ。 

実際自分がその立場になりましたが… 
失うのではなく、いらないものが減っていくのですよ。 
人間関係も、モノも、めんどうくさくなるから、多くを持たなくなります。

衰えはありますが、まあ悲しむことはありません。
失うことを嘆いてもいいけど、 新しく得るものもあることだってあるんですよ。

1.本当に「喪失の年代」?

教科書通りにいえば、「定年で仕事を失い、子どもは独立する。配偶者や友人と死別する。記憶力、体力が低くなる」。
新しく得るものがなく失うだけなので、アラフィフ世代から「喪失の年代」になるそうです。

だから喪失感と孤独感がハンパない、つらい年代といわれています。
 …ワタクシの周りの人たち、めちゃめちゃエンジョイしてますよ。
だってもう自分のことしか考えなくてもいいんですもの。

失うものもありますけど、それ以上に今までできなかったことや新しく人間関係作って、その御歳なりに新しく得るもの得てますよ。
喪失感が強い人も確かにいますけど、全員当てはまらないのかなあ、と感じております。

2.ワタクシの周りの元気な人ー子育て終了・シングルアゲイン

仕事も子育ても終わった、と老後を謳歌する人の方が多いんです。 
パソコン・デジカメに凝りだして、部屋にこもることが多いとか。 
今まで時間が取れなかったから、好きな旅行をするとか。
旅行はオフシーズンにいけるので、安上がりだそうです。

さらに60歳以上の割引が使えるから、さらにお得です。
ジパング倶楽部は年会費払うけど、新幹線代が3割引になります。 
他にも映画鑑賞の割引とか、安上がりに遊べます。 
引きこもっているのは、インドアが趣味の人だから孤立してません。 
退職してからほとんどうちにいないくらい旅行していた、上司はお元気かしら。

3.ゆるく繋がってれば、それでいい
歳を重ねると、人と会うのがおっくうになります。
もういらない気を使うより、 ワタクシはうちでゲームして、本読んで、動画見たいですよ。もともと友達は少なかったんですが、 さらに友達が減りました。

寂しいとお思いでしょうが、全然寂しくありません。
残った友達は、大切にしたい人だから、 メンテナンスを続けてつながりを保ってきた人ですもの。
向こうからおろそかにぞんざいに扱ってきた人とは、 疎遠にしました。

その代わり、ゆるーい知り合いが増えました。
Facebookで交流するのもたまに。
LINEもたまに。
そして知り合う層が、微妙にメール世代ではないので、 返信も適当。
SNSでしか関わらない人もいます。

でもそれで良いんです。
疲れ果てるような、濃厚な関わりは必要ないですから。
途切れそうで途切れない。

深刻な悩みは行政へ。
そんな感じの人間関係です。
おひとりさま用のアプリが出てますよ。
その名もシンクル。
グループたくさんありますし、匿名でゆるゆる好きなことを話せる荒れないアプリです。 


  
4.一番こたえるのは、自分の心身の衰えかも

自分の身体の機能が衰えて失うことが、一番こたえるのかなと思っています。
はい、ワタクシも確実に失っておりますよ。
体力、肌のハリ、根気、視力、記憶力などなど。
これから加速するんでしょうが、 それほど気にならないのはなぜでしょうか。

ただ決定的に落ち込むのが、自分のことが自分でできなくなった時、 失った自分の心身について嘆くでしょう。
でもですね、「全部自分でやらないと!」と意気込んでいると、 自分の機能を失った時
(歩けない、お風呂に入るのに誰かの手伝いが必要など)落ち込み方が病的になります。

もし自分に何か手助けがなければ暮らせない状態になった時、
「手伝ってもらえばいいや」と他の選択肢を考えておくと、
さほど落ち込みが長続きしないかも。
介護保険だけじゃなくて、自治体の支援とかね。

まとめ

ワタクシが看護系に関わっていた頃、「歳をとると失うものが多すぎて、心を病む」などと
いわれておりました(今もですが)。
実際はそういう人もいるけど、大半は自分の年齢なりの楽しみを知っている方です。

平日旅行すれば、シニアマダムたちがはしゃいでますし、ショッピングモールできゃっきゃと
女子会してますから。

ワタクシたちの年代だとSNSやオンラインサロンで、会ったことない人たちとつながることには慣れています。
リアルのつながりもゆるくて浅いです。
実の親子でも、滅多こと合わないようですよ。

ワタクシたちの年代は、ICTをまあまあ取り扱える年代。
うまく活用して失うことを嘆いても、生活を楽しむ高齢者生活を送りたいですね



       やすじろうって何してきた人?IMG_0978
      高齢者おひとりさま生活をハックする、
        やすじろうのプロフィールはこちら
 





              ふるさと納税お得です
                  

自分の趣味が収入になりますよ


読書と動画を楽しみましょう





ギャラリー
やすじろうのプロフィール
「もう少し」の我慢ができず、 オンフィフで退職、      フリーランスになりました。 資産は同世代の平均以下、  原因は転職&好きなことの  やりすぎです。        保障制度に依存しない     経済力を持つため、     おひとりさまの       高齢者生活ハックを学習中。 
プロフィール

やすじろう